「わた」の世話ないよ!

ジムニーをいじくりたおして黒ラブ トロと林道へ
仕上げは山行の3点セットで「せわないやろぉ」とお気楽に楽しんでます

'170424西ノ冠岳 西稜と南壁

2017-04-25 | 山旅

林道折掛石鎚線の起点、

諏訪神社の入口で遅咲きの桜を見られた。

 

 

石鎚林道を高瀑休憩所まで走り、

遊歩道を高瀑まで歩く。

 

思ったより水量が少ない高瀑。

 

 

装備を整えたら、

高瀑の右岸壁を攀じって、

西稜の始まり。

 

 

(鞍瀬ノ頭から)

 

 

西稜は松の大木が多い。

 

 

左手に北西尾根が近づく。

 

 

振り返ると、

双子岩峰から三ヶ森へ延びる

長い尾根。

 

西冠のドームが迫ってくる。

色はガンメタで、

いかつくてカッコいい。

 

 

基部に到着。

西壁と南壁の境目。

 

 

ルンゼに取り付く。

 

 

2ピッチ80mで抜ける。

 

西冠ピークを踏みに行って、

笹のルンゼを下る。

 

 

 

南壁基部に沿ってトラバースして

登攀したルンゼに戻り、

崩壊地を高瀑渓に向かって下降。

 

 

高瀑渓の両岸は崩壊が数か所、

岩と土に河床が埋まって痛々しい。

 

 

高瀑落ち口に咲く花。

 

 

帰り道、

振り返ると

西冠沢と西冠ドームはガスの中だった。

 

 

 

このルート、

次は積雪期に来てみよう。

ルンゼにはハーケンを3枚打ち込んできた。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沢靴の張替え | トップ | 大社駅 »

コメントを投稿

山旅」カテゴリの最新記事