音曲亭ぱつら

ジャズプレイヤー金子雄生の音曲話と与太郎的日常生活におけるその傾向と対策に関する一考察

お知らせ

2013年4月よりライブ・スケジュールは 金子雄生~Patsura’s Web~にてお知らせいたします。 http://yuseikaneko.jimdo.com/schedule/

 [万福House]セッションバンドからレギュラーバンドへ。

2017年06月23日 | ライブ/イベント報告


2013年からやってきた ワタシの大切にしている企画「Super Session」

ご存知 林栄一(as) カイドーユタカ(b)外山明(ds)というすんごいメンバーに囲まれて

ぱつらも顔を真っ赤にして奮闘してるバンドでありますが

先日、横浜でのライブ終了後に


林「このバンド、いいよ。どんどんやろう。続けていくっつうのが大事なんだから」

金子「そうっすね。んじゃあ、バンドの名前つけますか。」

林「うん、考えてよ」


っというわけで、それ以来ずいぶん考えましたがなかなかいいのが浮かんでこない。

ジャズバンドによくある ブルーなんとか みたいなのはつけたくない。

横文字でカッコつけた名前もなんかなぁ。

最近のバンド名って日本語多いね。よくわからんのもいっぱいあるけど

どおせつけるなら明るい名前がいい。なんとなく縁起も良さそうなのw

というワケで3つくらいに候補を絞ってメンバーに報告

外山さんのちょっとしたアイディアで決まりました。


[万福House]

以後、お見知り置きを。


万福House 記念のライブ第一弾と第二弾です。

どうぞよろしくお願いします。



7/20 (木曜日)

[横浜 jazz spot adlib]
林栄一(as)+金子雄生(cor)+カイドーユタカ(b)+外山明(ds)

開演:19:00
mc:¥2500

jazz spot adlib
住所:神奈川県横浜市中区吉田町3-9 2F
電話:045-262-8111
http://www.jazz-adlib.info



8/18(金曜日)

[自由が丘 hyphen]

open 19:00 / start 20:00

金子雄生(tp)林栄一(as)カイドーユタカ(b)外山明(ds)

adv.2,500/door.3,000

自由が丘 Hyphen
東京都目黒区 自由が丘 1-26-9 三笠ビル B1
03-3723-2251
http://r.goope.jp/hyphen/top

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.05.27 MU-Now @Yokohama ADLIB

2017年05月28日 | ライブ/イベント報告


およそひと月毎にお世話になってる 横浜 ADLIBにて

今回 ぱつらのカルテットで出演しました。

MU-Nowという名前は昔からあるんだけれど

このメンバーでは初のお披露目になりますな。


金子雄生(tp)池田千夏(pf)伊藤啓太(b)柳沢マーヤ(ds)


4ビートな曲はほとんど姿を見せず 8ビートや変拍子、ポリリズムなど満載のラインナップ。

難しい曲が多かったのにもかかわらず よくぞこなしてくれましたwww

このメンバーで8/25(金)に こちら 横浜アドリブに出演しますんで お越しくださいね〜


そうそう、演奏中 チラッと姿を見せてくれた 麗しのお方。

ソウルシンガー山ノ内洋子さん!



洋子さんは ぱつらが二十代の頃から仲良くしてもらってる やっさしい姉さんなのだ。

なんと 今回のドラマー 柳沢マーヤとよく演ってるらしい。

この日 姉さんも近所で唄ってるので こちらのライブがハネてから 顔出してきました。

全然かわらねぇなあ。

今度ゆっくりお話ししたいなあ、と後ろ髪を引かれながらの 帰路。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい中古自転車

2017年05月25日 | 徒然


前のイエロー号が お弟子さんのところにいき

長年乗ってたシティサイクルは

ここ数日でギアが悲鳴をあげてしまい

どうすっかなぁ と思って ネットを眺めていると

中古自転車の中に コイツが現れた。

スポーツタイプの様で そうでもなさそうな

お仕事自転車のそれにしては細い感じの

モスグリーンのフォルムに一目惚れして

思わず電話して 売約。

初対面ではそのレトロ感とチープ感がイメージのまんま

サドルもブルックスの皮サドルが ボロくなって着いてました。

ダイナモの暗そうなライトもここまでくると そのまま使おうかという気になるw

当初のオートライト、6段変速などの条件も吹っ飛びました。

それどころか、シングルギアもスポーツタイプのそれではないので 遅い遅いwww

それでも 今までの3段変速よりギア比がいいのか、走ってて楽。良い良い。

後ろに荷台つけようとしたところ、最近の規格では合いませんでした。

何処かで見つからないかな〜

さて、これから練習通勤仕様でがんばってもらいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小僧のアイドル

2017年05月21日 | ミュジッシャン



原宿竹下通りで 用事を済ませたあと

今日が日曜日だということを忘れて

人混みにまみれたヘトヘトのカラダを地下鉄に押し込んで

息抜きに いつもの楽器店に向かうと

金管楽器フロアのカワムラくんが「いらっしゃってますよ」と音のなる方に顔を向ける。

ピンクの扉のスタジオから ピューピューとトランペットのハイトーンが聴こえてくる。


中学生の頃、ぱつらには マイルス デイビスの他にアイドルがいた。

所属していたブラスバンドに 現役のプロが2人いたんですな。

なぜ あんなところにいたのか いまでも謎だけど

まあ、このヘタクソたちを面倒みてやってくれ、などと 弱味でも握られてwww 無理やりやらされていた、というところか。(ちがうな。)

とにかくね、休憩中でも横でハイトーンをビュービュー吹きまくって こっちは寄り目になってる。

一緒に練習する時なんて もう横からプロの音が聴こえてくるんだから こっちは吹くのやめちゃって横向いてジッと観てたwww

その憧れだったかた、向山隆一さん。

再会のきっかけは なんとリペアマンのTくんとウチが近所だったことだったり。

世間は狭い。狭すぎる。


そんなこんなでここ数年 ラッパ談義から始まり 向山さんがいまお付き合いのある ビッグバンドに遊びにいかせてもらったりしている。

いまでもあのハイトーンは現役。っつうか、今の方が上の音 出てるんだって。すげー。

考えてみれば、子供の頃に プロの音を聴きながら育ったんだなあ。それは貴重な体験だよね。

この日も 短い時間だったけど 楽しい、有意義な時間でした。






あ、2人のプロって言ったでしょ。もうひとかたは 中学3年生の頃に出会うことになる。

みんなから「海老ちゃん」と呼ばれるその人にも 少なからず影響を受けることになる ぱつら少年であった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

贈り物

2017年05月20日 | 徒然


「金子さん、これ。」

と言って渡された LAMYのペンシル。

「おせわになりました」

「お世話になったのこっちだよ」

「私を受け入れてくれました」

「それもこっちだよ」


キモチが嬉しかった。


「で、芯は?」

「wwwwww」


最後までジョーダン言い合ってのお別れです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加