埼玉県鴻巣市の荒川河川敷で8日夜に行われた「第15回こうのす花火大会」(鴻巣市商工会青年部主催)で、トリを飾る「四尺玉」が打ち上げに失敗し、地上付近で爆発した。花火を打ち上げる煙火筒(高さ約6メートル)が破損するなどしたが、鴻巣署によると、けが人はなかった。

 四尺玉は直径約105センチ。鴻巣では2014年の第13回大会で初めて打ち上げに成功し「世界最大の打ち上げ花火」としてギネス世界記録に認定された。

 成功すれば直径約800メートルの光の華を咲かせる。だが今年はうまく上がらず、上方向に大きな火花が上がっただけだった。煙火筒は上部が吹き飛んで傾き、足場も壊れた。