ストリートロングスケートボーダー Street Long Skate Boarder

街乗りロングスケボ日記。
Tokyo Urban Concrete Warrior.
Pathfinderk

○ 『AKIRA』

2016-11-20 08:00:15 | ♪PFK ASAP NEWS
〓 ①
2016-11-20 08:00:15 "AKIRA"

It has already started,... which won't stop any more A new-style bomb is used for Kanto area in July, 1988, and the Third Last War has broken out. And a built megalopolis = neo-Tokyo cut down Olympic holding and was taking back former prosperity in the next year on the--Tokyo Bay for 31 years.
There was a group of a motorcycle which invades a closed freeway in a neo-Tokyo suburb at night with 2019. The students of a job training high school who make the healthy excellent bad boy and Kaneda RI one DA.
Tetsuo Shima who encounters the strange shrimp who records a group on a palm with 26 on the road which should be unattended and is the first is reversed and injured. This number 26= Takashi was taken out from the army and the military secret opposed guerrilla asks= laboratory which is mistaken for Akira and is in a military base (research center) and run after by an army.
A military edge descends suddenly right in front of wonder-stricken Kaneda and others, and number 27 of children full of wrinkles like number 26= the capsule on which Masaru gets and a captain get off, come and house number 26 and Tetsuo who fell down in a helicopter, and it has flown and has passed.

Kaneda and others who received an investigation for a police officer on the next day meet beautiful girl guerrilla and Kay. She was running after "Akira", too. A captain receives information about Tetsuo's brain waves by the laboratory into which Tetsuo was carried at the time, and it's told that Tetsuo is the material of the charming study.
Tetsuo began to awake in the strange power similar to something Takashi has by continuous prescription of strong medicine, and I attacked a nurse and ran away from a laboratory.
It's assaulted by a crown of crazy drivers, but Tetsuo who blasts off on a town at night is rescued by Kaneda's party which ran. Dreadful energy wave discharged electricity from the form of "I gave an order to me, oh, A!" and Tetsuo who threatens for Kaneda who makes the member of a crown who failed to escape halfway to death and restrains. Kaneda and others astonished at the form of Tetsuo who cries "AKIRA!?" Something was changing inside Tetsuo.
Guerrilla and a gunfight of an army start at a neo-Tokyo town, and fire will be occurrence and havoc at each place. Lead person Nezu of guerrilla and founder of a religion of a new religious association Mr. MIYAKO predicted a collapse in neo-Tokyo and awakening of "Akira". Kaneda rescued Kay from a gunfight and went to the hiding place dragons of Kay's company live.


On the other hand, Tetsuo took him and a serious situation occurred by a returned laboratory.
KIYOKO of Takashi and Masaru's company (numbe

2016-11-20 08:00:15 『AKIRA』

もう始まっている、もう止まらない… 1988年7月、関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が勃発した。 そして31年—東京湾上に構築されたメガロポリス=ネオ東京は、翌年にオリンピック開催を控え、かつての繁栄を取り戻しつつあった。
2019年のある夜、ネオ東京郊外の閉鎖された高速道路に侵入するバイクの一団があった。健康優良不良少年、金田をリ一ダーとする職業訓練高校の生徒達だ。
一団は無人のはずの路上で掌に26と記す奇妙な小男と遭遇、先頭を行く島鉄雄は転倒、負傷する。この26号=タカシは、アーミーと対立するゲリラが求める軍事機密=アキラとまちがわれ、軍事基地にあるラボ(研究所)から連れ出され、アーミーに追われていたのだ。
あっけにとられる金田達の眼前に突如軍用ヘリが下降、26号と同じようなしわだらけの子供27号=マサルの乗るカプセルと大佐が降りて来て、26号と倒れた鉄雄をへリに収容し、飛び去った。

翌日、警官に取調べを受けた金田達は美少女ゲリラ、ケイと知り合う。彼女も「アキラ」を追っていた。その頃、鉄雄が運び込まれたラボでは大佐が鉄雄の脳波に関する報告を受けており、鉄雄が魅力ある研究の素材であることが告げられる。
強力なクスリの連続投与により、鉄雄はタカシがもつものに似た不思議な力に覚醒し始め、看護婦を襲ってラボを飛び出した。
夜の街を爆走する鉄雄は暴走族クラウンの襲撃にあうが、駆けつけた金田の一隊に救われる。逃げ遅れたクラウンの一員を半殺しにし、制止する金田に「俺に命令すんなァ!」と凄む鉄雄の体か ら、凄まじいエネルギー波が放電された。「アキラーッ!?」と叫ぶ鉄雄の姿に仰天する金田たち。鉄雄の内部で何かが変わりつつあった。
ネオ東京市街ではゲリラとアーミーの銃撃戦が始まり、各所で火災が発生、大混乱となる。ゲリラの主導者根津、 新興宗教団体の教祖ミヤコ様は、ネオ東京の崩壊と「アキラ」の覚醒を予言していた。 金田は銃撃戦からケイを救い、ケイの仲間の竜らが住むアジトへ向かった。


一方、鉄雄が連れ戻されたラボでは深刻な事態が発生してた。
ラボの奥深く存在する異様なベビールームを訪れた大佐に、タカシとマサルの仲間のキヨコ(25号)が恐ろしい予言をしたのだ。
「アキラくんが…恐い夢を見たの。人がいっぱい死んで、街が壊れて…。」
狼狽した大佐はアキラの眠りを確かめに秘密基地へ飛んだ。アキラは基地の地下深く、デュワー壁に囲まれた絶体零度の世界で眠り続けている—
不安な予感にかられて大佐は緊急会議を召集、アキラの目覚めが生む国家的規模の災厄に対処すべく、莫大な予算を要求する。ゲリラと合流した金田は鉄雄を取り戻すべく、下水道から基地へ潜入。ケイと共にラボのアーミーと一戦を交じえ、一大アクションシーンが展開する。目ざすは鉄雄のいるベビールーム!

いまや想像を超えるパワーに覚醒しつつある鉄雄は、意識の中に現われては消える「アキラ」の存在に苛だち、狂暴な力でキヨコ達を屈服させると共に、居あわせた大佐に激しくアキラの居所を 詰問する。
キヨコ、タカシ、マサルは鉄雄の存在に危機感を抱き、行動を開始した。ベビールームからのコントロールでケイを動かし、アキラの眠るカプセルへ向かう鉄雄を襲わせるが、炸烈するエネルギー波の中、アキラのカプセルがまわりのケーブルを引きちぎりながら浮上した!
アキラは目覚めたのか!?大佐はネオ東京を守るため、鉄雄もろともアキラを葬り去ろうとSOLを発射。そして金田と鉄雄の最後の戦いが始まった! 結末に向けてドラマは意外な展開をみせてゆく…。









👺 ② re-up versi.
○Future Motorcycle BMW&AKIRA///未来の二輪車が“金田のバイク”を目指すのはなぜか!?
2016-11-17 16:28:58

Is it for some reason that the future two-wheeled vehicle aims at "Kaneda's motorcycle"?

Motorcycle vehicle high technique 2016.11.11


BMW 「Motorrad Vision Next 100」
The person who can answer when that he hears even if that he doesn't ride a motorcycle "motorcycle of Kaneda who appears in AKIRA" "Well is that deep red motorcycle." will be most. The cartoon and the movie chosen as Mr. Katsuhiro Otomo of course with "AKIRA". By the way do you notice many motorcycles made rather close being close to "Kaneda's motorcycle" suddenly? Well, a stage of "AKIRA" is a fictitious city in 2019 "neo-Tokyo", and does Tokyo Olympic Games also influence accidental agreement on the opened story in next 2020? It'll be the momentum which isn't ordinary here "Kaneda's motorcycle", and I'm seeing the changing most advanced motorcycles.
The worldview of "AKIRA" which took the time before others so that I was surprised

What will happen to the future motorcycle? The animation and the movie by which it's Katsuhiro Otomo work that you can't pass since avoiding when imagining it, "AKIRA". The impact of "Kaneda's motorcycle" which also appears on a plot at the inside was enormous. It's 1988 that a movie edition was exhibited to an original work's being serialized in the "a youngster, magazine" magazine, 1982-in 1990, but there would be a lot of people on whom Motosaku's image makes as a vivid impression even now.

And it isn't only the user side that I keep running after the image. The manufacturer side where I'm a maker also seems to keep imagining "Kaneda's motorcycle" as a vision of a motorcycle. Because a manufacturer is because the motorcycle by which "AKIRA" is running about in the work is often remembered when the concept model proposed as the future motorcycle is being seen.

The concept model by which the long wheelbase, the riding position kept low, a big large diameter wheel of an existence sense and the case that electricity is adopted as the power make "Kaneda's motorcycle" and the feature clearer than the motorcycle which runs on the present road likewise is leisureless in enumeration. The concept motorcycle which commemorates the 100th anniversary of BMW establishment which has been just only announced the other day "Motorrad Vision Next 100" also embodies such feature excellently.

bike02 bike03
"Motorrad Vision Next 100" BMW released this year. It's filled with the proposition appropriate for the concept model which contemplated "the following 100 years" to load the independent function for which an electric motor was used and the function which evades an accident and make a helmet unnecessary.

Even if I look back to the concept model a domestic and abroad manufacturer of an application rear, Porsche and sea bass released in the past, it's so a lot that a model with the similar feature is surprised. The machine which makes "Kaneda's motorcycle" recall has been often also had debut

未来の二輪車が“金田のバイク”を目指すのはなぜか!?

バイク乗り物先端技術2016.11.11


たとえバイクに乗らなくても、“AKIRAに出てくる金田のバイク”と聞けば、“あー、あの真っ赤なバイクね”と答えられる人がほとんどだろう。『AKIRA』とは、もちろん大友克洋氏による漫画・映画作品。ところで、最近目にする多くのバイクが、どうも“金田のバイク”に急接近してきていることにお気づきだろうか? 実は『AKIRA』の舞台は、2019年の架空の都市“ネオ東京”であり、翌2020年には東京オリンピックが開かれるというストーリー上の偶然の一致も影響しているのか!? ここでは尋常じゃない勢いで“金田のバイク”化している最先端のバイクたちを見ていこう。
驚くほど時代を先取りしていた『AKIRA』の世界観

未来のバイクはどうなっていくのだろう? とイメージした時、避けては通れないのが大友克洋作の漫画・映画『AKIRA』。そのなかでも劇中に登場する“金田のバイク”のインパクトは絶大だった。原作が『ヤングマガジン』誌上に連載されていたのは1982年~1990年、映画版が公開されたのは1988年だが、本作のイメージが今でも鮮烈な印象として残っている人は多いだろう。

そして、そのイメージを追い続けているのはユーザー側だけではない。作り手であるメーカー側も“金田のバイク”をバイクの未来像として思い描き続けているように思える。というのも、メーカーが未来のバイクとして提案するコンセプトモデルを見ていると、『AKIRA』の作中で走り回っているバイクを思い出してしまうことが多いからだ。

現在の路上を走っているバイクより明らかに長いホイールベース、低く構えたライディングポジション、存在感の大きい大径ホイール、そして動力に電気を採用していることなど、“金田のバイク”と特徴を同じくするコンセプトモデルは枚挙に暇がない。つい先日に発表されたばかりの、BMW設立100周年を記念するコンセプトバイク『Motorrad Vision Next 100』もこうした特徴を見事に体現している。

bike02 bike03
BMWが今年発表した「Motorrad Vision Next 100」。電気モーターを利用した自立機能や事故を回避する機能を搭載し、ヘルメットを不要とする「次の100年」を見すえたコンセプトモデルらしい提案を満載。
 
過去にアプリリア、ポルシェ、スズキなどの国内外のメーカーが発表したコンセプトモデルを振り返っても、同様の特徴を持つモデルは驚くほど多い。ここに紹介したモデル以外にも、“金田のバイク”を思い起こさせるマシンは以前から数多く世に出されてきた。

bike04 bike05
ヤマハが2007年の東京モーターショーに出展した「LUXAIR」。エンジンとモーターを搭載したハイブリッドバイクで、音楽をビーム化してライダーの耳に届ける機能も搭載する。
 
もちろん、これらのコンセプトモデルのデザイナーが、全て『AKIRA』に影響を受け、“金田のバイク”をイメージしていると主張するつもりはない。むしろ、1980年代に描かれたバイクの未来像が30年以上が経過した今でも通用するほどに時代を先取りしていたことのほうが、驚くべきことなのかもしれない。

bike06 bike07
バッテリーを動力源とする、カワサキの電動3輪ビークル「J」。前傾のスポーツモードと、アップライトなコンフォートモードにトランスフォームする。2013年の東京モーターショーに出展。
 
そして、この数年の注目すべき動きはコンセプトモデルに限らず、市販されるバイクにも“金田のバイク”と呼びたくなる機能が盛り込まれるようになっていることだ。電動バイクが続々と登場していることはもちろん、ガソリンエンジンのモデルにもロー&ロングなデザインを採用するものが増えてきたり、ボタン1つで出力特性を変化させたり、タイヤが滑りすぎないようにトラクションをコントロールするといった機能などバイクのデジタル化を、本誌では“金田のバイク”化と呼びたい。今回の特集で紹介するのは、そんな“金田のバイク”化したバイクの数々だ。

『AKIRA』の時代設定は2019年、奇しくも翌2020年に東京オリンピックの開催を控えているという部分も現実と重なる。その時代まで、あと数年。バイクはどれだけ『AKIRA』の世界に追い付いているのだろうか?

文/増谷茂樹

※『デジモノステーション』2016年12月号より抜粋
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ○ baking soda //『重曹』は... | トップ | ◯ Why German society accept... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

♪PFK ASAP NEWS」カテゴリの最新記事