ストリートロングスケートボーダー Street Long Skate Boarder

街乗りロングスケボ日記。
Tokyo Urban Concrete Warrior.
Pathfinderk

◯ North Korean Hackers Emerge...// AND NOW:北朝鮮のハッカーはグローバルマルウェアサイバー攻撃の犯人

2017-05-17 05:04:02 | ♪Trump NEWS

2017-05-17 05:04:02 GlobalNews

AND NOW: North Korean Hackers Emerge As “Culprits” Behind Global Malware Cyberattack
May 15, 2017 by Infinite


– North Korean Hackers Emerge As “Culprits” Behind Global Malware Cyberattack:

Remember when North Korea “hackers” breached several firewall layers at Sony, exposing gigabytes of confidential data, only for it to eventually emerge that it was all the work of a disgruntled Sony employee?

Apparently not, because the same plot line is being re-run all over again.

Two of the world’s largest anti-virus companies said they are “looking into clues” that suggest a North Korea-linked group may be behind last week’s cyberattack. According to Reuters, Symantec and Kaspersky are investigating whether hackers from the Lazarus Group were responsible for infecting an estimated 300,000 machines in 150 countries. The two companies have said that “some code in an earlier version of the WannaCry ransomware had also appeared in programs used by the Lazarus Group, which researchers from many companies said is run by North Korea.”

While we reserve judgment at the amusing possibility that North Korea could have brought a substantial portion of the world’s computer infrastructure to a halt until there is some actual evidence, it is worth noting that said inquiries emerged shortly after the White House said that paying ransom money to unlock files encrypted by the global cyberattack does not work. It was not clear how North Korean hackers planned to convert bitcoin into any practical currency in a nation whose major banks have been barred from SWIFT.

In any case, speaking to reporters on Monday afternoon, Homeland security adviser Tom Bossett told reporters he is not aware of a case where transferring $300 in Bitcoin – the amount demanded from victims of last week’s attack – has “led to any data recovery”. The Trump administration estimated that less than $70,000 has been paid to the criminals behind the ransomware so far.

During the White House briefing, Bossert also said no federal systems in the US had been affected by the malicious software, known as WannaCry. He told reporters that he had spoken with his British counterparts, who said they now had a “feeling of control” after the attack struck 47 NHS organisations.

Meanwhile, security experts have been monitoring the Bitcoin accounts used to collect the ransom payments, because although account holders can remain anonymous, clues can often emerge when the money is converted back into real-world currency. Earlier today, in its latest update on the cyberattack, Europol said it was the “largest ransomware attack observed in history”.

The traditional scapegoat for – well – pretty much anything these days, Russia, denied it had anything to do with the cyberattack, with President Vladimir Putin describing it as payback for the US intelligence services. His remarks echoed what Microsoft’s chief legal officer Brad Smith said on Sunday night when he slammed the NSA for developing the original code used in the attack, which was later leaked in a document dump. Microsoft said the attack was a “wake-up call” and identified “nation-state action and organised criminal action” as “the two most serious forms of cybersecurity threats in the world today”. The company also said it had released a security update back in March to protect Windows system computers against such attacks, but said many computers “remained unpatched globally”.

Adding insult to (apparently North Korean injury), Putin said during a trip to Beijing: “A genie let out of a bottle of this kind, especially created by secret services, can then cause damage to its authors and creators.”

As for North Korea being the scapegoat, we admit we were wrong: we were certain the Kremlin would be blamed again, in line with what was leaked over the weekend.

For now, however, if the narrative around North Korea launching the worst malware cyberattack against the world is repeated often – and loud – enough, it will quickly become fact, even if no actual evidence is presented. If so, watch out for literal fireworks as all those whose who were impacted by the worm demand Kim’s blood, either literally or figuratively.

As for reality, and North Korea’s true level of technical sophistication, well…



* * *

PayPal: Donate in USD
PayPal: Donate in EUR
PayPal: Donate in GBP
Categories Global News, Politics
Tags Global News, Government, Hacker, Internet, North Korea, Politics, U.S.
Post navigation
State Department Accuses Assad Of Covering Up Mass Killings In Syria
Donation



2017 Mar 17 04:02 GlobalNews
AND NOW:北朝鮮のハッカーは、グローバルマルウェアサイバー攻撃の背後に「犯人」として台頭します
2017年5月15日


- 北朝鮮のハッカーは、グローバルマルウェアサイバー攻撃の背後に「犯人」として現れます。

北朝鮮「ハッカー」はそれをするだけのために、機密データのギガバイトを露出し、ソンニコニコーで複数のフファイアウフォール層に違反したんとかきに覚ええてるいてる最終的には不満を抱きいてるソンニコニコーの従業業員のすべています作業だったと出てきましますか?

どうやらない、同じプロットラインは再びすべての上に再実行されているため。

世界最大のアンチウイルス企業の二つは、彼らが先週のサイバー攻撃の背後にも北朝鮮にリンクされたグループを提案する「手がかりに探して」いると述べました。ロイター通信によると、シマンテックおよびカスペルスキーラザログループからのハッカーが150カ国で推定30万マシンを感染させるための責任があったかどうかを調査しています。両社は、「WannaCryのランサムウェアの以前のバージョンではいくつかのコードはまた、多きます企業からの研究者が北朝鮮によって実行されることを特徴とラザロ・グループ、使用するプログラムに出演していた。」と述べています

我々はいくつかの実際の証拠があるまで、北朝鮮が停止し、世界のコンピューター・インフラのかなりの部分を持っている可能性があること面白い可能性の判断を留保しますが、お問合せホワイトハウスは身代金を払っていることを言った直後に登場したことは注目に値しますグローバルサイバー攻撃によって暗号化されたファイルのロックを解除することは動作しません。北朝鮮のハッカーがその国で用的な実は通貨にビットコイン変換すてるたんめいに計画さんくれたんかは明ならかではなかったん大手銀行のSWIFTから禁止されています。

いずれの場合も、月曜日の午後に記者団に話して、国土安全保障顧問トム・ボセット彼がビットコイン$ 300を転送する例気づいていない記者団に語った-量は先週の攻撃の犠牲者に要求- 「すべてのデータの回復につながった」と。トランプの管理は、以下の$ 70,000これまでのランサムウェアの背後にある犯罪者に支払われていると推定しています。

ホワイトハウスのブリーフィング、Bossertののはは、米国には連邦政府のシステムはWannaCryとして知られている悪意のあるソフトウェアの影響を受けされていなかったと述べました。彼は攻撃が47のNHS組織を打きました後、彼らは今、「コントロール感 」を持っていたと述べた彼の英国のカウンターパート、と話されていたことを記者団に語りましました。

アカウント所有者は匿名のまますることができますが、お金は、現実世界の通貨に再変換されたとき、手がかりが頻繁に出てくる可能性があるため一方、セキュリティ専門家が、身代金の支払い収集するために使用されるビットコイン口座を監視してきました。以前の今日、サイバー攻撃への最新のアップデートでは、ユーチューブーロポールは、それが「歴史の中で観察された最大のランサムウェア攻撃」 述べましました。

よく- -のための伝統的なスケープゴートほとんど何でもこれらの日、ロシアは、そんなくれがサイバー攻撃を行きうには何かも持ってるいたん拒否さんくれたんスープーチン大統領は、米国の諜報機関のための見返りとしてそれ説明してを。彼の発言は、彼が後で文書ダンプにリークされた攻撃で使用された元のコードを開発するためのNSAを非難するとき、マイクロソフトの最高法務責任者ブラッド・スミス日曜日夜に言ったエコー。マイクロソフトは、攻撃は「ウェイクアップコール」だったと特定され、「国民国家の行動と刑事訴訟を組織し、「」世界におけるサイバーセキュリティの脅威の二つの最も深刻な形態今日」と述べました。同社はまた、それは、そのような攻撃からWindowsのシステムのコンピュータを保護するために戻って月のセキュリティアップデートをリ リースしたと述べたが、多くのコンピュータが「グローバルパッチ未適用の残った」と述べましました。

(韓国どうやら北朝鮮傷害)に侮辱を追加し、プーチン大統領は、北京への旅行中に言った:「精霊は特に秘密のサービスによって作成されたこの種のボトルの外に出して、その作家やクリエイターへの損傷を引き起こす可能性があります。」

北朝鮮が身代わりであることについては、我々は間違っていた認める:私たちは、特定したクレムリンは、週末にリークされたものと一致して、再び非難されるだろう。

今のところ、しかし、北朝鮮の周りの物語は、世界に対する最悪のマルウェアのサイバー攻撃が頻繁に繰り返され、起動する場合は-と大声で-十分な、それはすぐに実際の証拠が提示されていない場合でも、実際になります。その場合は、どちらか文字通りまたは比喩的に、その人のウォーム需要キムの血の影響を受けたすべてのものとリテラルの花火に気を付けます。

現実、そして技術的な洗練された北朝鮮の本当のレベルについては、よく...



* * *

ペイパル:USDに寄付ペイパル:EURに寄付ペイパル:GBPに寄付

カテゴリーブログローバルニコニコュース、政治
タブログブログローバルニコニコュース、政府、ハッカー、インターネット、北朝鮮、政治、米国
投稿ナビゲーション
国務省は、シリアでの大量殺害をアップカバーするアサドを非難します
寄付
コメントを残す
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 🔵 born we cry 人は生まれて... | トップ | ◯ Sniper Rifle : 2815m // ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL