ストリートロングスケートボーダー Street Long Skate Boarder

街乗りロングスケボ日記。
Tokyo Urban Concrete Warrior.
Pathfinderk

○ BRAIN Second//第二の脳、とも呼ばれる「腸」の働きが思った以上にすごかった!

2016-10-19 23:30:49 | ♪PFK ASAP NEWS

 

2016-10-19 23:30:49 tabilabo

The second brain, if, the called workings of "gut" was more wonderful than I thought!

Ikeda akiya skull icon 150x150
Ikeda meikiya

Lighter

HEALTH
2016/10/10
When living, it can be understood right now to say "A brain is important." It's because an idea is controlled, and it influences the whole body of our body.

And it's a gathered animation to introduce here about the organ which is also called the second brain "gut". Literally, I'll report the "knowledge on a wide variety of subjects you can't finish assimilating which concerns a gut easily.

 


01.
A gut is a lot of information.
It's being sent to the brain.

A brain is sending an order to the vocal cord, the heart, the lung and the organ such as digestive organ authorities through a pneumogastric nerve. But well, 80-90% among the nerve system of digestive organ authorities isn't understanding an order and is sending information to the brain conversely.

02.
Even if there are no orders from a brain.
It moves by itself.

Medium e150ed867f323eaac7c8b691c7036737f96630b5
A gut has the original neurosis called "gut neurosis". Even if there are no orders from a brain, it's said that this neurosis can operate on the thing which should be marvellous. When even a heart thinks it can't move without brains, I'd know how a gut is a wonderful organ.

03.
To feel like eating sweets.
Act of a gut

Medium 08764e36899a164bdaf92efcfd77bddb28ecbd40
Then did a gut evolve to an important organ so that why was it called the second brain?

"Meal" was the important element which influences the life formerly for the mankind. Therefore when surviving, it was necessary to a minimum that a brain exchanges information with digestive organ authorities.

For example they were the sugar to which you say "I took badly and paid attention." and fat in today, but it was the valuable energy source which isn't eaten easily for former mankind. So when eating sugar and fat, I make them secrete a dopamine in the brain, and makes them feel a pleasant sensation.

04.
A substance in the brain.
Is it made in the gut?

It's said that the bacteria which exists in the gut is generating 90% as for 50% and serotonin of the dopamine in the body.

The substance which is the substance to which a dopamine gives a pleasure and connects with serotonin in a sense of security. When something good is eaten, such action is related to become happy and.

05.
The condition of "stomach" and "heart"?
It's linked.

The gut is also big and related in the state of the heart.

The symptom akin to autism manifested the mouse which made sure that some specific intestinal bacteria won't grow. When it was checked, I found out that I decrease in the amount of serotonin and a protein of a learning memory.

When intestinal bacteria are given once more, such symptom is improved. You know ...

 

 

2016-10-19 23:30:49 tabilabo

第二の脳、とも呼ばれる「腸」の働きが思った以上にすごかった!

生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。

そして、ここで紹介するのは、第二の脳とも言われる臓器「腸」についてまとめた動画です。文字どおり、簡単には消化しきれない「腸にまつわる雑学」をお届けしましょう。

 

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/T3Ftj5E90tY" frameborder="0" width="640" height="360"></iframe>

01.
腸はたくさんの情報を
脳に送っている

脳は迷走神経を通して、声帯、心臓、肺、消化器官といった臓器に指令を送っています。しかし、じつは消化器官の神経系のうち80〜90%は、指令を受け取るのではなく、逆に脳に情報を送っているのです。

02.
脳からの指令がなくても
自分で動く

Medium e150ed867f323eaac7c8b691c7036737f96630b5

腸は「腸神経系」と呼ばれる、独自の神経系を持っています。驚くべきことに、この神経系は脳からの指令がなくても働くことができるそうです。心臓でさえ脳なしでは動けないことを考えると、いかに腸がスゴい臓器かわかるでしょう。

03.
甘いものが食べたくなるのも
腸のしわざ

Medium 08764e36899a164bdaf92efcfd77bddb28ecbd40

それではなぜ、第二の脳と呼ばれるほどに、腸は重要な臓器へと進化を遂げたのでしょうか。

かつて人類にとって「食事」は生存を左右する重要な要素でした。そのため、消化器官と脳が情報をやりとりすることが、生き延びるうえで最低限に必要だったのです。

たとえば、現代では「摂りすぎに注意」と言われる砂糖や脂肪ですが、かつての人類にとってはなかなか食べられない貴重なエネルギー源でした。そこで、砂糖や脂肪を食べたときに、ドーパミンを脳内で分泌させて、快感を感じさせるようになっているのです。

04.
脳内物質が
腸内で作られる!?

腸内に存在している細菌は、体の中にあるドーパミンの50%、セロトニンに至っては90%を生成していると言われています。

ドーパミンは快楽を与える物質で、セロトニンは安心感につながる物質。おいしいものを食べると幸せになるのは、こういった作用が関係しているとか。

05.
「お腹」と「心」の調子は
リンクする

心の状態にも、腸は大きく関係します。

ある特定の腸内細菌が生育しないようにしたマウスは、自閉症と似た症状が発現しました。さらに調べてみると、セロトニンや、学習記憶に関わるタンパク質の量が減っていることがわかったのです。

また、改めて腸内細菌を与えたところ、こうした症状は改善。腸がいかに大きな影響を与えているかがわかりますね。

06.
ヨーグルトを食べたら
不安とうつが軽減するかも

Medium e53e7a162cbd73133bb3d420a049eb8ff8678dd4

プロバイオティクス食品は、生きた細菌を直接腸まで届けてくれます。ヨーグルトや納豆などが有名ですね。

ある研究では、こうしたプロバイオティクス食品を30日間食べ続けたところ、不安やうつの症状が軽くなったと報告されています。腸を通じて食事と気分も結びついているのです。

07.
腸内細菌が
学習能力や記憶力アップにも

別の研究では、ネズミに、腸内に生息するある細菌を与えたところ、ストレスのレベルが低下し、学習能力と記憶力が向上したそう。

しかも、腸からの神経をカットすると、これらの効果は失われたのです。

08.
腸にペースメーカーを埋めこみ
うつ病の治療を

近年では、腸からの神経にペースメーカーをつないで人工的にコントロールすることで、うつ病の治療をしようという試みもあるそうです。

腸で生成されているセロトニンの不足がうつの原因になるとも言われていて、腸からの治療ができる可能性もあるそうです。

09.
腸内細菌が
思いやりを育てる

Medium ea7ff842336e44e4628791df21f45329d5c996d2

近年の研究で、腸内細菌は人間の行動にも関わっていることが明らかになってきました。腸内細菌の状態が「向社会性をアップする」という研究結果もあるほど。

向社会性とは、他の人の役に立とうとする行動のことです。

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ○ Vegi. Elec./ オランダでは... | トップ |  ○ CN: bubble economy colla... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL