ストリートロングスケートボーダー Street Long Skate Boarder

街乗りロングスケボ日記。
Tokyo Urban Concrete Warrior.
Pathfinderk

○ The «Bonnie and Clyde»Al Capone»right now America // アメリカは今“ボニーとクライド”

2016-11-08 01:07:31 | ♪PFK ASAP NEWS
2016-11-08 01:07:31 http://eigokiji.cocolog-nifty.com

WAYNE MADSEN | 03.11.2016 | WORLD -orig.
Hillary and Bill Clinton: The «Bonnie and Clyde» of American Politics

Whether the information originated from hacked e-mails and computer files or Freedom of Information Act requests, the revelations about the political and business activities of Hillary and Bill Clinton and their cronies hearken back to another era, the Great Depression of the 1930s and the crime spree of another unscrupulous couple: bank robbery desperados Bonnie and Clyde.

Bonnie and Clyde.
Aside from Hillary Clinton running her own lucrative «off-the-books» foreign policy via her private email servers and e-mail chain of associates and flunkies, it was her and her husband’s joint Clinton Foundation and Teneo Capital operations that scream out the word «corruption.» The servers were merely a mechanism by which the Clintons ran their own «pay-to-play» racketeering operation, something that would have been the envy of a contemporary of Bonnie and Clyde, Chicago crime boss Al Capone.

Teneo, which runs a hedge fund operation and a «private intelligence» service jam-packed with former Central Intelligence Agency operatives, is where Mrs. Clinton’s «gal pal» and aide Huma Abedin worked simultaneously to her government employment with the State Department. The Federal Bureau of Investigation’s probe of 650,000 emails found on the laptop computer of disgraced former New York Democratic Representative Anthony Weiner, the estranged husband of Abedin, is but the proverbial tip of the iceberg. While FBI agents pore through Abedin’s emails that were discovered on the laptop and looking Mrs. Clinton’s emails that were either not destroyed by her aides or which were never accounted for, the real story is the FBI’s investigation of the Clinton Foundation and Teneo.

Five FBI field offices are investigating the racketeering of the foundation and the foreign connections of Teneo. The offices include New York; Los Angeles; Washington, D.C.; Little Rock, Arkansas; and Miami. Little Rock is the home of the Clinton Foundation, while New York is the home base of Teneo. The addition of the Miami field office to the Clinton probe is significant. One of Teneo Intelligence’s many global offices is located in Bogota, Colombia. A secretive Colombian private equity fund, «Fondo Acceso», financed by Mexican mega-billionaire Carlos Slim and Canadian mining magnate Frank Giustra, is run out of the Clinton Foundation’s Bogota office. Tracking the money being fed into the Clinton Foundation may include proceeds from the illegal narcotics traffic in Colombia and other nearby countries. The Bogota activities of the Clinton Foundation, «Fondo Acceso», which ironically means «Access Fund», and Teneo appear to be concentrated in the Chico Business Park in the Colombian capital. Therefore, the involvement of the Miami office, in investigating Clinton Foundation funding, including the major donations from Slim and Giustra, makes a world of sense.

Teneo was co-founded by longtime Bill Clinton associate Doug Band, who served in Clinton’s White House Counsel’s Office and later as Clinton’s chief aide in the Clinton Foundation and its associated Clinton Global Initiative. Band’s brother is Bill Clinton’s medical doctor who accompanies the ex-president on foreign trips. Doug Band was the point person who lobbied the incoming Barack Obama administration in 2008 to appoint Hillary Clinton as Secretary of State.

Mrs. Clinton’s tenure at State ensured that there was little separation between her department, the Clinton Foundation and Global Initiative, and Teneo. Abedin served as Mrs. Clinton’s «transition team» leader as the Secretary of State left the department to launch her presidential candidacy after the November 2012 election. From that time on, Mrs. Clinton, Abedin, Doug Band, Clinton’s campaign chief John Podesta, and others engaged in an email flurry to 1) ensure that the files in the private servers were either scrubbed or sanitized; 2) to officially sever all links between them and the Clinton Foundation and Teneo; and 3) to paint a picture for the public that all was well and legal with Mrs. Clinton’s term as America’s chief foreign policy executive. Unfortunately, the entire Clinton team has been exposed with the publication of emails from Mrs. Clinton’s swearing in as Secretary of State in 2009 to after she launched her campaign for the White House in 2013.

The picture painted by the emails is one of modern-day gangsters milking everything they possibly could out of supposed public service.

The FBI’s New York field office is also likely looking at Teneo’s dealings with other Clinton allies. It was Teneo that advised former New Jersey Democratic Governor Jon Corzine's MF Global investment firm as it was collapsing amid charges of major fraud by Corzine, a Clinton loyalist. It is also known as Mrs. Clinton communicated with President Obama over her private server and that Obama used a pseudonym. Obama lied to the American people when he stated that he first learned of the existence of Mrs. Clinton’s server from news media reports. There is little wonder why Obama has refused to condemn FBI director James Comey for re-launching his probe of the Clinton emails, based on the discovery of the additional traffic on Weiner’s laptop. Presidents who dug themselves deep into scandals by lying about «what they knew and when they knew it» helped sink the administration of Richard Nixon and almost cost Ronald Reagan and Bill Clinton their presidencies. Obama was wise not to interfere in the FBI’s many criminal cases now building up like a tidal wave against Mrs. Clinton.

The many Clinton scandals also involve the illegal shipment of U.S.- and foreign-manufactured weapons to jihadist rebels in Libya and Syria against U.S. law. When Clinton and Abedin oversaw the jihadist rebellions in both countries, the U.S. was subject to imposing a United Nations arms embargo directed against both civil war theaters. The sudden decision on October 5, 2016, by the Justice Department to drop all charges against the State Department-licensed Turi Defense Group of Arizona and its owner, Marc Turi, for violating U.S. law by shipping unregistered weapons to Libyan rebels, some of which were transferred to Syrian rebels by the CIA station in Benghazi, indicates that Attorney General Loretta Lynch wanted the Turi case to disappear before the November 8th election.

The federal trial of Turi and his company was due to begin on November 8th. The indictment of Turi was brought in the U.S. Court for the District of Arizona in Phoenix. Phoenix's Sky Harbor International Airport was the scene of an impromptu and highly-questionable tarmac meeting between Bill Clinton and Attorney General Lynch on June 27, 2016. Turi claims that approval for the secret weapons shipments to Libya and onward to Syria were personally approved by Mrs. Clinton and had a green light from the CIA. Any new email or other evidence that Mrs. Clinton authorized illegal weapons shipments to jihadist terrorists would have required the FBI to broaden its investigation of both Hillary and Bill Clinton, as well as Lynch. Mrs. Clinton may have violated federal law by permitting the shipment of weapons to belligerent parties in Libya and Syria; Mr. Clinton may have obstructed justice in talking to the Attorney General; and Lynch may have violated her oath of office in misusing her position as the nation’s chief law enforcement officer in furtherance of a criminal conspiracy to obstruct justice.

The Clinton scandal, in many ways, resembles the Iran-Contra episode more than it does Watergate. In Watergate, the cover-up by Nixon and his cronies, in many respects, was worse than the original crimes. In Iran-Contra, the arms and drugs smuggling crimes were equal to the cover-up, including the criminal role of then-Vice President George H. W. Bush in the entire affair. With the Clintons’ «E-mailgate», shipping U.S. weapons to terrorists and accepting foreign campaign donations from dodgy regimes in Saudi Arabia, Morocco, and Qatar are every bit as bad as the obvious ensuing cover-up by Hillary Clinton and her and her husband's cronies.

If these many cases are what the FBI and its offices in Washington, New York, Little Rock, Los Angeles, Miami, and possibly Phoenix, are now looking at, the FBI director had every right and a constitutional responsibility to inform Congress and the voting public. And FBI director Comey has every right not to tip off to the Clinton gang what he and the bureau may have on them, evidence demanded now by Mrs. Clinton and her supporters. This evidence may become material to the impeachment of Mrs. Clinton from the office of president of the United States should she be elected on November 8th.

Tags: Democratic Party Clinton


2016-11-08 01:07:31 http://eigokiji.cocolog-nifty.com

2016年11月 7日 (月)

ヒラリーとビル・クリントン: アメリカ政治の“ボニーとクライド”

Wayne MADSEN
2016年11月3日
Strategic Culture Foundation

情報が、ハッキングされた電子メールやコンピューター・ファイル、あるいは情報公開法要求で得られたもの、いずれによるにせよ、ヒラリーとビル・クリントンと二人の取り巻き連中の政治・事業活動に関する暴露は、違う時代、1930年大恐慌時に次々と犯罪を重ねた、もう一つのたちの悪いカップル、銀行強盗のならず者ボニーとクライドを思い起こさせる。

ヒラリー・クリントンが、個人電子メール・サーバーと、お仲間・追従者の電子メール連鎖を利用して、大いに儲かる“帳簿外の”外交政策を運営していたことはさておき“汚職”という単語を金切り声で叫んでいるのは、彼女と夫共同のクリントン財団と、テネオ・キャピタルの事業だ。サーバーは、シカゴの犯罪ボス、アル・カポネが羨んだであろう、クリントンが現代のボニーとクライドとして、連中自身の違法行為で儲ける“参加するなら金を支払え ペイ・トゥー・プレイ”事業を運営する為の仕組みだったにすぎない。

ヘッジ・ファンド事業と元中央情報局(CIA)職員を大量に雇った“民間諜報”サービスを運営しているテネオは、クリントンの“女友達”で側近のフーマ・アベディンが国務省に雇用されて働いていたと同時期につとめていた会社だ。アベディンの元夫で、不祥事を起こした元ニューヨーク民主党下院議員アンソニー・ウィーナーのラップトップ・コンピューターで見つかった650,000電子メールを、連邦捜査局FBIが捜査しているのは、ことわざの氷山の一角だ。FBI職員が、ラップトップの中で発見されたアベディンの電子メールを熟読し、側近たちが破壊しなかったか、あるいは決して説明されなかった、クリントンの電子メールを調べてはいるが、本当の話は、クリントン財団とテネオに対するFBI捜査なのだ。

5つのFB出張所が、財団の違法行為による儲けと、テネオの外国とのつながりを捜査している。この出張所は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、アーカンサス州リトル・ロックと、マイアミだ。リトル・ロックは、クリントン財団の本拠地で、ニューヨークは、テネオの本拠地だ。マイアミ出張所を、クリントン捜査に加えたのは重要だ。テネオ諜報サービスが有する多数の海外事務所の一つは、コロンビアのボゴタにある。秘密主義のコロンビアの未公開投資ファンド“フォンド・アクセソ”は、メキシコ人の超億万長者カルロス・スリムと、カナダ人の採掘業の大物フランク・ジウストラに資金を提供されて、クリントン財団のボゴタ事務所で運用されている。クリントン財団に流れ込む資金を追跡すれば、コロンビアや、他の近隣諸国での違法な麻薬密売による儲けがあるかも知れない。ボゴタでのクリントン財団の活動“フォンド・アクセソ”は、皮肉にも“アクセス・ファンド”を意味し、テネオは、コロンビアの首都のチコ・ビジネス・パークに注力しているように見える。それゆえ、クリントン財団の資金調達捜査で、スリムとジウストラからの大口寄付に関するマイアミ出張所の関与は大いに意味がある。

テネオは、クリントンのホワイト・ハウス弁護士事務所で働き、後にクリントン財団と、クリントン・グローバル・イニシアチブで、クリントンの首席補佐をしているビル・クリントンの長年の友人ダグ・バンドと共同設立された。バンドの兄弟は元大統領の海外旅行に同行するビル・クリントンの医師だ。ダグ・バンドは、2008年、就任するバラク・オバマ政権に、ヒラリー・クリントンを国務長官に任命するようロビー活動をした人物だ。

クリントンの国務長官在任中は、国務省、クリントン財団とグローバル・イニシアティブとテネオの垣根はほとんど無い状態だった。アベディンは、2012年11月以降、大統領選挙を始めるべく、国務長官を辞任した際、クリントンの“移行チーム”リーダーをつとめた。その時以来、クリントン、アベディン、ダグ・バンド、クリントン選対本部長ジョン・ポデスタや他の連中は 1)個人サーバー中のファイルを、必ず消し去るか、秘密にするべき情報を取り除くため。2) 公式に、彼らと、クリントン財団とテネオとの全てのつながりを断ち切るため。更に、3) 公には、アメリカ外交政策トップとしてのクリントン任期中の全てが問題なく、合法だという形を描き出すため、電子メール騒ぎに加わっていた。不幸にして、2009年クリントンが国務長官就任宣誓し、2013年に、大統領選挙戦を開始して以来の電子メールが公表され、クリントン・チーム丸ごと暴露されてしまったのだ。

電子メールによって描き出された光景は、現代のギャングが、公職とされるものから、できる限りのあらゆるものを搾り取って儲けている姿だ。

FBIのニューヨーク出張所も、クリントンの他のお仲間とテネオの取り引きを捜査している可能性が高い。クリントン支持者、元ニュージャージー州民主党知事ジョン・コーザインによる重大な詐欺のかどで告訴される中、コーザインのMFグローバル・インベストメント社が崩壊しつつあった際に助言したのは、テネオだった。クリントンは、オバマ大統領と、彼女の個人サーバー経由で通信しており、オバマが偽名を使っていたことも知られている。クリントンのサーバーの存在を、マスコミ報道で初めて知ったと言った際、オバマは、アメリカ人にウソをついたのだ。オバマが、ウィーナーのラップトップ中の更なるやりとり発見に基づくクリントン電子メール捜査再開で、ジェームズ・コミーFBI長官を非難するのを拒否したのも、全く不思議ではない。“彼らが知っていたこと、そして、いつそれを知ったか”に関するウソ・スキャンダルの深みにはまった大統領は、リチャード・ニクソン政権を潰し、ロナルド・レーガンと、ビル・クリントンもすんでのところで大統領の座を失うところだった. オバマが、今やクリントンに対する津波のように高まりつつあるFBIの多数の刑事事件に干渉しないのは賢明だ。

多くのクリントン スキャンダルは、アメリカ法に違反して、アメリカ製や、外国製の兵器を、リビアとシリア国内の聖戦反政府派に対して違法に輸出したことにもからんでいる。クリントンとアベディンが、両国内の聖戦反乱を監督していた間、アメリカは、両方の内戦戦域に向けた国連武器禁輸を課することになっていた。2016年10月5日の、国務省が承認した、アリゾナ州のトゥリ・ディフェンス・グループと、そのオーナー、マーク・トゥリが、アメリカ法に違反して、無登録の兵器をリビア反政府派に輸出し、その一部が、ベンガジのCIA支局によって、シリアの反政府派に送られたことに対する全ての告訴を取り下げるという司法省による突然の決定は、ロレッタ・リンチ司法長官が、トゥリ事件を11月8日の選挙前に、消したがっていたことを示唆している。

トゥリと彼の会社に対する連邦裁判は、11月8日に開始予定だった。トゥリの起訴は、アリゾナ州都フェニックスの合衆国地方裁判所で行われた。フェニックスのスカイハーバー国際空港は、2016年6月27日、ビル・クリントンとリンチ司法長官とのf緊急の極めていかがわしい滑走路上での打ち合わせの現場だ。トゥリは、リビアへ、更にそこからシリアへの秘密の兵器輸出は、クリントンによって個人的に承認され、CIAの許可も得ていたと主張している。クリントンが、聖戦テロリストに対する違法な兵器輸出を承認したという何か新たな電子メールや他の証拠があれば、FBIは、ヒラリーとビル・クリントンと、リンチにも捜査を広げることが必要になっていたろう。ヒラリーは、リビアとシリアの好戦的な連中への兵器輸出を承認して、連邦法に違反している可能性がある。夫クリントンは、司法長官に話して、司法妨害をした可能性がある。また、リンチは、アメリカ最高位の法執行官としての彼女の地位を、犯罪的陰謀を助長し、司法妨害をするのに悪用して、就任宣誓に違反している可能性がある。

クリントン・スキャンダルは、多くの点で、ウォーターゲートというよりも、イラン-コントラ事件に良く似ている。ウォーターゲートでは、ニクソンと、彼の取り巻きによる隠蔽は、多くの点で、大本の犯罪より悪質だった。イラン-コントラでは、事件全体の上で、当時の副大統領ジョージ・H. W. ブッシュが果たした犯罪的役割を含め、兵器と麻薬密輸犯罪は、隠蔽と同等だった。アメリカ兵器をテロリストに輸出し、サウジアラビアや、モロッコやカタールの怪しい政権による外国からの資金寄付を受け入れているクリントンの“E-メール・ゲート”は、ヒラリー・クリントンと夫の取り巻き連中による隠蔽同様、全て、酷いものなのは明らかだ。

もし、こうした多くの問題を、FBIと、ワシントン、ニューヨーク、リトルロック、ロサンゼルス、マイアミ、そしておそらくフェニックスの捜査官が、今調べているのであれば、FBI長官には、議会と有権者に知らせるあらゆる権利と、憲法上の責任がある。そして、コミーFBI長官には、彼と職員が連中に、現在、クリントンと彼女の支持者が要求している証拠、一体どういう情報を持っているのかをクリントンと彼女の徒党に内通しないあらゆる権利がある。彼女が11月8日に大統領に選ばれるようなことになれば、この証拠はアメリカ大統領の座からクリントンを追い出す弾劾の材料になるかも知れない。

記事原文のurl:http://www.strategic-culture.org/news/2016/11/03/hillary-bill-clinton-bonnie-and-clyde-american-politics.html
----------
『ボニーとクライド』を描いた映画『俺たちに明日はない』を見た記憶がかすかにある。

無茶苦茶なTPP「強行採決」、中身の問題を指摘するものもの、強行採決という言葉をつかう大本営広報部は皆無のようだ。(読んでおらず、見ていないので推測だ。)

大本営広報部ではないIWJ、TPPの問題性を指摘しつづけてきたジェーン・ケルシー教授のインタビューを敢行している。

TPP強行採決直前に緊急来日!「TPP協定をやる意味がわからない!」オークランド大学のジェーン・ケルシー教授に岩上安身が単独インタビュー!! 2016.10.31
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ○terrorist violence:Prevent... | トップ | ○ Yoshinoya's beef bowl : D... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL