ストリートロングスケートボーダー Street Long Skate Boarder

街乗りロングスケボ日記。
Tokyo Urban Concrete Warrior.
Pathfinderk

◯ Cancer Killing Fruit Threatens To Destroy Pharmaceutical Industry//フルーツが殺す癌は製薬業界を破壊する恐れ

2017-04-24 02:47:03 | fuckin Health & Med. 最先端. 健康と医学

2017-04-24 02:47:03 Global News

Cancer Killing Fruit Threatens To Destroy Pharmaceutical Industry



Global News, Good News, Health, ScienceAdd comments
Related info:

– G. Edward Griffin – A World Without Cancer – The Story Of Vitamin B17 – Laetrile (Documentary)

– Grape seed extract more effective than chemotherapy in advanced cancer

– Study: Grape Seed Extract Kills Head And Neck Cancer Cells, Leaves Healthy Cells Unharmed

–Study: Grape Seed Extract Kills 76% Of Leukemia Cancer Cells In 24 Hours

hylandia-dockrillii

– Scientists Find Fruit In Australia Capable Of Killing Cancer, Mainstream Media Stays Silent:

Already, 1 in 2 people is expected to develop cancer in their lifetimes. That’s 50% of all humans on Earth. If a potential cure was found, one would expect to see it broadcasted on every mainstream media site, correct? Unfortunately, that’s not the world we live in. Regardless, this recent discovery is worth knowing about and passing along to others.

According to ABC News, an eight-year-long study led by Dr. Glen Boyle, from the QIMR Berghofer medical research institute in Brisbane, has confirmed that a compound in a rare berry which grows exclusively in Australia is capable of killing tumors. The flushed berry, also known as the Hylandia dockrillii, has a unique compound called EBC-46 that kills head and neck tumors as well as melanomas. In approximately 75% of the cases, says Dr. Boyle, the cancer cells did NOT come back.

He explains:

“There’s a compound in the seed – it’s a very, very complicated process to purify this compound and why it’s there in the first place, we don’t know. The compound works by three ways essentially: it kills the tumour cells directly, it cuts off the blood supply and it also activates the body’s own immune system to clean up the mess that’s left behind.”

Scientists are astounded by how fast the compound in the flushed berry works, as well as the lack of side effects caused by the treatment. In trials, the drug took effect within five minutes and tumors disappeared within days.

“Usually when you treat a tumour it takes several weeks for it to resolve, but this is very, very rapid,” explains Dr. Boyle. “There’s a purpling of the area, of the tumour itself, and you see that within five minutes and you come back the next day and the tumour’s black and you come back a few days later and the tumour’s fallen off.”



The first trials were conducted on rats, horses, and dogs, which is why Dr. Boyle and his team are eager to continue pre-clinical trials to test its effectiveness on humans. The video above shares the incredible experience of the first woman to partake in a trial.

If the berry proves to be effective in fighting cancer in people, Dr. Boyle says it will need to be offered as an additional treatment option, rather than a replacement for chemotherapy or surgery. Specifically, he says elderly patients who can’t go through another round of chemotherapy, or who can’t go through another general anesthetic, should be offered the treatment.

For holistic physicians, such as Dr. Lodi whose specialty is combating cancer utilizing low-dose chemotherapy and plant-based diets, the berry might offer another powerful method of helping the body from cancer naturally.

* * *
PayPal: Donate in USD
PayPal: Donate in EUR
PayPal: Donate in GBP

Tags: Cancer, Global News, Good News, Health, Science

10月
10

フルーツを殺すがんは製薬業界を破壊する恐れ


共有する2
グローバルニュース、グッドニュース、健康、科学は、コメントを追加します
関連情報:

- G.エドワード・グリフィン-がんのない世界-ビタミンB17の物語- Laetrile(ドキュメンタリー)

- 進行癌における化学療法よりも効果的なブドウ種子エキス

- 研究:ブドウ種子抽出物は、頭頸部癌細胞を死滅させる無事健康な細胞を葉

- 研究:ブドウ種子抽出物は、24時間以内に白血病癌細胞の76%を殺します

hylandia-dockrillii

- 科学者たちは、主流メディアは、サイレント滞在、がんを殺すことができるオーストラリアでフルーツを探します:

すでに、2人で1は生涯で癌を発症することが予想されます。それは50%のだ、すべての地球上の人間。潜在的な治療法が発見された場合、1は正しい、それはすべての主流メディアサイトで放送見ることを期待しますか?残念ながら、それは私たちが住む世界ではありません。いずれにせよ、今回の発見は、知っておくと、他の人に渡して価値があります。

よるとABCニュース、ブリスベンのQIMR Berghofer医学研究所から、博士はグレン・ボイル率いる8年間にわたる研究は、オーストラリアでのみ育つ珍しい果実中の化合物は、腫瘍を死滅させることが可能であることを確認しました。またHylandiaのdockrilliiとして知られているフラッシュベリーは、頭頸部腫瘍などの黒色腫を殺すEBC-46と呼ばれる独特の化合物を持っています。症例の約75%で、言う博士はボイル、癌細胞が戻ってきませんでした。

彼は説明しています。

「化合物は、種子にあります -それは、この化合物を精製するのに非常に、非常に複雑なプロセスだし、それが最初の場所にありますなぜ、私たちは知りません。化合物は、本質的に3つの方法で動作します。それは、腫瘍細胞を殺すことは血液供給を遮断し、それはまた、背後に残って混乱を一掃するために身体自身の免疫系を活性化し、直接「。

科学者たちは、どのように高速フラッシュベリー工事中の化合物だけでなく、治療による副作用の欠如によって驚いています。試験では、薬剤は、5分以内に消失した腫瘍内に発効した日。

「あなたは、腫瘍を治療する場合通常、それが解決するのは数週間かかりますが、これは非常に、非常に急速で、」博士はボイルは説明しています。「そこの地域のpurpling、だ腫瘍自体が、あなたは5分以内に、あなたは次の日に戻ってくることを確認し、腫瘍の黒とあなたは数日後に戻ってくると、腫瘍の脱落。」



最初の試験は博士ボイルと彼のチームは、人間にその有効性をテストするために前臨床試験を継続するために熱望している理由である、ラット、ウマ、イヌで実施しました。上のビデオは、裁判に参加する最初の女性の信じられないほどの経験を共有しています。

ベリーは、人の癌を戦うのに有効であることが判明した場合、博士はボイルは、追加の治療オプションではなく、の代替として提供する必要がありますと言う化学療法または手術。具体的には、彼は化学療法の別のラウンドを通過することができない、または他の一般的な麻酔薬を通過することができない高齢者の患者は、治療を提供されるべきであると言います。

以下のような総合的な医師については、博士ロディ専門低用量の化学療法と植物ベースの食事を利用し、がんとの闘いれ、果実は自然にがんから体を支援する別の強力な方法を提供するかもしれません。

* * *
ペイパル:USDに寄付ペイパル:EURに寄付ペイパル:GBPに寄付


タグ:がん、グローバルニュース、グッドニュース、健康、科学
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◯ The Fukushima Crisis1042/... | トップ | 🔴 "Swan of the Death" is a ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL