ストリートロングスケートボーダー Street Long Skate Boarder

街乗りロングスケボ日記。
Tokyo Urban Concrete Warrior.
Pathfinderk

○ Oxford Univ' predicts:47%Nothing./オックスフォード大学が大胆予測. 10-20年後、約47%の仕事がなくなる.

2016-10-13 08:07:11 | ♪PFK ASAP NEWS

2016-10-13 08:07:11 directsales.jp.  Oxford univ.

 

Oxford University announces a bold prediction....20 years later, will about 47 % of person's work disappear from 10?

Does this become a reality really? When I become a reality, when is it?
Statistical data of a government showed Oxford University. 3 of big cause... which takes work away from a person
The one a chance will be or... by which 3 of cause from which why is person's work taken away will increase the income big triple double several years later

 

", 10-after 20, about 47 % of person's work disappears."

A little, the front. Osborne practical professor of Oxford University announces such bold prediction. I became the big topic of conversation.

 

The machine technological progress is advancing by remarkable momentum by this investigation. Of automation by the machine, how human work depends, and being taken away or, if, it was analyzed to say. As a result, the risk by which about 47 % of work will be automated in 10 years-about 20 years from now on is high. Such conclusion has gone out.

 

To be honest, when hearing this talk for the first time, it wasn't believed at all. And even if I became a reality, I thought it was still the previous talk. But when statistical data of a government was checked, I found out that the one taking work away from a person has 3 of big cause. And even if a thing as "... into which work disappears" won't occur immediately by a cause of 3 of this cause, 、、、.

 

... with the work which falls in value big already

I found out that I say so. Moreover to fall in value big now and moreover.

 

It's future talk of course, so it can't be guaranteed whether you get this prediction. But this talk was originated with statistical data of Oxford University and a government. So, you, by now, 、、、.

 

"This work is continued all the while just as it is, and would you like?"

 

If it has been felt anxiously so, I think it's helpful surely, so please check continuation. (I twisted 3 of cause which takes work away from a person around, and how could I increase the income big in several years? And, you also talk about saying.)

 

Job listing... which goes out by more than 90 % of probability
Person in charge of loans of the bank
The telephone operator
Cashier
Nailist NEIRISUTO
Lawyer assistant (para-legality)
Reception desk in a hotel
Representative of a tax matter declaration
Clerk of bookkeeping and a bill
Real estate broker
Bleeder of an animal
Clock repair shop
Help one in a library
Painting and wallpaper tension
Worker of garden designing and site management
And all that...
※ Than a thesis of Oxford University Osborne practical professor.

 

 

①. The cause which devaluates work big: Excess supply

 

The one as excess supply is the state that the side to which goods are offered is too increased. A business stands up by sale and supply. When 100 sellers need a market with 10 people when it's calculated simply, there will be 10 consumers per 1 seller. But if 20 people and consumers are 100, a consumer per 1 seller will be 5 people, and a seller does a stripe.

 

In other words, it's said that the sales are half. If the sales are half, even if most business is lost, it isn't strange.

 

A seller increases suddenly in such wind. When the way of speaking is changed, when I fall into excess supply, the work to have that is to take out the profit on the business difficultly and is the one with the recessive income.

 

And there is work for the so-called therapeutist of a judo reduction teacher and a manual therapeutics teacher as a concrete instance of the work this excess supply is advancing one after another.

 

The numbers of bonesetting in were 25,975 stores in 2002, I increase rapidly in 42,431 stores in 2012. It's 1.6 times for 10 years (the Ministry of Health, Labour and Welfare: Heisei Than the general condition of 24 year sanitary administrative example of reports (starting work medical expert)). This is the number more numerous than total of 41,085 stores of 7-Eleven, LAWSON and Familymart Co., Ltd. of 3 convenience store largest companies. Moreover I'm increasing rapidly so that you also say that this may exceed 100,000 stores in the number only of bonesetting in when manual therapeutics in includes it. It's surprise, isn't it?

 

A beauty salon and a dentist's office fall an oversupply more than a convenience store, and are also in the situation almost similar to a therapeutist.

Work is being also seized with a wave of excess supply in other ones and for the teachers called a so-called man trade. For example 、、、.

 

CPAs were 16656 in 2000, but it's increasing more than 2 times with 33977 people in 2014 and....
An administrative scrivener increases for 44,057 people from 37,607 people during 2005-2014.
26,460 per 10 years public consultants on social and labor insurance are empty (in 2005), in 38,878 people (2014) and 1.46 times....
69,243 per 10 years licensed tax accountants are empty (in 2005), too, 74,501 people (2014)
A judicial scrivener is increasing from 18,509 people to 21,658 people during 2015 from 2006....

It increases in the number of the qualification person big all in such wind. Moreover this momentum doesn't still seem stop. When it's being, excess supply is so increasingly developed, and work would fall in value big.

 

 

 

②. The cause which devaluates work big: Technical innovation

 

 

 

 

The 2nd is technical innovation.

 

Google and Yahoo which appeared by technology's of the internet developing into technical innovation, optimistic, the good face where many star enterprises were established Amazon is often emphasized. But the, there is also a front page where work is taken away from many people on the other hand.

 

I had to take a film to a photographer before to develop a picture when I said by a plain example. So there was work to develop a picture. But most of demand has died of that a digital camera appeared.

 

This new technology is that it's good to take work away from a person.

 

Technical innovation occurs, and there is an industry in the one by which the danger in which work diminishes big is rising. Because not a person, but a robot will work when robot-ization of a manufacturing process is being developed.

 

Even if a web designer doesn't understand Html and a programming, either, web service like Wix and Jimdo where a home page can be made appears in the back. It itself is of low value and being to say "A home page can be made.", and when more technology will develop now, when not adding extra value with the high design, a possibility which is becoming severe is probably becoming high.

 

Cheap service of Gengo appears and is causing price slashing in the world of translating business, but a possibility which is being seized with a wave of technical innovation would be high so that a further attack may be applied when I think technology of the automatic translation system represented by Google translation is developed.

 

 

 

③. Change in behavior of the cause: consumer who devaluates work big

 

The 3rd is a change in consumer's behavior.

 

It's a retail store to undergo influence by a change in this consumer's behavior. When I say whether you had that, a change in what kind of behavior will be that you could look now for the least expensive store immediately nationwide immediately using a net?

 

Specifically, price dot com. "It's an inexpensive net to see goods by a storefront and buy it actually" by appearance of such site, as if, consumer's behavior was big and we changed. As a result, I have fallen into the situation that even YAMADA DENKI which is the largest company in a mass sales store of home electronics sinks in the deficit of 1:00 of 4,100,000,000 yen.

 

 

 

 

Besides the bookstore where 21,495 bookstores which keep a store were here by 2013 from 2000 has also even decreased in 14,241 cases by influence of Amazon (1/about 3 has disappeared. It's wonderful..), isn't it?. It's apart from the newspaper which are young people because news can be checked easily with a net, the newspaper industry said that who doesn't stop. The decrease by which the newspaper industry's total sales are 519,800,000,000 yen during 2013 from 2005. The sales of the 21.5% will be missing during a little less than 10 years....

 

A change in consumer's behavior also has a big influence on a business in such wind.

 

When work has fallen in value....

A possibility that 、、、 will be the very severe distance to raise the income to work which applies to 3 of cause which devaluates the work I just introduced is high. It's 、、、 to try to raise the income to the work which falls in value even if the person how much to do excellent does the effort which is exceedingly.

 

The escalator which is descent if it's compared, running desperately.

 

Even if I'm running hard, how much will you just rest for a short while and go down immediately? When not keeping running desperately, it's also difficult to maintain the current state. Such situation. But 、、、.

 

... which changes the cause which devaluates work to the chance to raise the income

 

The cause which devaluates this work actually isn't only a bad thing. It's said that the environment of the business is changing into this. And this change has invented a big business chance by now.

 

For example the bookstore which has a store by appearance of a net, 1/about 3 has disappeared, the, on the other hand, a star enterprise as Amazon was produced. The fashion of SUMAHOGEMU which even drove Nintendo into the deficit at 1:00. The SUMAHOGEMU was that it came into fashion, and MOBAGE grew into large enterprise with a professional baseball baseball team. By the internet's also appearing on other ones by technical innovation, Yahoo and, optimistic such as many star enterprises appeared. An IT bubble economy is called and a lot of billionaires are going to produce, too.

 

 

 

 

 

 

2016-10-13 08:07:11 directsales.jp.  Oxford univ.

 

オックスフォード大学が大胆な予測を発表…
10年から20年後、約47%の人の仕事がなくなる!?

  • これは本当に現実になるのか?現実になるとすれば、いつなのか?
  • オックスフォード大学と政府の統計データなどからわかった。人から仕事を奪う3つの大きな原因…
  • なぜ、人の仕事を奪う3つの原因が、数年後に収入を2倍、3倍に大きく増やすチャンスなるのか… 

 

 

「10年~20年後、約47%の人の仕事がなくなる」

少し前。オックスフォード大学のオズボーン准教授がこんな大胆な予測を発表。大きな話題になりました。

 

この調査では、技術の進歩がめざましい勢いで進んでいる機械。その機械による自動化のよって、どのぐらい人間の仕事が奪われてしまうのか、ということが分析されたのです。その結果、今後10年~20年ほどで約47%の仕事が自動化されるリスクが高い。そんな結論が出たのです。

 

正直、この話をはじめて聞いた時、まったく信じられませんでした。それに、現実になったとしても、まだまだ先の話だと思っていました。ですが、政府の統計データなども調べてみると、人から仕事を奪っていくものには、3つの大きな原因があることがわかったのです。そして、この3つの原因のせいで、「仕事が消えてしまう…」ということが、すぐに起きなくても、、、

 

すでに価値が大きく下がっている仕事がある…

ということがわかったのです。しかも、これから、さらに価値が大きく下がってしまうということも。

 

もちろん、将来の話なので、この予測が当たるかどうかは保証できません。ですが、この話は、オックスフォード大学や政府の統計データなどを元にしたものです。なので、あなたが今までに、、、

 

「このまま、この仕事をずっと続けていて、いいんだろうか?」

 

と不安に感じたことがあるなら、きっと参考になると思うので、続きをチェックしてみてください。(人から仕事を奪う3つの原因を逆手にとって、どうやって僕が数年で収入を大きく伸ばすことができたのか?ということもお話しますね)

 

90%以上の確率で消える仕事リスト…
銀行の融資担当者
電話オペレーター
レジ係
ネイリスト
弁護士助手(パラリーガル)
ホテルの受付
税務申告の代行者
簿記・会計の事務員
不動産ブローカー
動物のブリーダー
時計修理屋
図書館の補助員
塗装・壁紙張り
造園・用地管理の作業員
などなど…

※オックスフォード大学オズボーン准教授の論文より

1.仕事の価値を大きく下げる原因:供給過剰

 

供給過剰というのは、商品を提供する側が増えすぎてしまう状態。ビジネスは需要と供給で成り立っています。単純計算すると、売り手が10人で買い手が100人いれば、売り手1人あたり買い手が10人いることになります。ですが、売り手が20人、買い手が100人なら、売り手1人あたりの買い手は5人になってしまします。

 

つまり、売上が半分になってしまうということです。売上が半分になってしまったら、ほとんどの事業が潰れてしまってもおかしくありません。

 

こんな風に売り手が急激に増えてしまう。言い方を変えると、ある仕事が供給過剰に陥ってしまうとそのビジネスで利益を出すのが難しくなり、収入が減ってしまうのです。

 

そして、この供給過剰がどんどん進んでいっている仕事の具体例としては、柔道整復師や整体師などのいわゆる治療家の仕事があります。

 

接骨院の数は2002年には25,975店舗だったのですが、2012年には42,431店舗に急増。10年で1.6倍になってます(厚生労働省:平成 24 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況より)。これは、コンビニ最大手3社のセブン・イレブン、ローソン、ファミリーマートの店舗数の合計41,085店舗よりも多い数です。しかも、これは接骨院だけの数で、整体院なども含めると10万店舗を超えるのではないか、ともいわれるほど急増しているのです。びっくりですよね。

 

美容室や歯科医院もコンビニよりも多く、供給過多に陥っていて治療家とほとんど同じような状況にあります。

他にも、いわゆる士業と呼ばれている先生の方々にも仕事も供給過剰の波が襲ってきています。たとえば、、、

 

  • 公認会計士は、2000年には、16656人でしたが、2014年には、33977人と2倍以上に増えていますし…
  • 行政書士は、2005年~2014年の間に37,607人から44,057人に増加
  • 社会保険労務士は、10年で26,460人(2005年)から38,878人(2014年)と1.46倍に…
  • 税理士も、10年で69,243人(2005年)から74,501人(2014年)
  • 司法書士は、2006年から2015年の間に、18,509人から21,658人まで増えています…

 

こんな風に軒並み資格者の数が大きく増加しているのです。しかも、この勢いはまだまだ止まりそうもありません。そうなってくると、ますます供給過剰が進み、仕事の価値が大きく下がってくることになるでしょう。

 

2.仕事の価値を大きく下げる原因:技術革新 

 

2つ目は技術革新です。

 

技術革新は、インターネットの技術が発達したことで現れたGoogleやYahoo、楽天、Amazonなど、数々のスター企業が誕生した、いい面が強調されがちです。ですが、その反面、多くの人から仕事を奪ってしまう一面もあるのです。

 

わかりやすい例でいうと、写真を現像するためには、昔は写真屋にフィルムを持っていかなければいけませんでした。なので、写真を現像する仕事があったのです。でも、デジカメが登場したことにより、需要のほとんどがなくなってしまったのです。

 

このように新しい技術が人から仕事を奪ってしまうことがよくあることなんです。

 

そして、技術革新が起きて仕事が大きく減ってしまう危険性が高まっているものに製造業があります。製造工程のロボット化が進んでいけば、人ではなくロボットが仕事をすることになりますので。

 

あとは、Webデザイナーも、Htmlやプログラミングがわからなくてもホームページを作れるWixやJimdoのようなWebサービスが登場。これから、さらに技術が発達していくと「ホームページが作れる」ということ自体の価値は低くなってきて、高度なデザインなどの付加価値をつけていかなければ、厳しくなってくる可能性が高くなってくるでしょう。

 

翻訳業の世界では、Gengoなどの格安サービスが登場し価格破壊を起こしつつありますが、Google翻訳に代表される自動翻訳機の技術が発達していることを考えると、追い打ちをかけるように、技術革新の波が襲ってくる可能性は高いでしょう。

 

3.仕事の価値を大きく下げる原因:消費者の行動の変化 

 

3つ目は、消費者の行動の変化です。

 

この消費者の行動の変化で影響を受けているのが小売店です。どんな行動の変化があったかというと、ネットを使ってすぐに全国で一番安いお店をすぐに探すことができるようになったことです。

 

具体的には、価格ドットコム。こういったサイトの登場で「店頭で商品を見て、実際に買うのは安いネットで」という風に、僕たち消費者の行動が大きく変化しました。その結果、家電量販店の最大手であるヤマダ電機ですら、一時41億円の赤字に沈む状況に陥ってしまいました。

 

他にも、Amazonの影響で、お店を構えている書店が2000年から2013年までの間に、21,495件あった書店が14,241件にまで減少してしまいました(約3分の1がなくなってしまいました。すごいですよね。。。)。さらに、ネットで簡単にニュースがチェックできることから、若者の新聞離れに歯止めがきかないといわれている新聞業界。新聞業界の総売上は2005年から2013年の間に5,198億円の減少。10年弱の間に21.5%の売上がなくなっていることになります・・・

 

こんな風に消費者の行動の変化もビジネスに大きな影響を与えます。

 

もし、仕事の価値が下がってしまっていると…

今、ご紹介した仕事の価値を下げる3つの原因に当てはまっていている仕事で収入を上げるのは、、、とても厳しい道のりになる可能性が高いんです。いくら優秀だった人が人一倍の努力をしたとしても、価値が下がっている仕事で、収入を上げようとするのは、、、

 

例えるなら、下りのエスカレーターを必死に走っているようなものです。

 

いくらがんばって、走っていても、すこし休んだだけですぐに下がってしまう。必死に走り続けなければ、現状を維持するのも難しい。そんな状況なのです。ですが、、、

 

仕事の価値を下げる原因を収入上げるチャンスに変える…

 

実はこの仕事の価値を下げる原因は、悪いことばかりではないのです。これはビジネスの環境が変化しているということなのです。そして、この変化は、今までに、大きなビジネスチャンスを生み出してきたのです。

 

たとえば、ネットの登場で、店舗を持つ書店が約3分の1がなくなりましたが、その反面、Amazonというスター企業を生み出しました。任天堂を一時赤字にまで追い込んだスマホゲームの流行。そのスマホゲームが流行したことで、モバゲーはプロ野球球団を持つ大企業に成長しました。他にも、技術革新によって、インターネットが登場したことで、Yahooや楽天といったスター企業がたくさん登場しました。ITバブルなんて言われ、たくさんの億万長者も生み出すことになりました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ○ NASA:二ビルの影響で地球が... | トップ | ○ constipation & dietary fi... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL