ストリートロングスケートボーダー Street Long Skate Boarder

街乗りロングスケボ日記。
Tokyo Urban Concrete Warrior.
Pathfinderk

○ The Fukushima Crisis1036/// Record radiation level 530Sv "COULD KILL HUMAN"//超異常 530シーベルトの放射能漏れ!!!

2017-02-12 04:32:37 | ♪PFK ASAP NEWS
2017-02-12 04:32:37 GlobalNews. TheGuardian.com

Record radiation level detected at Fukushima reactor “unimaginable,” could kill human from even brief exposure
Feb 07 2017



Environment, Global NewsAdd comments


– Record radiation level detected at Fukushima reactor “unimaginable,” could kill human from even brief exposure:

Radiation levels inside a damaged nuclear reactor at the Fukushima Daiichi nuclear power plant in Japan have hit a record high since the plant suffered a triple nuclear meltdown almost six years ago. The latest readings – described by experts as “unimaginable” – now pose a serious challenge as officials prepare to dismantle the disaster-hit facility safely.

Tokyo Electric Power (Tepco), the plant’s operator, said atmospheric readings inside the containment reactor No 2 are as high as 530 sieverts an hour, which is far greater than the previous record of 73 sieverts an hour. Reactor No 2 is one of three reactors that experienced a nuclear meltdown when the plant was crippled by a huge earthquake and tsunami in March 2011. (RELATED: See more news about the Fukushima disaster at FukushimaWatch.com)

A one-square-meter hole created by melting nuclear fuel
Tepco said recent image analysis revealed a one-square-meter hole in the metal grating beneath the reactor’s pressure vessel. The hole was probably created by melting nuclear fuel that penetrated the vessel, Tepco’s spokesman Tatsuhiro Yamagishi told AFP. Also, for the first time since the disaster, images were released showing dark lumps beneath reactor No 2. Experts believe the dark matter to be melted uranium fuel rods.

Even though specially-made robots designed to probe the underwater depths around the reactors have previously crumbled and shut down due to the highly toxic conditions, Tepco intends to send another remote-controlled robot to check the actual conditions inside the containment vessel.

The robot, however, will not last long. They are designed to withstand exposure to a total of 1,000 sieverts, meaning it will only survive for less than two hours in the presence of these dangerously high radiation levels. Nonetheless, Tepco’s spokesman Tatsuhiro Yamagishi said that the captured images will offer very useful information regarding the actual conditions inside the reactor.

A huge challenge in the history of nuclear power
These extraordinary high readings will make it very hard, and dangerous, for thousands of workers involved in dismantling the power plant, a process expected to take about four decades. Furthermore, medical professionals have never considered dealing with this level of radiation in their work, an official of the National Institute of Radiological Sciences told Japan Today.

To give you an idea of the severity, radiation doses of only 0.1 sieverts already significantly increase the risk of cancer. A single dose of one sievert is enough to cause radiation sickness, nausea, infertility, loss of hair, and cataracts. Exposure to five sieverts could kill half of those exposed within a month while a single dose of 10 sieverts could prove fatal within weeks.

After six years, Tepco and its business partners at the Fukushima Daiichi plant have yet to identify the location and condition of melted fuel in the three most severely damaged nuclear reactors. As reported by The Guardian, “the government has now estimated the cost of decommissioning the plant and decontaminating the surrounding area, as well as paying compensations and storing radioactive waste, to rise to 21.5tn yen [or about $190 billion],” which is nearly double the estimate released in 2013.

Even if they manage to clean up this nuclear mess shortly, Yosuke Yamashiki, Doctor of Engineering from Kyoto University, told RT that the complete reduction of the radiation will take hundreds of thousands of years. (RELATED: For more info on how to prepare yourself for future disasters, visit Preparedness.news)

Sources:

JapanToday.com

TheGuardian.com

RT.com

*****

H/t reader squodgy:

“Is it possible the TEPCO propaganda machine has run out of steam ?
Is it now so bad they are releasing three year old news as new?”

* * *

PayPal: Donate in USD
PayPal: Donate in EUR
PayPal: Donate in GBP

Tags: Environment, Fukushima, Global News, Japan, Radiation




2017-02-12 04:32:37 GlobalNews. TheGuardian.com

"、想像を絶する「福島の原子炉で検出されたレコードの放射線レベルがあって 短時間の暴露から人間を殺すことができます
Feb 07 2017

共有する1
環境、グローバルニュースは、コメントを追加します


- 福島原子炉で検出されたレコードの放射線レベルは「想像を絶する」であって 短時間の暴露から人間を殺すことができます:

福島原子炉は、ほぼ6年前に三重核メルトダウンを被ったため、日本の福島第一原子力発電所の損傷した原子炉内部の放射線レベルは高い記録を直撃しています。最新の測定値 - 「想像を絶する」などの専門家による説明は - 当局者が安全に被災施設を解体するための準備として、今重大な挑戦を提起します。

東京電力(東京電力)、工場のオペレータは、封じ込めリアクタなし2内の雰囲気の測定値が530シーベルト73シーベルト時間の前のレコードよりもはるかに大きい時間と同じくらい高いと述べました。原子炉2号は、植物は、2011年3月に巨大な地震と津波によって不具にされたときに、核のメルトダウンを経験した3つの反応器の一つである(関連:で福島の災害についてのより多くのニュースを参照してくださいFukushimaWatch.com)

核燃料を溶融することによって作成された1平方メートルの穴
東京電力は、最近の画像解析は、原子炉の圧力容器の下の金属格子で1平方メートルの穴を明らかにしたと述べました。穴はおそらく容器を貫通した核燃料を溶融することによって作成された、東京電力のスポークスマン達広山岸はAFPに語りました。また、災害以来初めて、画像は原子炉の下の暗い塊を示すリリースされたいいえ2.専門家は、暗黒物質はウラン燃料棒を溶融すると信じていません。

原子炉の周りの水面下の深さを調べるために設計された特別に作られたロボットは、以前に崩れとによる毒性の高い条件にシャットダウンしているにもかかわらず、東京電力は、格納容器内部の実態を確認するために別の遠隔操作ロボットを送信しよう。

ロボットは、しかし、長くは続かないだろう。これらはそれだけで、これらの危険な高放射線レベルの存在下で、2時間未満のために生き残る意味1,000シーベルトの合計に対する曝露に耐えるように設計されています。それにもかかわらず、東京電力のスポークスマン達広山岸は、撮影した画像は、反応器内の実際の状態に関する非常に有用な情報を提供すると発表しました。

原子力発電の歴史の中で大きな課題
これらの異常な高測定値は、発電所の解体に関与する数千人の労働者のために、それは非常に難しい、と危険約四十年かかると予想プロセスを行います。また、医療専門家が考えたことがない放射線のこのレベルを扱う仕事で、放射線医学総合研究所の関係者は語った今日、日本を。

あなたの重大度のアイデアを与えるために、わずか0.1シーベルトの放射線量は、すでに大幅にがんのリスクを高めます。1シーベルトの単回投与は、放射線病、吐き気、不妊、脱毛、白内障を引き起こすのに十分です。10シーベルトの単回投与は、数週間以内に致命的な証明することができながら、5シーベルトへの曝露は、月内に露出の半分を殺すことができます。

6年後、福島第一工場で東電とそのビジネスパートナーは、3最も深刻な損傷を受けた原子炉で溶融した燃料の位置と状態を識別するためには至っていません。報告されているようにガーディアンであり、これは「政府が今、21.5tn円[または約$ 190億]に上昇し、工場を廃止し、周辺地域の汚染除去、ならびに補償を支払うと放射性廃棄物を貯蔵のコストを推定しています」ほぼ2013年にリリースされた推定値を2倍になります。

彼らはまもなくこの核混乱をクリーンアップするために管理している場合でも、陽介Yamashiki、京都大学から工学博士は、言ったRTを放射線の完全な還元は、数十万年を取ること。(関連:将来の災害のためにあなた自身を準備する方法の詳細については、訪問Preparedness.newsを)

ソース:

JapanToday.com

TheGuardian.com

RT.com

*****

H /トンリーダーsquodgy:

「それは東京電力のプロパガンダマシンは蒸気が不足していることは可能ですか?
彼らが新しいのように3歳のニュースを発表している今、そんなに悪いですか?」

* * *

ペイパル:USDに寄付ペイパル:EURに寄付ペイパル:GBPに寄付


タグ:環境、福島、グローバルニュース、日本、放射線
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ○ We all have the power to ... | トップ | ○ The War in Asia Will be M... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

♪PFK ASAP NEWS」カテゴリの最新記事