iManana siempre sea otro dia!

当ブログへのリンク、転写等はご遠慮くださいませ

GRAND CRU CAFE GINZA

2017-05-19 | 銀座6丁目
こちらのお店のことはすでに色ゝなところで記されていますので かいつまんで記しますがお値段は目が点になるるぐらい、エクストラヴァガントです。

このお店では一杯いくらではなく シャンパンのボトルに入った100gの焙煎豆を1本単位で購入するスタイルです。 ボトルはお店のほうできっちり2週間風味の落ちないようにきちんとキープ、その間好きなときに珈琲をいただきにゆくことができます。

高価ですのでシェアして何人かで1ボトルを購入するのも手で、1ボトルで5-6杯分の珈琲がいただけます。

まあ一番よいのはすでにキープなさっている方に誘っていただくことだと思います。






 

バリスタがハンドドリップで目の前で淹れてくださるので眺めながら待つのも乙なものです。






カップ &ソーサーはヴィンテージのNoritake(確か)だったと思います。










珈琲豆など室温で保存している珈琲店などありますが どうしても風味が落ちて劣化しますので我が家では必ずフリッジに入れてキープしていますがこちらでは徹底して管理なさっていることでしょう。



美味しい珈琲にはクリームもシュガーもいりませぬ。ブラックでいただくのが一番です。

ヴァリュー  フォー マニーかと問われますと 返答にはつまりますが珈琲マニアックな方はこのぐらいお払いしても一度ぐらいはいただいてみたいとお思いになるかもしれません。

現にGINZA SIX内の某珈琲専門店でお勤めの方は GRAND CRU CAFE GINZAで`ゲイシャ’をいただいてみたいと仰っていました。

 

川島良彰さんの珈琲はJAL便でいただいたことがありますが 機上ですから比べるのも何ですね。

主観の相違ですが ある程度美味しい珈琲を気軽にいただくのであればこちら辺りで充分かと思います。




refer:
ミカフェート カフェ & ブラッスリー SENQ 京橋
ミカフェート カフェアンドブラッセリー ヒトツバシ







『食べ歩き』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 【2017年5月18日 閉店】 お... | TOP | 銀座 林屋新兵衛  `酒粕ク... »