京都 洛北の時計師 修理日記

時計修理工房「ヌーベル・パスティーシュ」京都の洛北に展開する時計修理物語。
工房は京都市北区紫竹下竹殿町16だよ!

時計師の京都時間「京都の睡眠」

2016-10-31 09:28:35 | 時計修理

10月31日月曜日。財布の中も仏滅、晴れ渡った青空がなんともまぶしい朝です。
今日はハロウイン。カボチャの夢を見る。
私はカボチャが天敵なのだ!
新幹線の幕の内弁当でハムに見立てたカボチャの天ぷらを食べて以来トラウマになって新幹線で弁当を食べられなくなってしまう。
また天丼の中にカボチャを入れているお店が多いために外食で天丼は食べられない。懐石料理ではカボチャはつきものなのでできるだけ避ける。どうしようもないときはあらかじめ「オヤの遺言でカボチャは食べられない土地柄なのじゃ~!」と伝える。
それほど危険な食べ物なのだ。
カボチャとクサヤのどちらかを選べ!と言われたなら喜んでクサヤを選ぶ!

嫁さんが何とか食べさせようとカボチャ入りのプリン、スープを作ってみるがそのたびに寝込んでしまうため経済的な理由であきらめたようだ。
ハラル料理のようにカボチャを煮た後の調理器具で作った料理は避けてほしいと思う。
今日はハロウインのお化けカボチャの日。おとなしく工房で引きこもりをします。

明日は「古典の日」
京都は古典の街だ。ところが私は理数系で古典は貴重な睡眠時間でした。「春はあけぼの~」と聞いただけでコトンと眠りに落ちそうになる、あの健やかに眠れる時間は楽しい思い出になっています。その祟りが今に来ています。
ミミズが這ったような掛軸の字が読めない。お寺周りでは高い拝観料を払っているのに何となく損をしたような難しい顔と気分で出てくる。

今週は日帰り出張がある。
今回は東京なので楽です。22時に京都を出て翌朝6時に到着するコース。その後新幹線で戻るので午前中には工房に到着しているなんとも便利な夜行バスなのです。出張先から工房までの復路時間は4時間をみています。
市バス9系統が一番の鬼門!呪われたように遅い40分超かかるのがつらい

夜行バス利用なのでアルコールは飲まない。睡眠時間も8時間たっぷり眠れるので日常で一番健康的な時間だ。
運転席の真後ろ三列シートで最悪の3番座席でもぐっすり眠れる特技がある。夜行バスで有利なチビ助、短足なのだ!エコノミー症候群にはかかりにくいのが自慢!
逆に新幹線のぞみは過去の「東京カボチャ」のトラウマ・パニック症状が出て心臓がどきどきする。

東京行きで残念なのが長崎茶碗蒸し。名店「吉宗」が銀座に出店しているそうです。
このお店があく時間にはとっくに新幹線に乗っている時間なのでいけないのだ。やはり東京で一番おいしいのは恵比寿ビールか?

今日の写真はブルガリ・アルミ。
軽くて使いやすいモデルです。危険なのがウラブタのネジ留!対角線上にしっかりと締め上げる技術が難しい。ゆるいと水が入る。片側だけ強く締めても水が入る。
結果は2~3年後に解かるので錆がどこまで浸透しているのかを見てホッとする。
いったんメーカー修理になると6か月間はかかる。へたくその割に時間がかかると思われるので預かった時計屋さんはいい迷惑だ。
じっくりと締め上げてお渡し。電池交換の作業時間は20分、1000円。
「2年後の無事に帰ってくるお祈り付き!」
明日は古典の日。なむなむ無事に戻ってくりくりでおじゃ~なのだ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時計師の京都時間「光の時間」 | トップ | 時計師の京都時間「白袴とロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時計修理」カテゴリの最新記事