京都 洛北の時計師 修理日記

時計修理工房「ヌーベル・パスティーシュ」京都の洛北に展開する時計修理物語。
工房は京都市北区紫竹下竹殿町16だよ!

時計師の京都時間「証明の時間」

2016-10-25 09:12:58 | 時計修理

10月25日火曜日雨の先負。
明日水曜日は出張のため工房は一日お休み。
 今夜京都駅から始まり木曜日早朝に高橋「新福菜館」のそば並を注文したところで旅は終わる。
旅の〆は新福菜館に限るね~。

写真はリト・モラティーノ。私のお気に入りの時計達です。
ウラブタネジの締め方次第で防水性が変わる。対角線上に締め上げていく技術の成果が2年後に解かる。
 ムーブメントを固定するパッキンもグラグラと揺れているようではだめ!
中にはリューズを抜いてパッキンを取りださないと電池の入れ替ができないモデルもある。
機械も一つ一つ違っているので個性的時計を極めます。
このモデルの面倒な修理を嫌う技術者もいます。開けて新しい発見ができるとにかく2年後が楽しみな時計達です。

先日の宴会で京大、同志社、立命館のOB達がそろった。
40年前くらいに同じアパートで暮らした仲間たち。
そろって落ちこぼれ!5回生決定で社会に出遅れた時期、お互い力も夢も耐力も金も学力のなくただ日々を過ごしていました。
「こいつよりまだましだ!」とお互いを利用しながら心が折れないように生きていた。
医者はやはり最後には国家試験も通り卒業できた。弁護士は司法試験を合格、結果私だけ失敗時計師のまま。
それでもそれぞれ何とか生きてきた。

立命館は用心棒、同志社はボーイフレンド、京大と結婚して幸せになるのが女子大生の常識。
失敗例もある。
京大のボーイフレンドを持ち同志社の用心棒で守ってもらい立命館と結婚した。最悪パターンが私の嫁さんだ。
「失敗しても~た。はずれを引いてしもーた!」と最近になってようやく気が付いたようだ。

大学を卒業して40年近くたったのだから都市伝説の証明ができる時間が来ました。
嵐山の渡月橋をカップルが渡ると別れるのはうそ!でした。

京大生と結婚したら幸せになるというのも疑いたい。彼は家庭を顧みない仕事一筋に生きてきた。
「あのな~?新幹線の京都駅でお金をおろそうと思ったら千円しか入っていなかったんや!」待ち合わせの場所で嘆く。「それって通帳を作ったお始めから変わってないんとちゃうか?」
彼の年収2000万円は嫁さんが管理しているという。
彼の現実は労働時間にかけた実質収入・可処分所得はコンビニアルバイトに負けると思う。いつも貧乏だ。
「万が一嫁さん離婚訴訟になるとお前の弁護は無理やね~!」と弁護士まで匙を投げる金銭感覚なのです。生涯夢を見ているような人が多いのも京大生の特徴。
昨日も京大大学院在学中のT君が遊びに来てくれたが同じようなのどかなにおいがします。「京都に京都大学があってよかった!」と優越感に浸ってそう思う。

「同志社ボーイと結婚すると生涯お金に困らない」伝説。
やはり育ちがいいのだ。30歳くらいまで親から仕送りしてもらっていたことをざっくばらんに話す。
私たち5回生クラブが当時の年を越せたのも彼のおかげだ。やはり救い神様は存在する。
企業弁護士で長年生きてきた人とは思えない温厚に見える。そのうち西行法師化して出家してしまうのではないかと心配、どこか子供の部分がある。やはり幾つになってもボーイフレンドなのだ。

立命館大学OBは「ヨブ記」を実践しているような生き方が多い。神様がこれでもか!と試練を与える。「我に艱難辛苦を与えよ!」と願った覚えはないが辛苦の連続。
「さんざんやね~!よくこれで生きてこれたね~。君のスキルの割に悲惨な人生だ」と皆さんから賞賛される。
バンカーOBは財務省にいじめられ続けて都市銀行合併の連続。負け組に入る。
時計師は左遷の最後に会社が倒産!お互い50歳で世間に放り出された!それでもたくましく生き残った。やはり私たちは用心棒なのだ。

新たな都市伝説が加わったという。
デートなら京産大生とでは賀茂川べりに座る。星を見ながらいつまでものんびりした時間がすごせる。寒さに強く忍耐強い。今井食道の鯖煮定食、神馬堂の餅だけで生きていける安上がりだ。

京都の観光地お寺周りでは竜谷大生に限る。実に知識豊富だ。彼らの主食は信長時代からの松風!日持ちがするのでいつでも籠城できるのだ。
初詣にいくとなぜかいつも大吉を引いてくれるメリットがあるそうだ。
深草校舎伝統「深草少将」の末裔なのでデートで遅れてもノンクレーム、ひたすら待たせても可!小野小町気分を堪能できるそうです。決まって99日目で倒れるので要注意!

今日は雨!
佛教大学の女子学生は美人が多い伝説。雨の日は美人が出てくるそうです。雨の日サービス?
今日も混雑したバスで席を譲っているシーンに逢いました。気分がいい!確かに美人が多いのは本当だと思う。

明日は定休日。京都から離れます。
ロレックスGMTを連れて出張です。それではバイバイ!















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時計師の京都時間「京都の値段」 | トップ | 時計師の京都時間「ペンディ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。