京都 洛北の時計師 修理日記

時計修理工房「ヌーベル・パスティーシュ」京都の洛北に展開する時計修理物語。
工房は京都市北区紫竹下竹殿町16だよ!

時計師の京都時間「京のみやび時間」

2017-03-13 09:25:24 | 時計修理

3月13日月曜日。春日大社祭りで大安!
昨日の28回京都車いす駅伝大会は大分チームの優勝!おめでとうございます。
残念ながら故郷長崎県チーム不参加。直前にネットでわかったので応援に出かける気力がなくなってむなしく仕事を続けました。
がっかり!J2京都サンガも福岡に負けた。
満月の月に向かってとぼとぼ歩いているといきなり車の中からお父さん!と声をかけられた。
ビックリしてよく見ると娘の旦那さん。
私も社長さんからバイヤーさんまでいろいろな役職名で呼ばれてきたがお父さんと若い男性から呼ばれたのは初めてでした。
これは感激しますよ~!
みやびな京都時間の瞬間です。娘の旦那さんとなんとなくぎこちない一瞬の会話でも嬉しいものです。

私はみやびな観光旅行の記憶がない。
ほとんどビジネス旅行なので名所旧跡には全く疎いのです。名所旧跡の事を聴かないでください。
金沢兼六園、岡山後楽園も同じそれぞれ4年以上住んでいたが当地の記憶は飲食店など飲み屋の思い出だけ!
マーライオン、トレビの泉、ルーブル美術館など全く知らない。
極寒のバーゼルで宿を探したなど安い宿の危険な思い出だけ!シャワーだけのバスルームに吊るしたカッターシャツの洗濯物が乾かない困った思い出。
ヨーロッパは車社会なのだ。
ラショウードフォンの山道で死にかけた。狭い道で道を譲らない同志の喧嘩などつまらないビジネスシーンでだけの記憶です。
ぼったくり観光地に立ち寄るくらいならとっとと帰ってきた。
これは新福菜館にいって途中の駅前でまずいフレンチレストランに寄るようなものです。
目的の新福菜館でしっかり並とチャーハンを食べて食べたらとっとと帰る。

みやびな観光を楽しみたいのなら京都御所で桜を眺めながら一日ボーっとするか、嵐山で夕日が落ちるまでボーっとする。どちらも無料で最高の観光ができます。特に御所の北にある公園はお勧め!
京都からほかの観光地へ旅行に出かける気合がなくなります。そんなことで統計的に見ても京都人は旅行に行かないのだそうです。

東京へ出張がある場合この時期にはあまり行きたくないので予行バスと新幹線で瞬間ゼロ泊2日の出張!
この日は池波正太郎「梅安」シリーズを連れていきます。
夜行バスで禁酒!酒臭いとほかの乗客に迷惑をかけるので強制的な休肝日。
ひたすら梅安シリーズを読みながら時間を江戸の雰囲気に合わせていきます。

残念ながら私は本に出てくるような江戸のそばを美味しく思った経験がない。
経験上、そばなら岩手の二戸そば、長野の女鳥羽そば、京都のにしんそばなどで払ったお金は惜しくない。
お箸しで三回すくっただけでざるが空になるようではもったいない、悲しい!
梅安で出てくるようなたっぷりしたお腹が膨れる料理は一度も食べたことがない。
やっぱり江戸はエビスビールが最高においしいのだ!

サウジの国王に二戸そばを肴にエビスビールで一杯!こんなパワーランチを食べさせてあげたいね~。

写真はエルメス・ラリー。電池交換1000円税込み。
旧モデルなのでムーブメントはETA。どこかの修理工房で機械を替えた修理が行われていたようで機械にエルメスの刻印がない。一瞬コピーか?とヒヤッとしました。
ユーザーは電池交換の際に(現行のエルメスにはETA社のムーブは使われていないので)機械交換したことを告げてくれるとありがたいよ~。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時計師京都時間「京の満月車... | トップ | 時計師の京都時間「桜の値段?」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。