京都 洛北の時計師 修理日記

時計修理工房「ヌーベル・パスティーシュ」京都の洛北に展開する時計修理物語。
工房は京都市北区紫竹下竹殿町16だよ!

時計師の京都時間「京のいらち時間」

2017-07-31 09:51:23 | 時計修理

8月31日月曜日。愛宕神社千日詣。
旧暦の行事を西暦に戻しているのでこの暑いさなかの山登りはきつい。
また明日は八朔。祇園では芸舞妓さんがお茶屋さんへあいさつに回る日。
稲穂の髪飾りが美しい。ところがこの気温36度も上がる厳しい夏空では甲子園の球児並の我慢がいるでしょう。旧暦の八朔は9月20日お彼岸の日にあたる。これを無理に西暦に合わせる必要があるのか?
この日を境に料亭では秋の装いになる。
「めくら蛇におじず」の話。
私は長崎出身。
京都で学生生活を送ったあいだ数々の失敗がある。「京のぶぶずけ(おちゃずけ)」失敗!
「一見客お断り」「京のおおきに!」「京のドレスコード」などなど京都の都市伝説「失敗部門」のほとんどをこなしてきた。
アホな失敗の思い出が60歳過ぎて時折ぎゃ~と出てくる。

夏の思い出では老舗の料亭へジーンズとTシャツで行ったこと。
事前に予約を入れておいたのだがあっさり断られる。今では当たり前のことですが当時はずいぶん憤慨したものです。
「お客さんすみませんなぁ~うちとこの係の間違いでぇ~!」ということになる。
特に長崎から旅行に来る皆さんはこの夏場ヨロズ気を付けましょう。

昨日神戸の公園でヤマカガシに嚙まれた少年がいた。命はとりとめたが危ないところでした。長崎では川で泳ぐな!と言われています。ダメと言われると行きたくなるのが子供です。泳いでいると目の前を突然蛇が横切っていきました。蛇も泳ぐのです。狭い小川だったので目の前10センチにいる蛇と目が合った瞬間が今でも覚えています。
噛みついたヤマカガシをその場で捕まえた子供さんがすごい!ニュースを聞いてそっちのほうに感心しました。

時計業界に入るとまず「ロンジンとシチズンの電池交換はやめとけ!カルティエのサイズ調整は逃げろ」と注意される。
特にロンジンはウラブタの密閉度が高い。岩牡蠣をお箸で開けるようなものです。
オープナーを剃刀の刃のように研いで準備出来ないと結果大失敗が見えています。
10分ほどで無残に傷だらけになったウラブタが目の前にある。それでも裏蓋は開いていないままだ。
カルティエの5列バンドのサイズ調整が来た。出向先の販売店では自分が売ったものは自分がサイズ調整をすることが暗黙の了解ごと。バラバラになったコマの配置の組み立てが解からず30分ほど固まってしまいました。
「ニューヨークで高級時計がほしかったら5番街を下を見て歩け!時計が落ちている。」
時計バンドのネジは専用の接着剤でゆるみ止めをしないと簡単に落ちる。時計サイズ調整一つでも専門店に行きましょうね!

京都人と時計師は似ている。人が困ったときに知らん顔をします。ところが道案内や作法などを聞いてみるときちんと丁寧に教えてくれる。「もう一遍やってみなはれ!」とダメ押しまでしてくれる。
最初から教えると安易に考えない人がいる。失敗してもあえて自分で考える時間を作っているのでしょう。「京都人は不親切!」なのはいいことだと思う。
ただいまだに新町通りと室町通りを勘違いして「お店が見つからん!」と騒ぐ私はあほだと思います。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時計師の京都時間「京の幻の... | トップ | 時計師の京都時間「京の夕涼み」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。