京都 洛北の時計師 修理日記

時計修理工房「ヌーベル・パスティーシュ」京都の洛北に展開する時計修理物語。
工房は京都市北区紫竹下竹殿町16だよ!

時計師の京都時間「京のヘロヘロ時間」

2017-07-14 09:26:20 | 時計修理

7月14日金曜日。昨夜の蟷螂山です。
今年から提灯も新調されたとか。屋根の上のカマキリ君は今年も元気です。
昨日、人権活動家劉氏がお亡くなりになった。
中国の蟷螂の斧はあっさりと共産党・習近平氏の牛車に潰されたか?

中国共産党一党支配に批判して投獄された劉氏は私とほぼ同じ年齢。それだけに身近に感じます。私も自民党一党支配の日本を批判しても投獄されないだけまだましか?
「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」
勧善懲悪の逆、勧悪懲善の安倍政権と官僚支配の日本。栄転佐川氏が高笑いしている姿が目に見えるようです。
蟷螂山のカマキリ君に願いを込めて祇園祭を楽しみましょう。

油天神山。これから飾り付けが始まる風景のネイキッド山は木組みに松だけでも十分美しい。
山鉾の周りにタンクトップにショートパンツのよれよれ姿の外国人がうろついていました。
祇園祭りは地元の住民にとっては祭事なのだ。もうちょっとましな恰好ができないものか?晴れ着を着て来い!とは言わないまでも亡者の行進のような外人には来てほしくない人たちである。

写真はショパール。
材料がすべてスイス製なので安心なのだ。ネジ1本でも強度が足りない中国製では触るだけで不安になる。ネジ山がコロッととれる瞬間は心臓に悪いものです。
リューズはカンヌキ状で引っ張り出す手法なのだがスイス製なので真っ直ぐ上げると折れる心配はない。15分と10年で終了!特に電池交換だけなのでメーカーへ送ることもなかった。

明日は宵宵山。
16日(日)の宵山は当番のため工房は午後からお休みします。
終日休む予定でしたが何とか午前中だけは営業して仕事を進めないとね~。次第に預かり修理品が増えると焦ってきます。
8月に入るとお墓掃除の為4,5日の連休をとります。
8且9日の原爆投下記念日前に掃除帰省になります。何かとお休みが多い月になりますがよろしくご理解のほどお願いいたします。
雄犬が鎖を噛みちぎってでも飛び出すように長崎出身の時計師はこの日は何があっても帰省するのじゃ~!
自分が自由であるためにやるべきことはやっておきましょうね~!







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時計師の京都時間「京の裏時間」 | トップ | 時計師の京都時間「渦の中時間」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。