ちょっと気になる世間のこと、自分のこと

人生イロイロ、人それぞれ。
気になるアレコレ自己満備忘録。^^

一部だけ

2016年10月11日 | 気になる世間
「ああだったらよかったのに」
「私が本当に望んでいたのは
あっちだった」などと考え...
いまの自分の生き方を
失敗、敗北だと考えると
たとえいいこと、うれしいことがあっても
目に入らなくなるので、ますます
「私はみじめ」という思いが強まることになる。

この連鎖を断ち切るには、
どうしたらよいのか。
だれかを「うらやましい」と思った時に、
「私が目にしているのはその人の一部だけ」
と自分に言い聞かせることだろう。

(50代になって気づいた人生で大切なこと、香山リカ)



香山リカさんの
"だれかを「うらやましい」と思った時に、
「私が目にしているのはその人の一部だけ」"
という言葉について考えさせられる。

リアルな社会にかぎらず、SNSなど
ある程度「見せたいように」見せられます。

それだけに目を奪われると、
相手が自分と同じ人間だということを
忘れてしまう時すらあります。(°Д°)

苦しいこと、悲しいこと、うまくいかないこと、
みんなたくさん抱えているんだってことを。

見せられていることと、見えないことと
どちらも見える目をもっているはずなんですが...(´▽`*)
ジャンル:
きいて!きいて!
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嘘をつかずに実を貫かんとす... | TOP | 失敗を覚悟すると、心は軽くなる »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。