PassionCool

奈良のお水取りが終わらない
と暖かくならない と おぼえています。

であいだ大切

2017-05-05 11:39:07 | 日記


助けた鶴があろうことか金目の物をもって逃げようとしている。
爺さまが詰め寄る。

「やい鶴!恩返ししろ!」
「うるせぇ、オレはサギだ!」

ツービートの名作漫才の一節である。

世の中いつの時代もこの手の話はなくならないようだ。

2月のことである。

某有名なオークションサイト??仮にそ濾水器hkの名を「ヤホオク」としておこう。

かくいう僕も、頻繁ではないが時折欲しいものを見つけては落札しては平和的な交渉の末、普段はなかなか手に入らない珍品を手にして楽しんでいた。

今回、僕は、とある人気ミュージシャンのライブチケットに手を出した。

もちろん、この手の商品は転売目的のものも多く、割高になるのは覚悟のうえ、それでも正規のルートでの抽選に3回連続で外れたため、逡巡の末入札を決心したわけなのだ、価格は約1.5倍といったところ。

「まぁ、多少割高は仕方ないか??」

即決で落札し出品者と交渉に入る。

何度かのメールのやり取りは、文面も丁寧で特に疑うこともなく入金する、あとは商品が届くのを待つだけである。


さて??懸命で推察力に優れた読者の方ならおそらく続きが予想できたはずであろう。


「ご名答!」 

「犯人はこの中にいる!」 

(名探偵風に??)


ご推察の通りチケットは送られてこなかったのである!!

これを世の中では「サギ」というらしい。

毎日流れる振り込み詐欺のニュースを見るたびに

「なんで騙されるかな?」と不思議に思っていたが、いざ自分が騙されてみ搬屋公司收費ると何ともかっこが悪い。

某都知事の騒動の中で使われた「ブーメラン」という言葉を思い出す。

心の中で思っていただけではあるがそれでも「プチブーメラン」をくらった気分である。

怒り心頭なのは言うまでもないが、ここはひとつ冷静に分析し、またこうして書くことによって同じような被害者を一人でも減らせればと願う。

僕がだまされた理由ランキング!

第3位 システムの勉強不足!!

今回初めて知ったのは「ヤホオク」特有のシステムである。

出品者とのやり取りは「取引ナビ」といツールを通じて行う、僕も今回このナビの指示に従って入札金額を振り込んだ。
ところが、この記録120日経つとすべてが消されてしまうのである!

アホな僕は未来永劫いつでもこのナビを使えば相手と連絡が取れると高をくくっていたのである。

ライブ開催の直前期になり、チケット送付の確認を取ろうとすると、一切の記録がない!

相手と連絡の取りようがないのだ、このナビにはメールのやり取りの中で相手の振込先などの情報がすべて記されてあったため、「いざとなればここをみればいいや」と考え、紙ベースの振り込み記録を全て捨ててしまっていたのである。

これは自業自得というべきか、何と危機管理の甘いことか???

第2位 怪しさに気づかず

出品者とのやり取りの中で確か記憶によるとこんな内容があった。

「チケットは開催の1週間前に手に入るのでその時に送ります」

よく考えれば怪しいことこのうえない、なぜなら、オークションに写真が添付されているのだ。ならば、この文言はうそになる。すぐに送ればいいではないか!この違和感に気づかなかったわけである。

入札が2月だから6月には記録が消えて、追跡が困難になることを見越しての「直前送付」ということなのだろう、こんな簡単なからくりを見抜けなかったのだ。

第1位 疑うことをしなかった!

今までに何度も取引を行ったが、ただの一度もトラブルがなく、みな「ナイス」な出品者ばかりったのである。僕の頭の中には性善説が根を下ろし、「悪い人なんてめったにいないよねー」という先入観があったのだ。

これは、現在のネット社会においては危機管理としてもリテラシーとしても幼稚園レベルなのかもしれない。人間は過去に何度も安全な道を通っていると次に訪れる道も安全だと信じてしまうのだ??

しかし、それにしても「詐欺師」は許せない!

金銭的に損をした悔しさはもちろん、半年も前から楽しみにしていた「夢」までも踏魚肝油 dhaみにじるその行いは天誅ものである。

世の高齢者をだます一連の詐欺も本当に憎むべき犯罪だ、一人の人間が汗水流して稼なお金を、働きもせずに口先一つでだましとるなど言語道断である。

僕が裁判長なら「懲役2万年」もしくは「サウナ風呂に禁固1年」さらには

 同じクラスにU君という友達がいた。
 U君はイケメンでちょっぴり大人っぽく女の子に抜群の人気があった。
 でも、彼は決してモテ男の嫌味な人ではなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生に死に心の奥 | トップ | 自信きるなら »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。