チャイコフスキー庵 Tchaikovskian

有性生殖生物の定めなる必要死、高知能生物たるヒトのパッション(音楽・お修辞・エンタメ・苦楽・群・遺伝子)。

「オークスのゾロメ開催は2枠式馬券術/第77回優駿牝馬(東京競馬)」

2016年05月22日 16時03分14秒 | ケイ・バー(馬券の皮を剥いじゃうわよン
【予告された表彰プレゼンターおよび馬券検討のすじみち】
本日の予告されたゲスト・表彰式プレゼンターはいないことである。前回、
同様だったのは、先週のヴィクトリアマイルのときで、その結果は、
[7枠-5枠-7枠]
だったことである。いっぽう、前回、
5月22日に優駿牝馬が行われたのは2011年のことで、その結果は、
[2枠-8枠-6枠](18頭)
だったことである。7枠への配慮を忘れてはならないことである。また、
ゾロメ開催(44回、55回、66回)と、5月22日開催は、
その第44回開催以降は2枠が勝ってることである。

【結果】
(1着)2枠03番シンハライト号(池添謙一騎手/石坂正厩舎)
(2着)7枠13番チェッキーノ号(戸崎圭太騎手/藤沢和雄厩舎)
(3着)7枠14番ビッシュ号(ミルコ・デムーロ騎手/鹿戸雄一厩舎)

【我が馬券】
03番の単勝1点、の1点勝負。
的中(配当2.0倍)で、低配当ながら一点張りだったので、
けっこうなプラスになったことである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加