ホーニージェル狂潮嬌娃最安値|女性用媚薬

ホーニージェル狂潮嬌娃は女性性冷淡、性反應遅鈍、強女性性渇望、性的快感、 性機能改善などの効果がある。

『サザエさんの脱線奥様』

2017-01-04 14:43:19 | ニュース
月いちのお楽しみ、江利チエミ版サザエさんシリーズの第7作。
ふたりっきりの新婚生活を楽しんでいたサザエさんだったが、ある日、マスオさんが関西出張に出かけてしまった。

催淫カプセル
ひとりでは、つまんない。
ところが、マスオさんの出張が長引いてしまった。
それならばと、サザエさんは大阪のおじさんとおばさんのところで、少しの間やっかいになることにした。
そこへ、マスオさんが勤める会社の専務が、娘さんのお見合いのために大阪にやって来た。
なんと、サザエさんのおじさん夫婦がお見合いの世話人だった。
見合いに乗り気でない娘さんは、旧知の間柄であるサザエさんに相談するのだったが・・・・

前作に続いて、今作にも雪村いづみが専務の娘さん役で客演していた。
彼女の見合い相手である大店(おおだな)のぼんぼんが宝田明だった。
というわけで、どんな展開になるのか、おおよその見当がついてしまう。
巨根カプセル
第1作目からずっと見てきたが、サザエさんとマスオさんの恋愛模様を描く2作目あたりまでは、ドラマ的な要素が強かったが、この7作目になると、まるで「シャボン玉ホリデー」みたいなバラエティ番組だ。
つまり、5分間ぐらいのコントが積み重なってストーリーが展開して行くのだが、その合間に江利チエミや雪村いづみや宝田明の歌がはさまるという作りになっている。
これはこれで、トントンと映画が進んでいくので、ダレずに見ることができた。
自宅でビール片手に、ニコニコしながらのんびりと見るには最適の1本だ。

舞台が大阪ということで、当時の人気テレビ番組「番頭はんと丁稚どん」のメンバーが登場する。
芦屋雁之助と小雁に茶川一郎、そして大村崑。
懐かしいというより、自分でもすっかり忘れていたことが、突然目の前に現れたので、思わず「うわぁ~」と、声を上げてしまった

来月はいよいよタラちゃんが生まれるみたいだ。
中国精力剤
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 部屋。 | トップ | 巨人杉内、復活に手応え »

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。