Joe Pass Memorial Hall 日本語ページ

ジョー・パスに関する話題や、自分の身近な話題を掲載していくつもりです

将棋

2017年06月17日 | 日記

中学3年のプロ棋士、藤井聡太君の快進撃が止まらない。

今日の一戦は、ライブで棋譜が見れるサイトが有ったので初めて生観戦した。

分からない内に藤井君ペースになってしまう。東大の藤岡・学生チャンピオンが段々と追い込まれるや否や、飛車を切りガンガンと攻めが続く。

ブロ棋士として勝率1.000、もちろんいつかは負ける訳だが、プロ棋士となってからの連勝記録は27、次はプロ棋士の連勝記録・歴代1位になるかも知れない、澤田6段との一戦が21日に控える。

この澤田さんとは一度戦って勝っているが、終盤の大逆転で勝利を収めている。

今度の再戦では、どんな戦いになるのだろうか?

ふと、大好きな升田幸三(プロ棋士を退き3年目)と小池重明(真剣師にして、当時アマ・チャンピン2連覇)の戦いを思い出し、久々に棋譜・観戦記を読み返した。

升田さんの時代には、なにか真剣試合に挑む駆け引き、気合いみたいなものを感じるのだが、現代ではコンピューターの解析による、冷徹な理詰めの戦いの様に感じる。

はたして、もし升田幸三絶頂期に、藤井聡太君がまみえる事があったら、どんな戦いになるのだろう?等と思ってしまう。

ちなみに、升田さんはプロを退いた後、若き羽生さん(たしか15才とか)と対戦し、勝っている。

しかし、将棋ではなく囲碁で(笑

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑くなったり、寒くなったり | トップ | 将棋#2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。