NTT退職者の会神奈川の会員による愛好サークルです
パソコンサークル



前回9月28日の勉強会で、文書を見やすく修正するには、5つの基本設定があることを勉強しました。
さらに、それに加え、インデント字下げや、行頭に記号または番号をふることによって、よりみやすく
中身が明確になるなど、習得できたと思います。
今回の勉強会では、文章の仕上げ、1枚のページに収める工夫を勉強しましょう。

今回のポイントは

【part2】では、POINT1~POINT4までを一つに纒2段組みを利用して1画面の重要な役割をになう。
それでも1枚には収まりきらず、文面を全て選択し、インデント行間隔から「1ページの行数を指定時に
文字を行グリット線に合わせる」チェックを解除すれば、可なり行間が詰まります。


2ページにまたがる文章


段組みの組み合わせ


グリット線に合わせるを解除する方法


完成図です


 真剣に取り組む様子
 
 皆さん難しい顔をしています
 
 今回の講師役の大内さん





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ペイントを使... 屋根千のお散... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。