Niwa niha Hana (庭には花)

お花を中心に自然の写真をパチリ。昆虫もいますよ。

5/25 夏の花の苗を買いました

2017年05月27日 | Myガーデン:花物語
駅前の花屋さんで、夏の花の苗を見てると欲しくなっちゃった。
昨日買ったのは、5つ

大好きなニチニチソウは、ピンクの濃淡の花


ペチュニアを2種と黄色い花の 計3種


ピンクのアサガオ (巨大輪 曙) 




めも:2017/05/25 CX2 で撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思いがけずフウセンカズラが芽を出す

2017年05月27日 | Myガーデン:花物語
5月の連休明けにアサガオの種を準備しました。
一緒に、数年前のフウセンカズラの種も植えようかなと
でも この種は去年も全く芽が出なかったのよね。
まぁ ダメ元ってことで。
 


数日 水につけたけれど、フウセンカズラは変化なし・・・。


それでも アサガオが芽生えた時に、
まとめて種まきの土をいれたポットに植えておきました。


今日、ポットのアサガオを 鉢に植え替えようと見たら
アサガオ2つに、何やら違うのが2つ。
よく見ると フウセンカズラです。

ラッキー! (うれしすぎて写真撮るの忘れました)

うまくいけば フウセンカズラは 丈も高く茂るので
専用の鉢に植えますね。


双葉に 種の殻がついていますよ。かわいい!


左の鉢は、フウセンカズラの芽2つ
右の鉢は苗を買った巨大花アサガオと種から芽生えたアサガオ2つ

並べて 大きさ比べ o(*'o'*)o


めも:2017/05/27 CX2 で撮影


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アサガオの種まき:2017

2017年05月24日 | Myガーデン:花物語
今年も グリーンカーテン作戦 スタート。

5/9 まずは、去年収穫したアサガオの種を 水につけて 少しふやかします。

おまけに 数年前のフウセンカズラの種も。(これは、芽は出ないと思います。)


めも:2017/05/09 CX2 で撮影


5/15 一週間たちました。根?が黒っぽくなっているのがあります。
途中で水切れさせちゃったからかも、ゴメン。


左端の種は、元気そう。

めも:2017/05/15 CX2 で撮影


この後、プランターに 移植します。

 ⇒ Myブログ:グリーンカーテン プロジェクトだよ
 ⇒ Myブログ:2016年の 「アサガオ」で緑のカーテン シリーズ
 ⇒ Myブログ:2016年の 「ごーや」で緑のカーテン シリーズ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウツギの花と蕾

2017年05月22日 | マンションの庭3月~5月
マンションの中庭に、ウツギの花と蕾。
毎年咲くので、もうそろそろと思っていました。

ウツギ(空木) ウノハナ(卯の花)の きれいな白い花。








めも:2017/05/14 CX2 で撮影

通りかかったおばあちゃまに、教えてあげると
♪ うのなはの~ ♪ と口ずさみ 楽しそう。

ウツギ(空木)学名:Deutzia crenata アジサイ科または、ユキノシタ科・ウツギ属 花期 5~7月
日本原産の落葉低木。 ウノハナ(卯の花)とも呼ばれる。
 萼や花柄に毛が多い。
 花糸両側の翼の先端は長く伸びずフラットであるのが姫空木と異なるところ
 
ヒメウツギ(姫空木) ユキノシタ科・ウツギ属 日本原産 花期 4~5月
 矮性種で白色の小花を円錐状に沢山つける。花糸の両側に翼があり先端が長く伸びるのが特徴
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 エリア2:ヘビイチゴの赤い実

2017年05月21日 | GCの花壇3月~5月
5/14 エリア2


ひょろっと伸びた茎に白い花は、ハタケニラ



黄色い花が咲いていた ヘビイチゴ に 真っ赤な実がなっています。



めも:2017/05/14 CX2 で撮影


2017年4月24日 ヘビイチゴの黄色い花


ハタケニラ(畑韮、学名:Nothoscordum gracile)はネギ亜科ステゴビル属の常緑多年草である。
名前に「ニラ(韮)」とある通りニラに似るが、別種である。
比較的最近帰化した北アメリカ原産の帰化植物で、道端などに急激に繁殖が拡大している.

ヘビイチゴ(蛇苺、学名:Potentilla hebiichigo)は、バラ科キジムシロ属の多年草。
ヘビイチゴ、ヤブヘビイチゴは、赤い実がなりますが、美味しくないそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 エリア1N:つるバラがきれい

2017年05月21日 | GCの花壇3月~5月
5/14 ガーデニングクラブの作業日
エリア1Nでも、一部の花が抜かれ、土が再生中。





入り口のミニバラとヒメツルソバ。



中に入るとバンマツリの紫色の花。





バックヤード(エリア1E)から移植された アブチロンド アブチロンドワーフレッド



フェンスには 蔓バラの白い花。








きれいな花には、とげがあります。



めも:2017/05/14 CX2 で撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牡丹(ボタン)の実 発見!

2017年05月20日 | GCの花壇3月~5月
この前の日曜に作業をしてすっかりきれいになったエリア7Wの花壇


季節ごとに植え替える草花の後方には、牡丹(ボタン) があります。



ガーデニングクラブの人から、面白いものを見たとお知らせがありました。
行ってみると・・・ ボタンの花後が 実になっています。



例年は、花が散ったら早めに摘み取ってしまっていたのでしょう。
こんな状態を見るのは初めて!



こっちにも!


葉っぱの陰に

めも:2017/05/16 CX2 で撮影

今年の牡丹の花もみてね。 ⇒ Myブログ:4/24 ボタンの花が咲きましたよ


これまでに見た花後の様子

 ⇒ Myブログ:4/27 牡丹の花はきれい、シベも面白い 2016年04月27日
 

 ⇒ Myブログ:5/1 牡丹の花と花後 2014年05月01日
  


秋になると 真っ黒な実になり、中から種が採れるそうです。
種をまいたら育つのかしら?
牡丹の育て方を調べても、苗や接ぎ木のことばかり。
やっと、種からでも育てられるという情報がありました。

 → 牡丹の種が出来てしまいました。この種から育てる方法を教えてください。

でも・・・、うまく育っても 花が咲くまでには 6年~12,3年とか。
気の遠くなるような話ですね。
  えっ、先輩 やってみるんですか!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 エリア3 紫色の花

2017年05月19日 | GCの花壇3月~5月
5/14 ガーデニングクラブの作業日
エリア3もリニューアル。

しっとりした紫色の花が咲いています。



クレマチス





ムラサキツユクサ





ギボウシ





植え替えをした ミヤコワスレ








めも:2017/05/14 CX2 で撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 エリア4:ユキノシタの花とギボウシの葉

2017年05月18日 | GCの花壇3月~5月
5/14はガーデニングクラブの作業日

エリア4の一角は、すっかり花が抜かれ 夏花壇の準備です。


カットされた花。



一面の緑。これまでの主役は シクラメンとクリスマスローズでしたが、


今は ギボウシ(ホスタ)のさまざまの葉が、面白い!





ユキノシタ も花を咲かせています。






ヤブランの新芽もきれいですね。


めも:2017/05/14 CX2 で撮影

ギボウシ(ホスタ) キジカクシ科 / ギボウシ属(ホスタ属)
他の植物が育ちにくい日陰で元気に育ち、美しい葉や花を楽しめるギボウシ。
グランドカバーや寄せ植えなど、活用の仕方もさまざまです。
冬は葉が枯れて、少し寂しくなってしまいますが、春になるとまた新芽をふいて楽しませてくれます。
ギボウシ(ホスタ)とは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版

ユキノシタ(雪の下、学名:Saxifraga stolonifera)はユキノシタ科ユキノシタ属の植物。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月の作業:花壇の縁の補修や植え替え

2017年05月17日 | GCのイベントや作業
5/14 日曜は、母の日。 
朝から ガーデニングクラブの作業日。

エリア6 花壇の縁にレンガを積んで補修します。





エリア3 では、鉢植えのミヤコワスレを 地植えにします。

鉢植えで ずっと花壇を彩っていました。


地面に穴を掘って


植えつけます。


出来上がり!



エリア1では、地植えのオリーブの木を抜いて、鉢植えにします。

オリーブの木が 届きました。


鉢に 赤玉土を入れて、


腐葉土を入れます。


さらに、培養土を入れたら、


混ぜ合わせて、


植え付けです。


完成しました!



ヤブラン の植え替えもしました。


めも:2017/05/14 CX2 で撮影

ミヤコワスレ ~ ミヤマヨメナ Aster savatieri は、シオン属のキク科植物。
春に開花する数少ない野菊の一つである。
園芸植物としてよく知られるミヤコワスレは本種の園芸品である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加