Niwa niha Hana (庭には花)

Myガーデン(ベランダ)や花壇の花たちの写真です。

4/19 ビバーナム・ティヌスが、咲きました。

2017年04月19日 | GCの花壇3月~5月
エリア5の、寄せ植え鉢。

長いこと小さな蕾だった「ビバーナム・ティヌス」が、ついに咲きました。










隣に咲いているのは、ワスレナグサ





スーパーアリッサムも咲き始めたよ。


めも:2017/04/19 CX2 で撮影


ビバーナム・ティヌス Viburnum tinus  レンプクソウ科(スイカズラ科)ガマズミ属(ウィブルヌム)属
  流通名 トキワガマズミ、ビバーナム

参考 
・ トキワガマズミ ティヌス(白花、青実) ~ 京都扇グリーン
・ ビバーナム・ティヌス ~ フラワーガーデン戸谷
・ ビバーナムのデータ ~ 新・花と緑の詳しい図鑑
・ ガマズミ(ウィブルヌム、ビブルナム)属の仲間

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ビバーナムのデータ

学名:Viburnum (ビバーナム、ビブルヌム、ウィブルヌム、ビブルナム)
科名:レンプクソウ科 (スイカズラ科)
分類:常緑低木・落葉低木
原産地:東アジア、南ヨーロッパほか原産
大きさ:背丈60~300cm 横幅50~250cm
主な見所:花(4~5月) 花色:白

ビバーナムの特徴

ビバーナム(Viburnum)の種類は多岐にわたり、日本の山野にみられるガマズミ(V.dilatatum)やオオデマリ(V.plicatum)なども含まれますが、
単にビバーナムと言った場合、ガーデニングではそれらを省いて ティヌスやダヴィディー、カールセファーラム(香り大輪ガマズミ)などの外国産種を指すことが多いです。
3種とも、とても丈夫な種類で、管理次第ではコンパクトにまとまり、特にティヌスやダヴィディーは日照不足にも強いので、都会の狭い庭や北側の庭にも植えられる花木です。
実際、植木市場などではよく販売されています。しかし、よい和名や流通名が与えられておらず、それほど知名度はありません。

・ ティヌス(V tinus):南ヨーロッパ原産。常緑低木で大きくても2m程度。ピンクのつぼみから白い花が咲きます。秋には青紫の実がつきます。

・ ダヴィディー(V davidii):東アジア原産。常緑低木で1m内外と、ティヌスよりかなり小さくまとまります。花は白、実は青紫でほかの2種よりもどちらも小さいです
  どちらかといえば玄人向けで派手さはありません

・ カールセファーラム(別名:香り大輪ガマズミ 園芸種):落葉低木で、放任すれば3m程度とやや大きくなります。ピンクのつぼみから白花が咲きます。
  花は大きくオオデマリなみによく目立ちます。
 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

調べる途中で 大丁子莢迷(オオチョウジガマズミ) というのを知りました。

大丁子莢迷(オオチョウジガマズミ) 学名:Viburnum carlesii レンプクソウ科 (スイカズラ科) ガマズミ属の落葉低木。
自生種は長崎県の対馬にのみ分布する。(絶滅危惧種)
花はよい香りがする。 
 → チョウジガマズミ - Wikipedia
 新しいAPG植物分類体系ではガマズミ属は、ニワトコ属とともに、スイカズラ科からレンプクソウ科に移されている[4]。
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4/15 ハナカイドウ、ドウダン... | トップ | 4/19 シダレザクラの花と葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。