Niwa niha Hana (庭には花)

Myガーデン(ベランダ)や花壇の花たちの写真です。

5/22 バンマツリが香る花壇

2017年05月23日 | GCの花壇3月~5月
最近、バンマツリ を植えているのをよく見かけるようになりました。

白と紫の花が咲き乱れ、とってもいい香りが漂います。

エリア1Nにも 数年前から バンマツリが咲いています。







植え替えられた クチナシ にも一つ花が咲いています。
こちらもいい香りですね。




アブチロン 「アブチロンドワーフレッド」 は花の数が増えましたよ。




めも:2017/05/22 SW001SH で撮影

バンマツリ (番茉莉) ナス科 または ニオイバンマツリ

クチナシ(梔子、巵子、支子、学名: Gardenia jasminoides) アカネ科クチナシ属の常緑低木

アブチロン  アオイ科 イチビ属 (アブチロン属) 園芸種 
園芸種なので 花の色は様々あるようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/16 牡丹(ボタン)の実 発見!

2017年05月18日 | GCの花壇3月~5月
この前の日曜に作業をしてすっかりきれいになったエリア7Wの花壇


季節ごとに植え替える草花の後方には、牡丹(ボタン) があります。



ガーデニングクラブの人から、面白いものを見たとお知らせがありました。
行ってみると・・・ ボタンの花後が 実になっています。



例年は、花が散ったら早めに摘み取ってしまっていたのでしょう。
こんな状態を見るのは初めて!



こっちにも!


葉っぱの陰に

めも:2017/05/16 CX2 で撮影

今年の牡丹の花もみてね。 ⇒ Myブログ:4/24 ボタンの花が咲きましたよ


これまでに見た花後の様子

 ⇒ Myブログ:4/27 牡丹の花はきれい、シベも面白い 2016年04月27日
 

 ⇒ Myブログ:5/1 牡丹の花と花後 2014年05月01日
  


秋になると 真っ黒な実になり、中から種が採れるそうです。
種をまいたら育つのかしら?
牡丹の育て方を調べても、苗や接ぎ木のことばかり。
やっと、種からでも育てられるという情報がありました。

 → 牡丹の種が出来てしまいました。この種から育てる方法を教えてください。

でも・・・、うまく育っても 花が咲くまでには 6年~12,3年とか。
気の遠くなるような話ですね。
  えっ、先輩 やってみるんですか!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 エリア4:ユキノシタの花とギボウシの葉

2017年05月15日 | GCの花壇3月~5月
5/14はガーデニングクラブの作業日

エリア4の一角は、すっかり花が抜かれ 夏花壇の準備です。


カットされた花。



一面の緑。これまでの主役は シクラメンとクリスマスローズでしたが、


今は ギボウシ(ホスタ)のさまざまの葉が、面白い!





ユキノシタ も花を咲かせています。






ヤブランの新芽もきれいですね。


めも:2017/05/14 CX2 で撮影

ギボウシ(ホスタ) キジカクシ科 / ギボウシ属(ホスタ属)
他の植物が育ちにくい日陰で元気に育ち、美しい葉や花を楽しめるギボウシ。
グランドカバーや寄せ植えなど、活用の仕方もさまざまです。
冬は葉が枯れて、少し寂しくなってしまいますが、春になるとまた新芽をふいて楽しませてくれます。
ギボウシ(ホスタ)とは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版

ユキノシタ(雪の下、学名:Saxifraga stolonifera)はユキノシタ科ユキノシタ属の植物。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 エリア1N:つるバラがきれい

2017年05月15日 | GCの花壇3月~5月
5/14 ガーデニングクラブの作業日
エリア1Nでも、一部の花が抜かれ、土が再生中。





入り口のミニバラとヒメツルソバ。



中に入るとバンマツリの紫色の花。





バックヤード(エリア1E)から移植された アブチロンド アブチロンドワーフレッド



フェンスには 蔓バラの白い花。








きれいな花には、とげがあります。



めも:2017/05/14 CX2 で撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 エリア2:ヘビイチゴの赤い実

2017年05月15日 | GCの花壇3月~5月
5/14 エリア2


ひょろっと伸びた茎に白い花は、ハタケニラ



黄色い花が咲いていた ヘビイチゴ に 真っ赤な実がなっています。



めも:2017/05/14 CX2 で撮影


2017年4月24日 ヘビイチゴの黄色い花


ハタケニラ(畑韮、学名:Nothoscordum gracile)はネギ亜科ステゴビル属の常緑多年草である。
名前に「ニラ(韮)」とある通りニラに似るが、別種である。
比較的最近帰化した北アメリカ原産の帰化植物で、道端などに急激に繁殖が拡大している.

ヘビイチゴ(蛇苺、学名:Potentilla hebiichigo)は、バラ科キジムシロ属の多年草。
ヘビイチゴ、ヤブヘビイチゴは、赤い実がなりますが、美味しくないそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 エリア1Sにオリーブ

2017年05月15日 | GCの花壇3月~5月
5/14 ガーデニングクラブの作業日。

エリア1Sに新しく仲間入りしたのは、オリーブの鉢。
こちらも見てね ⇒ Myブログ:5月の作業:花壇の縁の補修や植え替え

2鉢並びました。後ろには クンシランの花。



これまであったオリーブの寄せ植え鉢。


花の蕾



シラー・ペルビアナ の紫の花





めも:2017/05/14 CX2 で撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14 エリア3 紫色の花

2017年05月15日 | GCの花壇3月~5月
5/14 ガーデニングクラブの作業日
エリア3もリニューアル。

しっとりした紫色の花が咲いています。



クレマチス





ムラサキツユクサ





ギボウシ





植え替えをした ミヤコワスレ








めも:2017/05/14 CX2 で撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/14作業日のエリア7:ハツユキカズラの花

2017年05月14日 | GCの花壇3月~5月
5/14(日) ガーデニングクラブの作業日
エリア7Wは、植えていた花を全部抜き
土を入れ替えて再生します。



ちょっと寂しいので、鉢を置きました。



エリア7E

アリッサムが元気なので、ストックだけ抜いたとのこと。


ハツユキカズラが咲いている! と教えてもらい パ・チ・リ


葉もきれいですが、花もかわいい


クスノキの幹を這っています。


その手前には、マーガレット


向こうには、カラーの花です。






ズームで見てみましょう!


めも:2017/05/14 CX2 で撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウイークのエリア2:ジュウニヒトエ

2017年05月07日 | GCの花壇3月~5月
 ゴールデンウイークのエリア2

ジュウニヒトエ が咲いています。

斑入りの葉は、西洋ジュウニヒトエでしょうか。











めも:2017/05/06 CX2 で撮影

ジュウニヒトエ シソ科キランソウ属 多年草
西洋ジュウニヒトエ、斑入りアジュガ、西洋キランソウ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウイークのエリア3:ミヤコワスレ

2017年05月06日 | GCの花壇3月~5月
連休も後半、エリア3を訪れました。

ミヤコワスレ の花、紫の濃淡が なんだか シックですね。













オトメギク 宿根ブラキカム



めも:2017/05/06 CX2 で撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加