パソカレッジ市原教室ブログ ~毎日の生活にワクワクを提供します~

教室の活動や生徒さんの作品発表・毎日をワクワクできるような情報をお知らせします。

GW営業日のお知らせ

2017年04月24日 | お知らせ
やっと暖かい日が続くようになり、勉強に行楽に良い季節になりましたね

5月1日と2日にお休みを取られる方は最大9連休の大型GWという方も多いのではないでしょうか

<GW中の営業日のお知らせ>

パソカレッジ市原教室は暦通りの営業となります。

下記の期間はGW休業とさせて頂きます。

4月29日(土)~ 4月30日(日)

 5月3日(水)~ 5月7日(日)

※ 5月1日(月)、5月2日(火)は通常営業となります。

※ 5月8日(月)より通常営業となります。


ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します


超初心者から資格取得まで
個別指導・ノートパソコン持込OK!
やりたいことが何でもできます       パソカレッジ市原教室


今、大注目の習い事
「ロボットプログラミング教室」
無料体験実施中です。         エジソンアカデミーパソカレッジ市原教室







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリミングに最高☆

2017年04月17日 | ペット
我が家では、基本的にワンコのトリミングは自宅でやっています

トリミングの最大の悩みが終わったあと洋服が毛だらけになってしまうこと

何か良い商品がないか?と色々探したところ

ついに見つけました

掃除機に接続してトリミングができるバリカン



カットした毛がそのまま掃除機の中へ

毛を吸いながらカットするのでワンコの体に沿ってカットすれば毛の長さも均一

しかも、最大の悩みだった洋服に毛が付くこともまったくなし

家の中でもカットができそうです

更に、カットしたあとワンコの毛がリビングでフワフワ飛ぶこともなく最高の商品

メーカーの回し者ではありませんが、本当に良いアイデア商品だと実感しました(笑)






こんな感じで今までで一番綺麗にカットできました

ワンコは疲れたみたいで完全ダウンでした(笑)








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プログラミング教育とは

2017年03月31日 | ロボットプログラミン...
昨年の10月からスタートした「ロボットプログラミング教室」についてお話ししたいと思います。

(スクラッチを使ったプログラミング教室は以前から行っていました。)



「プログラミング」という言葉を聞くだけで、

まず、思い浮かぶのは「難しい・無理」ですよね


実際、私も「プログラミングの教室(開講)をやりませんか?」

とお話を頂いた時は難しくて無理でしょ。と思いました(笑)


何故かというと、プログラミングとは「C言語」や「COBOL」など

英文でソースコードを打ち込み作りあげていかなければならないという先入観年があったからです

しかし、お話しを頂いたプログラミングはスクラッチを基に作られた

ブロックを組み合わせていくだけで簡単にプログラミングができるというものでした。

これなら小さなお子さんでもできるし、私がやっても楽しいということでスタートしました。



最近、国をあげて取り組もうということで

盛んにテレビや新聞・ラジオなどでも取り上げられている「プログラミング教育」の重要性ですが、


プログラマーを育てようというものではありません。


プログラミング思考を身に付けましょう。というものです。


では、プログラミング思考とはどういうものなのでしょう。


人対人の場合「暗黙の了解」(そんなこと言わなくてもわかるよね)が通用しますよね。

プログラミングに「暗黙の了解」は通用しません。

朝日新聞が出版している「AERA」の特集内容から簡単な例をあげて説明しますね。

( 例 1 )

女の子が母親から「洋服を着なさい」と言われました。

すると、女の子はパジャマの上にワンピースを着てしまいました。

なぜでしょう?

「パジャマを脱ぐ」という指示がなかったからです


( 例 2 )

ブーツを買おうと思っているとき。

「暖かそうだけど高いAというブーツ」

「少し安くておしゃれだけど寒そうなBというブーツ」

どちらを買おうか迷っていた場合

まず、「ブーツを買う目的」を確認します。

暖かさのためなのか、おしゃれのためなのか。

次に「履ける期間」を考えます。

Aのブーツなら11月から3月まで履ける。

Bはかわいいけど1月・2月は寒すぎて履けない。

価格を履ける期間で割れば、1日当たりのコストが出せ

どちらを買った方が良いのかクリアにわかります


( 例 3 )

これはプログラマーの間で知られる有名なジョークですが、

「牛乳を一つ、買ってきてちょうだい。卵があったら、六つお願い」

こう頼まれたら、プログラマーは牛乳だけ6パック買ってきてしまう。というものです。

この「お願い」をプログラマー的に解釈すると、

「卵があった場合」「卵がなかった場合」と条件を分岐し

パターンを分け「いくつ牛乳を買うか」を指示したものととらえます。


「卵がなければ牛乳は1パックでいいけれど、卵があったら牛乳は6パック買う」ととらえます。

本当は、「牛乳1パック、卵を6個買ってきて」というおつかいですよね。


実際、日頃の生活でも思い当たることありますよね(笑)


「部下に頼んだ仕事が、意図したようにあがってこない。」良くあることですよね。

これは、解釈にズレが生じてしまうことが原因になっています



このように、頭の中にモヤッとした考えを論理的にまとめて伝えていくということを

一番シャープにやらないといけないのがプログラミングです。

そうしなければコンピューターは正しく動いてくれません。

同じように人間を厳密に動かしたいと思った場合、コンピューター的に考えて指示を出すことが有効になります。


現在、急激に社会とITの関係、そして仕事のあり方はどんどん変わっていきます。

今後求められる能力(「考え」「悩み」「解決する」)をプログラミング教育を通じ身に付け

どのような職業でも必要な自分で解決できる能力を養いましょうというものです




これからの時代を生き抜く子供達に必要な能力を身に付けるお手伝いになることがパソカレッジ市原教室の思いです




<無料体験実施中>

ロボットプログラミング教室の体験は、営業時間内で随時行っております。

体験教室は保護者の方もお子さんと一緒にご参加できます。

ご参加希望の方は、お電話またはメールにてご予約ください。

電話:0436-63-3683

E-mail:paso.ichihara@gmail.com

ロボットプログラミングHP : エジソンアカデミーパソカレッジ市原教室



超初心者から資格取得まで
個別指導・ノートパソコン持込OK!
やりたいことがなんでもできます!    パソカレッジ市原教室














































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロボットプログラミング(ライントレースカー及びオルゴールカー)

2017年03月13日 | ロボットプログラミン...
今回は、赤外線フォトリフレクタを使ったライントレースカーとオルゴールカーの紹介です。

まず、最初に作ったのが「停止線で止まる自動車」

黒いライン上に来たときの赤外線フォトリフレクタの値を調べ自動車をストップさせます。




次は、黒い枠から出ない自動車です。

停止線で止まる自動車のプログラミグを改造して黒い線の上で回転するようにし、黒い枠から出ない自動車を作りました。




そしてついに、ライントレースカーの作成に入ります。

ライントレースカーとは太く黒い線の上(正確には黒と白の枠線上)にそって自動車を動かします。

赤外線フォトリフレクタの値を調べながら、黒い線の上では、左に曲がり、

白い線の上では右に曲がるというプログラムを作って行きます。





発展学習として、ライントレースカーに赤と緑のLEDを取り付け、ラインの色に反応して光るプログラムを作りました。

線の外では赤色、線の上では緑色のLEDが光るようにしてみました。




このあと、画用紙にマジックで自由に黒い線を描き動かして遊びました。

ここからは、「レベルアップミッション」にチャレンジ

バーコードの上をメロディーを奏でながら走るオルゴールカーを作りました。

片側のDCモーターだけを動かし、円形のバーコードの上を走らせます。

赤外線フォトリフレクタが黒の上にあるときだけ音鳴らしメロディーを作っていきます。

今回は、「きらきら星」のメロディーを作りました。





難しそうに思えるかも知れませんが、

一つ一つ段階を経てプログラミングを組み立てていくことで子供達の理解力もついてきます。

さらに、テキストだけでなく秘密兵器を駆使したレッスン内容で確実にプログラミングを覚えられるレッスンを行っています(笑)


そろそろ春休みに入ります。

この機会に是非、プログラミング教室の無料体験を受けてみてください。



ロボットプログラミング教室の体験は、営業時間内で随時行っております。

体験教室は保護者の方もお子さんと一緒にご参加できます。

ご参加希望の方は、お電話またはメールにてご予約ください。

電話:0436-63-3683

E-mail:paso.ichihara@gmail.com

ロボットプログラミングHP : エジソンアカデミーパソカレッジ市原教室



超初心者から資格取得まで
個別指導・ノートパソコン持込OK!
やりたいことがなんでもできます!    パソカレッジ市原教室




































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学習指導要領改訂案

2017年02月15日 | ロボットプログラミン...
今朝(2月15日)の朝日新聞に「学習指導要領改訂案」が掲載されました。

これからの学校教育がどのように変わっていくのか?

この記事を読むとわかります。

各教科の方向性が示されている中で特に目についたのが

「英語教育」及び「プログラミング教育」で

グローバル化社会に対応するために必要な教育と位置づけています。

この記事に伴い千葉版のページには「小学生プログラミングに挑む」という記事が掲載されていました。



当教室でも取り組んでいる「プログラミング教育」

各地で研修や体験が行われるようになってきているようです。

ただ、問題は教える先生が不足しているという面です

英語教育及びプログラミング教育が新たに導入されるということは

教える先生の負担が増えるとともに、

どう教えたらいいのかわからないという声もすでにあがっています。

さらに、教える先生によってスキルの違いが出てくるという面です。

このような不安を払拭しきちんと身に付くようにするためには

塾や民間の教育機関に通うのが一番です。

パソカレッジ市原教室では、ロボットを使ったプログラミング教室を開講しています。

ブロックを使ってロボットを作成することで

頭の中のイメージをそのまま形にすることができるため、

ゼロからモノを生み出す力、オリジナリティあふれる作品を作成する創造力を養い

さらに、作ったロボットを自分が思ったように動かすにはどうしたら良いのか

「悩み」「考え」「解決する」力を養います。

パソカレッジ市原教室では、プログラミング教育を通じ

子供達がこれからの社会に対応できるようお手伝いできればと思っています。



<無料体験実施中>

ロボットプログラミング教室の体験は、営業時間内で随時行っております。

体験教室は保護者の方もお子さんと一緒にご参加できます。

ご参加希望の方は、お電話またはメールにてご予約ください。

電話:0436-63-3683

E-mail:paso.ichihara@gmail.com

ロボットプログラミングHP : エジソンアカデミーパソカレッジ市原教室



超初心者から資格取得まで
個別指導・ノートパソコン持込OK!
やりたいことがなんでもできます!    パソカレッジ市原教室














コメント
この記事をはてなブックマークに追加