ぱまるな生活

Pas mal・・・悪くないね♪そう、人生そんなに悪くない。じぇんぬ的日々の心情日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アラスカ紀行:その2 ~オーロラからのメッセージは!?~

2005-02-17 22:47:47 | Monologue(ひとりごと)
アラスカでの滞在は4泊。つまり、4回夜があり=オーロラを観るチャンスがある。

<2月12日-13日>
オーロラ鑑賞初日。この日はフェアバンクスのSKILANDというスキー場へ。160名ものツアー客が同じ防寒着をまとい、暗闇の中では誰が誰だかさっぱり分からない。一緒にいったグループの仲間ともはぐれ、一人で山の斜面に座りオーロラを待つことに。こんなに人がいるのになんだかすごく孤独。オーロラを観るってこんなに孤独なものなのだろうか。

星がキレイに出てる・・・オーロラが出そうな予感。

月が沈み、より際立つ満天の星空を眺めながら孤独感を忘れかけたころ出た。オーロラが。
白い光を放ちながら、変化を続ける。波打つオーロラからは「強さ」を、ゆるい光を放つときには「優しさ」を、すぐに変わってしまうところには「はかなさ」を、これがオーロラの神秘だろうか。なかなか一言では表現できない。

<2月13日-14日>
同じくSKILANDにて。今日はそれほど人が多くない。気温も昨日に比べると高い。待合小屋にいると暑くてしょうがない。外に出て涼むことに。空は星も見えず曇りっぱなし。雪も降ってきた。今日はもう無理かも。
午前1時30分ごろ、あともう少しで帰る・・・という段階でオーロラが出た。また白い光。昨日よりもさらに弱い。まるで天から光が降り注ぐような柔らかい縦長の光が空には現れた。

オーロラを初めて観た人間は、不安に襲われるような暗闇に突然現れた光を観て、きっと安心感を抱いたのだろう、と思わせるような穏やかなオーロラだった。

<2月14日-15日>
今日はフランス人が経営するというロッジにて。ロケーションは最高。人も少ないし、静かな森の中。

これで出れば素敵だろうなー。

この日も星が出ない雲の厚い空。仲間と一緒に夜の森の中をお散歩。足音が響く。他に音はない。
静寂さの中、ひたすら歩いた。みんな何を思いながら歩いていたのだろう。童話の世界にありがちな光景だった。

オーロラ・・・

結局出なかった。(翌日、ホテルに戻った後に出たとの話も。ツアーだと時間が限られているので見逃すことも多いのか。残念!!)
オーロラは観れなくても、素敵なロッジでいい体験ができて満足☆

<2月15日-16日>
色の付いたオーロラを観たい。期待が膨らむ。今日はチェナ・ホット・スプリングスにて。
オーロラ予報はアクティブ。いい感じ。
午前3時まで待機所で粘ったけど、雲は厚く、雪は降り・・・でオーロラは出そうにない。

だめか・・・

午前5時に帰国のためホテルを出ないといけないので、今日は徹夜だ。
荷物のパッキングをして準備が整ってきた頃、午前4時過ぎ、外が騒がしい。

もしかして、オーロラ!?

慌てて外に飛び出す。自分の真上には緑色の光が波打っていた。

やった☆緑色のオーロラだ。

曇り空の合間を縫って、さまざまに変化しながら広範囲に渡ってオーロラが出ている。
帰る直前にこんなにキレイなオーロラが出てくれた。

>オーロラに魅せられて帰れないでしょ。
>また違ったオーロラを観にきてね。
>日本に帰っても頑張ってね。観えないところにいるけど、何かの時には思い出して。

オーロラはどんなメッセージを投げかけているのだろう。
自分は、日本に帰っても頑張れ!!とのエールと受け取った。戻ってからの日常の日々に向けてパワーをもらった。

=同じように観えるオーロラは2つとない=

それは、オーロラが違うのか、観ている自分が成長していくからなのか・・・
再びこの地を訪れることを誓った。

最後の最後にいいことあるじゃん。‘C'est Cool!!’
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラスカ紀行:その1 ~犬... | トップ | アラスカ紀行:その3 ~極... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一番乗り! (さとゆき)
2005-02-18 09:13:35
わーい!一番乗りのコメントだー☆じぇんぬ、じぇんぬが一緒にいてくれて、楽しい旅でした。ありがとう。物静かな雰囲気のじぇんぬだけど、私のハードなアクティブプランに大乗りで賛同してくれてとっても心強かったわ(^^)帰国直後にブログまで作成してしまうなんて凄い・・!!でも、実は私もね、オーロラからもらったエネルギーが身体に残っているうちに・・と思って、その日のうちに天然石でネックレスを作ってきました。ぴったりの色はなかったからオーロラグリーンは入っていないけど、オーロラをイメージしながらつくったよ♪今度、見てね。私は次回は、丘の上で焚き火をしながらオーロラを眺めたいです。また、一緒に行けるよう願ってる今日はゆkっくり休んでねー
ネックレス見た~い (じぇんぬ)
2005-02-18 11:38:47
さとゆき、初コメントありがとう☆(^○^)☆

そうなの~私は好奇心旺盛なくせに、自分からあれをやりたい、これをやりたいというのがあまり出てこない便乗タイプなので、今回さとゆきが犬ぞり、スノーシュー・・・と提案してくれて、「これは実行するっきゃない!!」とノリノリにテンションあがってましたた♪

犬ぞりでの粘り強い交渉には本当に感謝。おかげですごくいい経験ができました。



オーロラをイメージした天然石のネックレス、見たい、見たい。

自分と同じタイミングで、さとゆきもオーロラから受けたものを形に表していた・・・って、なんかすごく感動しました。この通じている感覚。ステキ。



また、焚き火をしながらオーロラを眺めに行きましょ。また、ノリノリにテンションあがってきました
Unknown (リトルカズオ)
2005-02-20 00:44:39
さっきオーロラネタで「赤坂日記」アップしました

でもなぜかトラバできなかった(;;)ので、直リンしました

そうそう、さっそくブックマークしてくれてありがとう

また楽しいネタ期待してまする

では
赤坂日記 (じぇんぬ)
2005-02-20 23:59:08
リトルさん、見ましたよ。赤坂日記のオーロラの話。



お母様、そのようなことがあったなんて・・・

オーロラが与えるものは感動とプラスのエネルギーだけではない、

という事実は衝撃的ですが、それを知ることはとれも大事なことのようにも思います。



オーロラが単にキレイなものではなく、何かを秘めているように感じたのはそのためかも知れません。
いやいや決して (リトルカズオ)
2005-02-21 00:19:39
ネガティブなことではないんです。

母もオーロラに感動し生きていることに喜びを感じたに違いないのですから。オーロラに罪は無いのです。ただ母がオーロラを見たかった。これがすべてです。

命はいつか尽きるのです。私は、母は命を縮めたかもしれないけれども精一杯生きたことは間違いないと思うのです。だから危険を承知でアラスカへ行ったのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL