ぱまるな生活

Pas mal・・・悪くないね♪そう、人生そんなに悪くない。じぇんぬ的日々の心情日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なんでなんだろう

2007-03-24 12:13:14 | Boulot(仕事)
仕事でのできごと。
交渉をする際に、先方と話しているうち段々ヒートアップしてくる。
直球で熱弁を振るってしまい、ふと冗談を言ったり、先方の要求をかわしたりする
そんな場を和ませるような変化球が投げられない。

いつも終わってから、「いかんな~」と反省。

こちらの熱意、誠意はきっと伝わっているのだろう。
でも、もっといい交渉の進め方があるはず。
結果オーライでも、これではしんどい。
交渉術、学ばないとかなーもしくは、これは経験に由来するものなのかなー
ビジネススクールでこういう講義ないかしらん??
コメント (14)   トラックバック (1)

営業の極意

2007-03-21 02:17:50 | Boulot(仕事)
今日、上司と評価のための面談をした。

2006年度は本当に大変だったと思う。
正直慣れるのに苦労しただろうし、慣れたと思ったらまた新しいことも出てきて。

来期は自分らしいところを全面に出して頑張って・・・

ぱまるさんは、まだ腹黒いか、悪人か、判断付きません。
でも、営業は腹黒さとか悪人であることが必要なのです。

ほ~ここに営業の極意があるのか。
今まで腹黒さなんて仕事の上で意識したことがなかった。
でも、この言葉こそ悪いが、これはあながち外れていない。

どうしても顧客とは利害は一致しない。
そんな中で、いかにうまく自分の思う通りにことを運ぶか。
お客さんが快く受けてくれるように促すか。
→これは「腹黒い」

ちょっと頑張って腹黒くなろうか・・・
どうやらそれが営業を続けていくか、間接部門に動くかの
ポイントらしい。

・・・これもあながち外れているとはいえないな。

その中で、私は腹黒くも誠実でいきたい。

それって可能??

<余談>
部署の同僚がドイツに駐在が決まり、担当していたシンガポール、オーストラリア
の担当が回ってきた。
お~目標が現実のものに!!
こんなに早く実現するとは。

コメント

2月27日 もうすぐ1年

2007-02-27 21:33:43 | Boulot(仕事)
営業になり、もうすぐ1年になる。
4月に異動になり、前任者の仕事を引き継ぎ
10月にベテラン営業マンが隣の部署の人と入れ替わった。
異動してしまったベテラン営業マンの国内での主要大きなユーザーを引き継いだ。
用途が同じ顧客をいくつか担当するようになり市場テーマを持つようになる。
これまで漠然としていたユーザーとの情報交換がより具体的なものとなり
モチベーションも上がった。

一方で、値上げ、在庫削減による供給遅れの事態などユーザーとの衝突も体験した。
しかも、なぜか自分が担当しているユーザーで起こることが多かった。
生産調整するために、どちらの優先順位を高くするかなど自分の顧客を天秤にかける
ことに近いようなこともあった。
このような厳しい状況もなんとか乗り越え、また、そこから多くのことを学んだ。

①自分の担当しているユーザーの立場に立てるのは自分だけ
→玉を供給できなくなった時のこと、社内では生産もプロダクトマネージャーも
 自社の都合を当然考える。ユーザーの都合を主張する、向こうの立場に立って
 モノを言うのは担当している自分しかいない。

②お客様は神様??
→ユーザーの都合に合わせて、その場をうまく切り抜けても社内で対応不可と決まって
 しまうと結局ユーザーに迷惑をかけてしまう。ユーザーからの期待度が大きい程、
 オオゴトになる。大変でも、ユーザーと利害が反する場合でも逃げずに今期良く対応
 することが結果的にはいい方向に向かう。

③新マーケティング理論?…5P
 Product,Price,Place,PromotionにPersonを加えた5P。業種にも因るのかも
 しれないが、製品として差別化できているような強みもあり、価格もそこそこ、
 物流面でも国内メーカーとしてのクイックデリバリーなどのメリット、プロモーション
 …ここはハテナ?? でも、競合と変わらないはず。そんな中で、何故か売れないこと
 がある。逆に、競合の方が安い価格を提示していても選んでもらえることもある。
 そこには、やはり人と人とのやり取りが関係していると思う。しかも、結構要素として は大きい気がする。

そして、また、ベテラン部員の海外赴任が決まった。彼の担当していたユーザーを
一部引き継ぐこともありうる。
気が付けば、この1年で自分が部署の中でも経験のある方に位置付けられてきている。
自分の自覚が追いつかない。マイペースは許されないようだ。

この1年、本当に早かった。
コメント (3)

10月3日 築地集合 at 6:00

2006-10-07 23:06:05 | Fait(できごと)
外に出たのは5時、辺りは暗かった。
6時に築地だったら、この時間に出ないと間に合わない。
ちなみに、これは朝の話。

なんと、平日にも関わらず朝6時に築地に集まって市場の場内にある
お店でお寿司を食べてから出勤するというプランに乗っかってしまった・・・
<朝の早起きには自信があるけど、朝からお寿司はきびし~かも>
珍しく会社の仲間とのこんなアホっぽい企画。食べられるかどうかを考える前に
まぁ、とにかく参加しておこう、といつもの軽いノリでOKしてしたのだ。
<いつもこのノリで後悔するんだよね。でも逆に、この軽いノリでいろんな経験を
してこれたのだ。>

これには更におまけが。寝坊して行かなかった場合は、みんなのお寿司代を
奢らないといけないのだ。

6時10分前に築地へ着いた。やった、一番乗り☆
場内を少し歩き回って、狭いお寿司屋さんに入った。おまかせコースで。
最初にオオトロ、続いてウニ。ん~とろけるぅ。
<実はウニは好きではなかった。でも、この臭みの全くないウニは別物だった>
どのぐらい食べただろう。
朝からお寿司なんてムリなんて心配するに及ばなかった。
お腹いっぱい。朝からゴージャス☆とご機嫌で会社へ行ったのでした。


ところが・・・
ご機嫌なはずが、段々お腹が重くなってきた。胃にもたれてきたみたい。
<もうムリのできないお年頃??>
お昼は食欲もなく。
でも、午後から名古屋に行かないといけない。ん~体調悪い。
しんどいな~

今週はこの日の無謀なチャレンジのおかげで、ずっとなんか体調が優れなかった。
この3連休で回復しないとね。
コメント (2)

経験値

2006-10-01 00:32:31 | Boulot(仕事)
あ~今日で9月が終わるが今週はホントハードだった。
同じ部署に長くいた人が異動になるため、顧客への挨拶回りなど
引継ぎがあったため。
自分自身が異動で現在の部署に変わってきて半年、担当顧客にも慣れ
どのようなグレードのものが出ているのかも分かってきた頃、また
新しく引き継ぐことをしている。
<なかなかのんびりさせてくれない・・・当たり前か。>

これまで担当してきた顧客とまた違う分野の顧客を持つことになったことも
新しいチャレンジでいいと思う、なんて。
以前に比べても、プレッシャーを感じて自分自身を追い詰めないように
うまく精神面をコントロールできるようになった
<でも、今週は精神面でもすっごく疲れた。まだまだ必死だな>

それから、引継ぎってすごくいいチャンスなのだ。何故か・・・
それは、前任者と一緒に顧客を訪問する。前任者の対応の仕方を目の当たりにする。
営業は(営業に限らずだと思うけど)十人十色。みんな自分流を経験のなかで、
それこそトライ&エラーで見つけていく。これが経験値なのだろう。
私は、前の仕事では自信を持てるぐらいの経験値を積んできたが、この営業では
経験値は半年。まだまだピヨピヨのひよこちゃんだ
でも、入社年次を考えると、周りは結果を出すのを待ってはくれないだろう。
それなりに形にしていかないといけない。

そんな中で、他の人のやり方を見て、盗んで、学ぶのは経験値をそのまま
分けてもらうのに等しく、非常に有効だと思う。

今回引き継ぎをしている前任者は非常にCSを重視する人。
お客様のために・・・という意識から、カスタマイズされている部分が非常に多い。
<おかげで引き継ぎはたいへ~ん!!>

私は、どちらかと言うと製品のバリューを認めてもらえるところに販売を
していけばよいのではないかと思っていた。あまり、顧客に振り回されるべきでは
ないと・・・それは、自社製品の評価が過小になるのがイヤだから。ん~許せないからだと言ってもいいだろうか。

でも、前任者と顧客を訪問していく中で、前任者のポリシーに共感するところも
多々あり、少し考え方も変わってきた。
更に自分の担当をしている顧客と触れ合う中で、お互いによいソリューションを
見つけることがやりがいを感じるポイントなのではないかと思い始めている。

=> 我が道を行く
コメント (2)

こんな日は・・・

2006-09-18 10:04:25 | Monologue(ひとりごと)
朝から台風の影響で外はすごい雨
こんな日は、久々に家でのんびりしたい。

なんだか、朝起きるのが最近ちょっとツライ。
今までがおかしいと言われればそうなのかもしれないが、
5時や5時30分にパシッと目が覚めていたのに
目覚ましで目が覚めても体が妙にだるくてなかなか起きられない。
<単純に疲れているだけなのかな??>
そんなこともあって、今日は買い物に行くつもりだったけど
家で部屋を片付けたりしよーかな?

でも、まずは昨日もらったオリンピックの馬場馬術と障害競技DVDを
観よう

こんな日もぱまるだね。
コメント

交渉人

2006-09-15 21:05:47 | Boulot(仕事)
初めての価格改定の交渉・・・

今まで価格交渉と言えば、値切る方。今は値上げをお願いする方。
随分と違うものだ。
でも、なんだかこの必殺仕事人のような感じ、まだ楽しんで取り組める。
どうやって交渉を続行させようか・・・
相手のペースに乗って、お客様の意向を聞いてみようか・・・
>試行錯誤で話をしつつ、まだまだ想像のつかないリアクションに驚くことも。

なかでも、間に入っている商社が話も聞かないで
「そんなのムリ!!」って反応をするのはムカツク。
そんな態度を取るのならば、正直なところ商社の存在価値がない。
>ただ、こんなあからさまな態度を取るのは二流だと思う。決して交渉上手ではない。
 一番のクセモノは、売り手には値上げする素振りを見せて、買い手には
 価格を上げるなんてムリですよね~と相手を理解する態度を見せるなど
 両方にいい顔をする人なのだろう。価格交渉は長引くと売り手も買い手も疲れて
 しまって、最後適当なところで・・・なんて気持ちになるだろうから。

他に、自分が管理部門にいた弊害も・・・
値上げ幅の話をする時に、マーケットの状況よりも何よりも、コスト(原価)が
一番気になってしまう。そこで、原価から判断してこのぐらいの価格で販売しないと
かなり厳しいから、それには○円上げて~なんて言っていたら、過去最高の
値上げ幅を目指そうとしていることになってしまい・・・無謀な挑戦に。
>それでお客様に怒鳴られても、死ぬわけではないし~取り合えず提示してみようか
 なんて楽観的に考えるのはよくないのだろうか。その背景にはちゃんとした
 値上げ根拠がもちろんあるから言えるのだけど・・・
 だいたい、値上げというものは深く考えたところで妙案など
 浮かばないのである。運と粘り強さ・・・なんて。 
 
と言いながら、既に別件でお客様を激怒させ、怒鳴られた経験アリ。
でも、その後は何故か以前よりもフランクな関係が築けている気がする。
おかげでいろんなことを学んだ。
不思議と怒鳴られて以降、変に顧客に対してオドオドしなくなったし
しっかりと売り手の立場を主張し話が出来るようになったと思う。
今でも、怒らせたのは交渉下手だと思うけど、自分のポリシーと言ったことは
間違っていないし、それは相手にも伝わっていると思うのだった。

一人前の交渉人になるには、まだまだ修行が必要そうだ。

コメント (2)

パワー充電

2006-08-29 12:32:56 | Camarade(仲間)
4月以降、仕事の不安をずっと抱えていた。
あまり例のない間接部門から営業への異動、営業のいろはも分からないところから
早く慣れないといけないとの焦り、本当に自分に営業ができるのかとの自信喪失・・・
プラス思考だと思っていた自分のはずが、どうもマイナス方向に考えがちだった。

昨日は仲間がイギリスへ留学するので壮行会があった。
最近、忙しかったのもあるが、凹んでいてパワフルにアクティブに活動している
みんなに会うのが怖かったのも正直あったかもしれない、しばらく集まりには
顔を出せていなかった。しかし、今回はこれから新しいことにチャレンジする
仲間の勇気と行動に感動して、絶対応援したいと思ったので迷わず参加することにした。

久々にみんなに会って、新しい道を進む人、夢・目標をしっかり持っている人
みんなの状況も変わっているみたい。
できないかも知れないとか、やる前から不安を抱いてしまうとうまく行かなくなる
という話、すごく励みになった。
ツライ時は魂が学んでいるんだという考え方、そう考えることでどんな状況も
受け止められる気がした。

そう言えば、部署異動でいろいろあったけど、負のスパイラルに入らずに
楽天的に捉え、今までよりも自分なりにうまく消化してこれたのは仲間に出会って
一緒に山に登ってきたこと、考え方を共有してこれたことが影響している気がした。
自分も知らないうちに変わっていたんだ。

そして、昨日、またみんなからパワーをもらった。


コメント (3)

浅草散策

2006-05-29 00:35:03 | Fait(できごと)
今日は朝早くに家を出て午前中で乗馬を終わりにして、
一度家に帰ってきてから浅草へ散策に。
<家に帰って来たら、ちょうどTVで日本ダービーをやっていたので
思わず観てしまった。決して競馬はやらないが、馬が走っている姿は
なんか感動する>

浅草では、前に書いたカジュアルディナーの場所をチェックすることが
一番の目的。観光案内は仲見世と浅草寺でいいかな??なんて思っている。

<実は、浅草はビギナー。雷門に行ったのは今日で2回目^^;>

浅草を歩いて思うことは、確かに観光地化しているのかもしれないが
奥が深い街だな~ということ。おもしろそうなお店がたくさんある。
浅草寺までの行きで焼きたてのおせんべいを食べながら歩き、
雷門への帰りは揚げ饅頭をほおばりながら歩いていた。
<本当はお行儀悪いが、このような場所では、それがまた楽しさを増長させるのだ>

あ~食事するところを捜さなくちゃ。といいつつ、実は既に本やネットでかなり
絞り込んでいた。
<ぺじさん、もんじゃのアイデアありがとう☆会社の先輩もお好み焼きは
外国人はOKな味なのだそうです>
・てんぷら
・すきやき
・お好み焼き
この3つが定番のところだろうか。
ピックアップしたお店を訪ねては、店員さんに話を聞いた。これは単なる情報収集では
なく、店員さんの態度やどれだけ顧客対応に慣れているかをチェックするため。
ネット社会になっても、ここだけは自分が行かないと分からないところだよね♪
何軒か回るとおもしろいように、お店によって対応が違う。
その他は、テーブル席があるか、個室があるのか、お店の雰囲気。
下町になると老舗でもお店の雰囲気が思ったものと違う場合もあるかな~とこれは
私の推測。

これらのチェックポイントを抑えてくれたのが、
大黒屋天麩羅
浅草今半(オレンジ通り店・・・ここは今半でもちょっとカジュアル系)
すき焼ちんや
(お好み焼きは、4名以上が同じテーブルにつくのが難しい&お座敷席になってしまう
難点を抱えあえなく断念)

帰りの電車の中で、自分なら何が食べたいかなーなんて思いながら「ちんや」の
パンフレットを眺めていた。すると、たまたま隣に座っていた(戦前生まれの)おじい様
に声をかけられた。「ちんや」は老舗だからいいぞーと。
<私もできれば「ちんや」で食べたいと思っていたところだよ、おじいさん♪>

そんな感じで捜していて一つ思った。

<カジュアルディナーの定義ってなんだ??
予算は?雰囲気はどこまでカジュアルでいいのか?>

気付くの遅(おそ)!!

コメント (5)

初リフレクソロジー

2006-05-27 21:01:17 | Affaire(関心事)
今週は外出続きで足が疲れてパンパンに
それだけが理由ではなく、今度海外の顧客が夫人同伴で
来日し、奥様のアテンドを仰せつかったため、疲れが取れてリラックスできる
ような施設も調査しておこうと思って行ってみた・・・

<どこに??>

そう、リフレクソロジーです

最初にフットバスでクルミ入りのスクラブでマッサージ♪
その後、足の裏をクリームでツボ押し。さらにオイルで膝下を
リンパマッサージ。アロマの香りもあって、すごいリラックスできました。
ゴキゲン
今日の香りは、レインフォーレストなんだって。
雨降りにちなんで選んだって、なかなか洒落ている。レインフォーレストの香りも
好きだし☆本来雨の日はすごく嫌いなんだけど、こんな楽しい演出をしてくれるなら
なかなかいいもんだな~ってちょっと見直した。
最後着替えて、ペパーミントティーとリラックスできる香りをブレンドした
温かいおしぼりが出てきた。個室だったので、居酒屋にいるおじさん顔負けで
おしぼりで手を拭くだけではおさまらず、腕をまくり上げてヒジから下まで
拭いてしまった。ん~気持ちいい♪

場所はTOKIAだったので、そのままTOKIAを散策
1FにVIRONというBoulangerie(パン屋)を見つけた。
お店の雰囲気もすごくフランスのビストロ風だったので、思わず中に・・・
ケースの中を見ると、並んでいるものもフランスのパン屋さんで見る
サンドイッチやケーキ類だった。
このサンドイッチはどれだけ本物に近いのか・・・興味本位で食べてみたくなった。
持って帰って食べるつもりで買おうと思ったら、意外にもスタンディングではあるが
併設しているレストランのバーカウンターで食べれるという。
私が頼んだのは、定番のJambon、Fromage(ハムとチーズ)のサンドイッチ。

<感想は・・・>

一口食べて10年程前の記憶が~ちょっと大げさだか、パン、ハム、チーズ、バター
全てを取ってみても本場と遜色ない。バターって脇役でしかないけど、これが違うと
全体の味がかなり変わる。今までも、日本でいろんなサンドイッチを食べたが
ここまで総合的に近いものは初めてかな!?
<これで、普通にスーパーで売っているバターを使っていたら笑えるなぁ

帰りには、丸善で浅草のガイドブックを。その外国人を浅草に連れて行って、
カジュアルディナーをセッティングしないといけないの。
先方はローカルフーズを希望しているけど、何がいいのかなー
これからプランを練らないと。

<オススメがあれば是非教えて下さ~いm(_ _)m>
コメント (2)