→→→ 移転先はこちら ←←←

■=== ブログをご覧になるうえでの注意点 ===■
2013年3月20日より以前の記事(一部除く)は、ブログデザイン変更の影響で、色文字が見えにくくなっています。
あしからず、ご了承ください。範囲選択をすると、見えやすくなります。
2014年4月1日より、価格は全て「税別価格」に統一して表記しています。
2014年3月より以前の記事で書かれている「税込価格」については、全て”5%税込”であることをご理解ください。







珍道中!!ポールの大冒険
対応ハード : Wii(Wiiウェア)
開発・配信元 : セガ
配信開始日 : 2009/01/27
配信価格 : 500Wiiポイント(=500円)
ジャンル : おバカアクション(ギャグベンチャー)
プレイ人数 : 1人
CERO : B(12才以上対象)
備考 : クラシックコントローラ対応・ゲームキューブコントローラ対応
使用ブロック数 : 215ブロック


●さらわれた恋人を助けるアクションゲームのはずが…何かがおかしい?
今作は、どこかで見たことがあるような、ファミコン風横スクロールアクションゲームです。
主人公のポールは、密猟者にさらわれた恋人シャロンを助けるために、銃を持って冒険に出発するわけですが…行く先には、様々な「ネタ」がしこまれています。


●操作方法
今作は、Wiiリモコン横持ち・クラシックコントローラ・ゲームキューブコントローラの3タイプでプレイできます。
今回は、Wiiリモコン横持ちで紹介します。

十字ボタン…ポールの移動
2ボタン…ジャンプ
1ボタン…銃で攻撃

ステージ中にある銃のアイテムを取ると、パワーアップします。
1つ取ると、遠くまで弾が届くようになり、2つ目を取ると、3方向に弾を撃ちます。

操作は以上!


●ステージ中に隠された「ネタ」
基本的には、ステージの一番奥にある城までたどり着くとクリアとなって、次のステージに進むわけなんですが、道中には、明らかにおかしい現象?があります。それが「ネタ」です。

「ネタ」を見つけると、画面上にテロップが表示され、同時にボイスでツッコミが入ります。「ネタ」は全部で100種類あり、最初から見える状態にあるものもあれば、特定の条件を満たさないと見られないものもあるみたいです。
(※このテロップ表示とツッコミのボイスは、設定でOFFにすることもできます。また、ツッコミのボイスはWiiリモコンから流すこともできます)

ちなみに、従来のスクロールアクションと同じで、敵に触れてしまうと1ミスで、残機がなくなるとゲームオーバーです。


◆partygameの評価◆…59点(100点満点)
なんか…中途半端かも

500円だから別にいい…とも思いつつ、何となくコンセプトを活かしきれていないような気がします。コンセプトというのはもちろん、「ネタ」のことです。
ネタの中には、もちろん面白いものもたくさんあるんですが、逆に冷めてしまうものもあったり…。そこはまあ好き好きで、全てのネタが笑えるほど相性のいい人もいないとは思います。


とはいえ、それでも疑問に感じることが2つありまして…。
まず1つは、CEROがBになった原因だと思われるネタがいくつかあったんですが…私個人的には「CEROをBにするほど必要あったのか?」と思えるネタでした。何というか、いわゆる某動画ではネタになるでしょうが、1人相手では確実に冷めると思ったわけです。具体的に言うとネタバレになるので言いませんが、何というか…違うと思いました。

そもそも…ネタをコンセプトにすること自体はいいと思っていた反面で、ゲームをプレイする1人に対してネタを仕込んで笑わせるのは、かなり難しいことだろうな~とも思っていたわけです。漫才とかは、お客さんが笑えばそれなりにつられて笑えるところもありますが、1人相手だとそうはいきませんからね。
で、案の定といいますか…漫才っぽいテイストになっているので、複数人で遊べばまだいけるかもしれませんが、1人相手でこのスタイルは通用しにくいと思いました。

もう1つは、一定時間操作を受け付けなくなるネタがあることです。
このゲームは、ごくごく単純なアクションゲームです。だからこそ、勝手に動けなくなることが非常にイライラしてしまいます。ネタ発見時のテロップとボイスはOFFにできると紹介しましたが…最初にこれをOFFにしてプレイすると、フリーズした?と思うわけです。
それは何というか…ネタとしてもアクションゲームとしても非常にテンポが悪いのでは?と思ったわけです。ましてや、一回見たことがある内容だと余計にイライラしますし…結果としてネタも面白くなかったりすると、余計に蛇足に思うわけです。


2周目が難しくなるなどの特典もありますが、個人的には1周したら「もういいや」と思っちゃいました(笑)
まあ500円でネタを買ったと思えば全然いいかもしれませんが、「ネタ」というコンセプトが完全には活かしきれていない気はしました。

とはいえ、面白いところは面白いですし、方向性は悪くないと思ったので、次があるならもっとネタを練り直してもらいたいものです。


(※少しでもネタバレになるコメントはご遠慮ください)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« Wiiウェア『お... 変わったお菓... »

 
コメント
 
 
 
自分も買いました。 (ナケイ)
2009-02-11 19:13:39
前から気になっていたので、買ってみました。(意外と容量をくいますね…。)
操作は簡単で、結構サクサク進みますね。操作を受け付けなくなるネタもあるのですね。そのことを今知ったので、心構えができました(笑)。
ネタばれは控えますが、とあるステージで偶然にネタがありました。びっくりしましたよ(笑)。レアなネタだったようです。
結構面白いですよ。
 
 
 
Unknown (partygame(管理人))
2009-02-12 23:16:47
>ナケイさん
>>意外と容量をくいますね…。
ボイスのパターンがそれなりに多いのが、容量を食っているのかもしれませんね。

いろいろネタが出てくるのはもちろん面白いですが、ネタって一度知ってしまうと…という感じではあるので、何回も繰り返し遊びたくなるような工夫は欲しかったかもしれません。
って、500円に贅沢を言いすぎですかね?(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。