→→→ 移転先はこちら ←←←

■=== ブログをご覧になるうえでの注意点 ===■
2013年3月20日より以前の記事(一部除く)は、ブログデザイン変更の影響で、色文字が見えにくくなっています。
あしからず、ご了承ください。範囲選択をすると、見えやすくなります。
2014年4月1日より、価格は全て「税別価格」に統一して表記しています。
2014年3月より以前の記事で書かれている「税込価格」については、全て”5%税込”であることをご理解ください。







おきらくすごろくWii
対応ハード : Wii(Wiiウェア)
開発・配信元 : アークシステムワークス
配信開始日 : 2009/01/27
配信価格 : 500Wiiポイント(=500円)
ジャンル : おきらくパーティーゲーム
プレイ人数 : 1~4人
通信機能 : 有料コンテンツあり
CERO : A(全年齢対象)
使用ブロック数 : 182ブロック


●おてがるに、カンタンすごろく対戦!!
今作は、アークシステムワークスがWiiウェアで展開している「おきらくシリーズ」の第3弾となるタイトルです。短い時間でお手軽にプレイできることをコンセプトに作られています。

ちなみに私は、第1弾となる『おきらくピンポンWii』はプレイしたことがありますが、第2弾の『おきらくエアホッケーWii』はプレイしたことがありません。…だから何?って感じですが(笑)


●すごろくのルール説明
定められたターン数の中で、できるだけお金を稼ぎまくりましょう。最後のターンが終了した時点で一番お金を持っていた人が優勝です。
ちなみに、終了後のボーナスもあるので、最後まで気が抜けない…かも?

◆サイコロ
自分の出番が来たら、「サイコロ」を選択します。
Wiiリモコンを振ると、サイコロを振り、出た目だけ自分の船が進みます。

◆何もない島
何もない島に止まると、自分のマークが表示されて、自分の島にすることができます。以後、他の誰かが島に止まると、お金を奪うことが出来ます。
なお、お金をもらったり奪ったりするときは基本、ルーレットでその金額が決まります。

◆大砲
大砲のあるマスに止まると、大砲を使って、ライバルの島を攻撃することが出来ます。どこに飛ぶかは分かりません。攻撃された島はマークが消えて、何もない島に戻ります。

◆アクションイベント
「?」のある島に止まると、アクションイベントが起こります。
タコが襲ってきたり、隕石が落ちてきたり…全部で3種類のミニゲームがあります。ミニゲームの成績に応じて、お金をもらうことが出来ます。

◆おたすけカード
家のある島に止まると、おたすけカードをもらうことが出来ます。
このカードは、自分のターンが来てサイコロを振る前に使用することが出来ます。使用しても、サイコロを振ることはできます。
サイコロの数が増えたりお金がガッポリ入ったりなど、いろいろな効果のカードがあります。

◆周回ボーナス
マップを1周してスタート地点に戻ると、周回ボーナスとしてお金がもらえます。
周回ボーナスは、回数を重ねるごとに2倍、3倍…と増えていくので、大きい出目を出すと有利かも?


◆partygameの評価◆…63点(100点満点)
大味なバランスだけど…ようやく「こなれてきた」という印象

初代の『おきらくピンポンWii』は、何と言うか…500円というにも内容が薄いと感じたものですが、あれからもう1年近くも経つわけで、それなりに手慣れてきたのかな?と感じました。何というか…キャラクターのボイスもけっこうマトモになってましたし(笑)

とはいえ、バランスが非常に大味なのは気になりました。
ある時は手に入るお金が1000とかしかないと思ったら、奪うときには最高で20000とかあったりもして。はたまた「おたすけカード」も強力なものだと、本当にウン万ガッポリお金を稼げますし…そのくせ、ゲーム終了後のボーナスは意外に金額が少ないなど、イマイチよく分からないバランスでした。まあ、逆にいえば、どんなに離されても逆転のチャンスはあると言えばあるわけですが。
あと、分岐点に差し掛かったときにマップ全体を見る方法がないなど、システム的にも少し難点はあったりしました。


とはいえ、500円で最大4人で楽しめるうえに、今作ではシリーズで初めて追加コンテンツが対応となり、新しいマップが追加できたりするみたいなので、わりといい感じにはなってきたと思います。
もっとも、説明書を見ると追加コンテンツの配信予定日が、ゲームそのものの配信日より前というのはどうかと思いますが。しかも明らかに「2009年」を「2008年」と記している部分も。ちゃんと直してください(笑)

ちょっと理不尽な時もありますが、まあ…皆でワイワイ楽しむにはそこまで問題じゃないかも?こっそり1本持っておいても、悪くないと思った作品でした。
これから、さらなる磨きがかかることを期待しています。あわよくば…『@SIMPLEシリーズ』と競合できる存在になるといいですね。


関連記事:
Wiiウェア『おきらくピンポンWii』 ファーストインプレッション

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 2008年を振り... Wiiウェア『珍... »

 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。