I sing a song for you

趣味で書いている詩がメインになってきているブログ。
切ない詩、失恋の詩が好きだという方はぜひお立ち寄りください♪

poem 17

2015-09-30 18:20:21 | 

今日何度月を見て、あなたのことを思い浮かべたでしょうか

 

 

その光はとても澄んでいて、

 

悲しくなるほどにきれいで、

 

どこまでも、まっすぐに輝いていました

 

 

祈れば、この思いは届くのですか

 

願えば、この思いは叶うのですか

 

神様でも何でもいい  あなたにこの思いが、届くのなら…

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

poem 16

2015-09-26 01:04:02 | 

あなたに愛してもらえないのなら、

 

私に存在価値などないでしょう

 

 

いったい何を心の支えにして、生きていけばいいというの

 

あなたへの想いをどう消化して、過ごしていけばいいというの

 

 

それすらわからない私を、置き去りにしないで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

poem 15

2015-09-24 21:42:48 | 

あなたを探して、今日もまた、1日が終わっていこうとしている

 

 

忘れないようにしよう 今日あったことを

 

あなたが帰ってきてくれたときに、そっと話せるように

 

 

あなたと過ごせる日々がまた、訪れた時のために

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

poem 14

2015-09-22 17:34:30 | 

コール音だけが鳴り響く

 

電話の向こうに、あなたはいるの?

 

今、何をしているのかも、私にはわからない

 

 

私を置いて、どこかに行ってしまったりしないよね

 

何でもなかったみたいに、笑って、また会えるよね

 

その時はもう私、逃げたりしないよ 

 

あなたの全てを、受け止めるから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

poem 13

2015-09-21 00:36:06 | 

こんな世界などなくなればいい

 

あなたがいない今、私が存在する意味はなくなってしまった

 

もう用はない 未練などない

 

 

こんな世界、壊れてしまえ 消えてしまえ 

 

どうにでもなってしまえ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

poem 12

2015-09-20 00:10:46 | 

あなたが告げていたタイムリミットが過ぎた

 

私はあれからまだ、何もできずにただあなたを待ってる

 

月も、星も、変わらず空で輝いていて、

 

あなたとの思い出を蘇らせる

 

 

もう少し もう少しだけ、待っています

 

まだあなたは、がんばってるかもしれないから

 

まだあなたの声が、この耳に残っているから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

poem 11

2015-09-18 02:25:51 | 

あなたが夢に、出てきました

 

いつもと変わらずに、私を抱きしめてくれたよ

 

私を、好きでいてくれたよ

 

 

本当は、夢の中で会いたいわけじゃない

 

今すぐにでも、本物のあなたに会いたい

 

そうでなければ、こんなにも涙は流れない

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

poem 10

2015-09-15 09:01:08 | 

あなたと約束したとおり、毎日頑張ってるよ

 

あなたに直せよと言われたクセはまだ直せてないけど、

 

私なりに、歩いてる

 

 

毎朝あなたのことを思い出して、

 

空いた時間にあなたを思って、

 

眠る前にあなたの笑顔を思い浮かべる

 

 

自分でも呆れてしまうくらい、あなたが私の毎日に、溢れてる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

poem 9

2015-09-13 17:00:25 | 

伝えたいって思うことが、たくさんあるの

 

 

靴擦れしてしまったこと  階段で転びそうになったこと  

 

誰かの笑顔のために頑張れたこと  あなたを、今日も好きなこと

 

 

何でもないことでも、笑って聞いてくれるあなたを思い浮かべたら、

 

すぐにでもあなたに、届けたくなる

 

 

いちばんに聞いてほしいのは、いつだってあなたなの

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

poem 8

2015-09-12 08:07:51 | 

運命の日から1日、あなたは今、どうしていますか

 

何も残さずに、1人で向かって行ったあなたを信じて、

 

私はただ、今日も待っています

 

 

あなたが全て  私の、この世界の、すべてだったの

 

気づけば、あなたがいてくれて

 

私はいつも、そんなあなたに甘えてばかりだった

 

 

だからだめなんだよ  あなたがいてくれなきゃ

 

でなきゃ私、ここから動けない

 

今ここで、生きている意味がない

 

 

だからお願いだよ  この気持ち、もう一度あなたに、伝えさせてよ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加