秋海棠粗雑な日々

飼育している爬虫類を中心に紹介していきたいと思います。

思わず

2017-06-20 22:52:58 | ソメワケササクレヤモリ
夜の飼育部屋にて・・・

あれ?コイツこんなに白かったっけ。ということで思わずパチリと。
ブラーとゴーストの特徴が出ています。もう一代先はどんなのが出るのかなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一昔前から。

2017-06-15 22:25:47 | 飼育設備
気が付いたら10年を超えていました。

ずっと累代飼育しているワックスモス。それって何って言われそうですが(蛾)いわゆる
ハニーワームです。しかしハニーワームという商品名は個人が名付けたものですので私は
使いたくありませんね。
餌昆虫の飼育は面倒かもしれません。下手をすれば飼育している種より手間が掛かります。
しかし基本的な食物連鎖も含め学ぶことはとても多いんですよ。
そこの君わかるかな~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そしてこんなやつも

2017-06-14 21:54:44 | ソメワケササクレヤモリ
さらにソメワケネタ続きです。

少し育ったチビアネリ。ゴーストとはまるで違います。そういえばこの種はアネリと
アザンの違いがはっきりしていませんね。もっともアザンと称する個体は国内に存在
するのでしょうか。
この個体もインボイスアネリの仔です。このあたりを検証してみたいものですね。
じゃあ反対に本当のザンティックってどんなものなんでしょうね。残念ながら私は
見たことがありませぬもので。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなのも

2017-06-13 21:50:27 | ソメワケササクレヤモリ
ブラー×ゴーストのF1同士から得た仔。

珍しくかなりゴースト寄り。ですが背中の小さな黒点はブラーの血が入っている特徴です。
ここから変化しそうな予感がします。きっと地色の白は磨かれていくことでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テカテカ!

2017-06-12 22:42:38 | その他生体
そんでもってリラックスポーズ。飼い主としては嬉しいんですけど。

子供の頃青い尻尾を持ったトカゲを追いかけるもすばしこくて捕まらず。なんて
思い出は私だけではないはずです。でも成長と供にあのブルーは何処かへ。
でもこのバーバートカゲの雌はあの時の色彩をいつまでも見せてくれそうです。
ただこのコは基本臆病でなかなか写真を撮らせてくれません。(苦笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加