parismaris's days*

好きなこと、楽しいこと、時々おでかけ日記*

庭だより * 2017. 梅雨の晴れ間

2017-06-22 | 暮らし
梅雨入りのニュースに、「ついに雨の季節か…」なんて曇天を見上げたのが、およそ2週間前。

それから驚くほど快晴の日が続き、当初は「洗濯物が乾いて助かる~!」なんて呑気に笑っていたけれど、だんだんと渇水を案じるようになり。

そして久しぶりに雨の予報の出た昨日は、未明から朝方にかけて、睡眠を妨げるほどの猛烈な暴風雨。


予報に応じて、前日に家族とちからを合わせて養生していたにもかかわらず…朝起きてみると庭がぐっちゃぐちゃ。

植木鉢は大小にかかわらず倒れて転がるわ、地植えのやわらかい草木たちは軒並み横倒しになり、高木たちは若い枝葉を乱れ散らすありさまで。

窓越しに眺めて、思わず「トホホ…」と眉が下がりました。


そして雨の上がった今日は、丸一日かけて庭の片付けを。
ようやく庭も気持ちもすっきりしました。


そんな梅雨の晴れ間の庭から、記録代わりの『庭だより』をお送りします*




クレマチス“籠口(ろうぐち)”
日本作出のベル型クレマチスです。
そのせいか、どことなく和の雰囲気もありますよね*





キキョウ
この花にひときわの涼を感じるのは、私だけでしょうか。





ストケシア
切花としてよく見られる花ですが、庭でも元気いっぱい!





…これ、何の花だと思います?

答えは落花生。 あのピーナッツの花なんです*
私、生まれて初めて見ました!

地元の造園系の園芸店に行った際に見つけたのですけれど、あまりに楽しくなって4株も連れて帰って来てしまいました。

ちゃあんと落花生を実らせられるか否かは、乞うご期待(笑)





ナスタチウム
ピリリと苦みのある花と葉が、なかなか美味なハーブです。
これを植えたとたんに庭が夏色になるから、不思議*





ナツツバキ
沙羅樹(しゃらのき)とも言いますね。
わが家の庭の長老です。





ナツツバキのつぼみ
花も楚々としてきれいだけれど、この繭玉のような造形がすごく好き*





ウズアジサイ
雨の止み間に撮ったら、こんなにも妖艶な姿を見せてくれました。
そろそろ花も終盤です。



天候に翻弄される庭と私たちですが、植物たちはそんな日々すべてを受け入れて、今日も新たな葉を茂らせ、花を咲かせています。

「たくましいものだね」と家族で笑いつつ。
次なる雨の予報に戦々恐々な、私たち人間です(笑)



『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« あじさいに酔う | トップ | フレアブラウス (@リネン/... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
突然でしたね (けい)
2017-06-23 11:11:58
各地で嵐のような天候に慌てている様子がニュースに入っていましたが、ぱりまりさんのところも凄かったのですね。今はもう片付いたのでしょうか。
こちらは梅雨入りしましたが、そんなに強い雨にはあたらず、どんよりした空模様が続いています。
紫陽花もあちこちで少しだけ色づき始めましたよ。
沙羅の樹、とても素敵ですね。凜として。
落花生の花! 初めて見ました。可愛らしいです。こんな花が咲いている庭、想像してみるだけで楽しくなりますが、手入れをする方は大変なのでしょうね。大荒れの天気にも困りますし。
でも、それさえも楽しみにかえることが出来るような気がします、ぱりまりさんなら♪
けいさんへ* (ぱりまり)
2017-06-24 00:15:04
ほんとうに久しぶりの嵐で。
天気予報から想定してある程度の養生はしていたのに、そんなのは気休め程度にしかなりませんでした(涙)
昨日の晴れ間を最大限に使って(そして躰も大いに酷使して・笑)、どうにか片付けることができました。
なのに、日曜日にはまた大雨の予報が…!
ほんとにもう、戦々恐々です。

まぁ* ようやくけいさんのところでもアジサイの季節になったのですね!
雨は恵みでもあるので、適度に、そして梅雨らしく降ってくれればいいなと思います。

夏椿は一日の花なんですよ*
朝咲いて、夕方にはもうぽとりと花ごと落ちてしまいます。
その儚さもまた魅力のひとつです。

うふふ* 落花生、けいさんもお初でしたか*
これって実の生りかたが摩訶不思議で、ずーっと気になっていたので育てられて嬉しい♪
…素人園芸では食べられるまでになるかどうかは大いに疑問ですが。
茹でピーナッツ、食べてみたいんだけどなぁ。
大変でしたね (chii)
2017-06-25 23:34:54
こんばんは!
先日の雨は、西日本では、酷かったようで、大変でしたね

ぱりまりさんのお花の写真、お花は、勿論、綺麗だけど
それぞれの葉っぱの魅力を感じます
兄が千葉県の住人になってから、落花生の煮豆や甘納豆等、新たな落花生の美味しさを知りました(●´ω`●)
収穫が楽しみですね
chiiさんへ* (ぱりまり)
2017-06-26 00:11:40
そうなんです、一晩中驚くほどの嵐でした。
養生の想定が甘かったようで、植物たちには可哀想なことをしてしまいました (>x<;)

葉っぱ…確かに好きかも知れません。
毎日眺めていて、形状の楽しさや色合いの違いも、花に負けない楽しさや美しさがあるなぁ*とは、いつも思っています。
それが写真にも表れているのだとしたら…嬉しいな*

そうなんです! 私も少し前まで落花生の食べ方は、炒ったものしか知りませんでした。
産地では色々な調理法があると知って、カルチャーショックを受けたくらい(笑)
わが家の落花生たちは、花だけは毎日たくさん咲いているのですけれど。
はてさて、これが果たして実になってくれるかどうか…
どきどきしながら見守っています*

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。