parismaris's days*

好きなこと、楽しいこと、時々おでかけ日記*

歳月がもたらすもの

2016-12-28 | 暮らし
お気に入りの植木鉢があります。


それは中世ヨーロッパのゴブレットのようなかたちをした、陶器製。

青みを帯びた灰色をしていて、3号ポットの花苗がちょうどひとつ植わる大きさです。


小さな園芸店の片隅で、雑多に積まれた中にあったのを見つけました。

初めは色に惹かれて手に取り、繊細な模様と形にも惹かれて買い求めました。



――それが4年前のこと。

季節が変わるたびに一年草の小花を植え替えて、使い続けていたら。
こんな風情になりました。







薄く苔むして、いい感じ*

新品のときよりも庭に馴染んで、まるでずっと昔からここにあるかのようです。


この鉢には、夏の白っぽい日差しよりも今の季節のまろやかな光源と、少しの影がよく似合います。

今期はちょっぴりミステリアスな色合いのフリルパンジーを植えてみました。



庭に色の陽だまりをつくる、黄色や白の花たちもいいけれど。

こうして歳月や湿度を視覚的に楽しむ花や鉢もいいものだな、と改めて感じています。



『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« Merry Christmas! | トップ | さようなら、2016年* »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人間も (けい)
2016-12-29 10:46:44
物の経年の良さってありますよね。
特にこのような鉢だと自然との溶け具合がなんとも愛おしい。年月が作り出すものって人工的に作るのは難しいから、本当に大事でステキです。

人間も年月の変化と共にこんな素敵な感じになっていってくれたら・・・ と思うのですが、人間の場合はそれぞれ多様で上手い具合にステキになっているなと思う方もいれば、一体何歳になったらステキになるの?(笑) と思う方も。
さながらわたしは後者だなあ、なんて思ってしまいました。年をとって味のある人間になりたいとふと思いましたよ♪
けいさんへ* (ぱりまり)
2016-12-29 23:50:27
そうですよね、まさに「人工的に作るのは難しいから」惹かれます。

そしてそのはかなさにも。
この鉢についた苔もまだとても薄くて、うっかり擦ってしまおうものなら指の腹に移って、鉢の表面から剥がれてしまうんです。
そういうときには「しまった!」と僅かに後悔したりもするのですが、また次なる4年後を思い描いて「どうなるかな?」なんて考えてしまったりもします。

歳月が人間にもたらすものは、苔とは違って到底想像しきれない(笑)
だからこそ、年月を経たときにできるだけ悔やまないように、そして味わいある人になれるように、生きていたいものです。
…私の人生では、それもまだ理想にすぎないのですけれど (;´∀`)
素敵に年を重ねて (chii)
2016-12-30 07:22:41
ぱりまりさん、おはようございます(^^♪

年内最後の記事にコメントしようと考えていたのですが、
きょう、ご挨拶をさせていただきますね

このブルーのビオラ、こちらに語りかけてくるような、
神秘的な力強さを感じますね
年月を経て、美しくなるもの、味がでてくるもの・・・ありますねぇ(*^^*)
大事に大事に使い続けていく事の大切さを感じる歳になってきました

ぱりまりさんの以前のお洋服をうっとりしながら見せていただいてました
私もレトロ柄の生地が好きなので、レトロ柄のスカート素敵だったわ~

来年も引き続きよろしくお願いいたします

良いお年をお迎えください
chiiさんへ* (ぱりまり)
2016-12-30 11:31:03
まぁ、chiiさん!
わざわざのご挨拶をありがとうございます***

私もここ数年で、歳月を経たものの美しさや、それらを受け継いでいけるありがたみのようなものを感じるようになりました。
新品よりちょっと古びたものに惹かれたりもして*
これも年齢を紡いだおかげでしょうか。

うふふ* 私もレトロ柄が好きなんです
自分で着るぶんを作っているだけなので、そんなにたくさんの作品を掲載はできないのですけれど。
(クローゼットがあふれちゃう…!(笑))
来年は姪が産まれる予定なので、オンナノコの物が作れる!と今から楽しみにしています*

こちらこそ、新しい年になりましてもどうぞよろしくお願いいたします

どうぞよいお年をお迎えくださいね
次の記事に (けい)
2016-12-31 08:28:38
次の記事にコメントを入れようとしたのですが、どうしてもコメント欄が出てこないので。

ぱりまりさんに出会えて、本当に嬉しかった年でした。
写真や文章から伝わってくるぱりまりさんの人柄がとても優しくて、ここに来るたびに穏やかな気持ちになれました。
本当ににじみ出るものってあるのですね。
2016年はお辛いできごともあったようですが、甥ごさんの成長が喜びになったようにこれからも沢山の喜びがあると思います。ご自身のお体、いたわりつつ来年はさらに嬉しいことで溢れますように・・・
けいさんへ* (ぱりまり)
2016-12-31 17:00:19
ごめんなさい!
大晦日以降はお返事ができなくなるかもと思って、ご挨拶の記事のコメント欄は閉じておりました

わざわざのご挨拶をありがとうございます*
私もけいさんに声をかけていただけて、どんなに嬉しかったことか♪
特に甥へのスタイは自己満足の極みみたいな品物だったので、身内以外から褒めていただたことで大きな自信に繋がりました。

けいさんも、どうぞお健やかに新しい年をお迎えくださいね*
来年もご縁をいただけましたなら、これに勝るしあわせはありません***

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。