goo

No1375『LOGAN/ローガン』~ミュータントの人間くさい光景に…~

 イーストウッド監督の『グラン・トリノ』が大好きな私は、
『ローガン』が似ているという評を何かで観て、心ひかれ、
X-MENシリーズ、全く見ていないまま、
映画館としばらく疎遠だったある日、思い立って、観に行った。

個人的に好きなのは、ローガンよりも、年老いたプロフェッサーX。
テレパシー能力が暴走しないよう隔離されていたが、
ローガンと一緒に、少女を守るための旅に出る。
Xがローガンと一緒に、一夜だけ、普通の人間の家で、晩御飯を食べ、
あたたかいひとときを過ごす。
その晩、普通のベッドに寝て、
こんな楽しい心安らぐ時間を過ごしたことはなかった、とてもうれしいと、
ローガンに語りかける…。
このときの表情や声がすごく好きだ。

X-MENシリーズは、人間もミュータントも次々に容赦なく殺されていく
と友達が言っていたとおり、
主人公に寄り添う脇役たちは、あっけなく、無残に殺されていく。
そのシーンが、忘れられない。 

プロフェッサーXの介護をしているミュータントのキャリバンもその一人。
冒頭、巨大なタンクの中で、Xと二人で暮らしているところに、ローガンが訪ねてくる。
キャリバンが麦わら帽子か何かかぶって、植物に水をやっているシーンがあったような…。
その帽子がとっても似合っていて、牧歌的な風景が忘れられない。

ローガンが少女を守る話。
少女ローラ役のダフネ・キーンは、とても目力があって、人を寄せ付けないたたずまいで、適役。
ローラだけでなく、何人も特殊能力を持つ子ども達が出てくるが、
それぞれに個性的な風貌で、能力も異なり、一人ひとり丁寧に描かれていて、
とても好感がもてた。
サイボーグ009の、いろんな能力を持つサイボーグたちの雰囲気に似てるかもしれない。
最後は、子ども達が、しっかりと自分たちの知恵と力で、未来の扉を開けようとする姿が頼もしい。
アメコミのアクション大作映画は、あまり観たことなかったが、意外に楽しめた。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )
« No1374『あり... 大阪の銭湯 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
LOGAN/ローガン  監督/ジェームズ・マンゴールド (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  パトリック・スチュワート  ダフネ・キーン 【ストーリー】 近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。治癒能力を失いつつあるロ......
 
 
 
LOGAN/ローガン (銀幕大帝α)
LOGAN 2017年 アメリカ 137分 アクション/ドラマ/SF R15+ 劇場公開(2017/06/01) 監督: ジェームズ・マンゴールド 『ウルヴァリン:SAMURAI』 製作総指揮: スタン......