パラLIFE

育児、本、食べることなどなど

いい子でいたい

2017-07-13 06:14:38 | 妊娠・子育て
「やってみよう」 フルver. /WANIMA【公式】



生きていてくれたらそれでいいホント極論はそれです

息子にはとにかく「死なないで」ということが最優先の願いです
それ以外なんてないのです


ウソではなくたった一つと言われたらそれだけなのです


息子はいい子ですとも思っている



でも、日々一緒に生活をしている、家族でいるということは夫婦みたいなもんですな


細かなことであーでもないこーでもないと言ってしまう


そういうことが息子のなかに積もっているのだろう
もちろん嫌なことばかりでなくいいことも積もっていく
そういうことが家族の思い出になり記憶になるんだろう


子どものころ「いい子でいなくちゃいけない」というプレッシャーはいかほどだっただろう


昨日、息子のちょっとしたウソがばれてわたしもコロっとだまされてしまった分久しぶりにわたしの中の「まゆこ」が発動
お留守番のことなのだが要するにちゃんとやったような顔して結構遅く帰って来てわたしより10分くらいしか先に帰ってなかった
それならそれでいいのになぜいつも通りに帰って来てわざわざちゃんとやってました的に見せたのか? 人をだますようなウソを言うな!


するとめったに泣かない息子が嗚咽とともに「ママの期待に応えなくちゃと思った」「ママに褒めてほしかった」と言い始めるではないか



グッサー



急に一人であれもやれこれもやれって言いすぎたのか


びっくりしてスイミングに一人で通わなくてはいけないことや今後一人お留守番が発生することなど「本当はしたくないの?」「怖いの?」と聞いてみる
ママが本当は嫌なことやりたくないことを「やれ」と言っているんだったらそれはちゃんと言ってと話す



ただ自分を擁護するわけではないが一人お留守番もスマイルゼミも水泳教室のチェンジも全部やるやると乗り気な返事、反応だったのにわたしもショック
なにしろ押し付けなんかは親が一番してはいけないと思っているはずだったので…


すると「ううんできる、嫌じゃない」と


わたしもかつての子どもである
なんとなく覚えている
子どもって親に怒られるのが嫌よりも親をがっかりさせことのほうがより嫌なのだ
健気にも子どもながらにそう思ってしまう生き物だなあと…
いい子でいなくちゃとプレッシャーに感じるのは自分で自分に課しているものがあったのだ
子どもはみんないい子でいたいのだ


それでも好き勝手に生きさせてもらったけど


そして、なんの期待にもこたえられなかったなと思っても親に見放されたなんて感じることもなくどんなときも重いくらい大事に愛してもらったと思っているけど


息子の「ううんできる、嫌じゃない」は本心かな



ま、でも働く母だし両親遠方だし少しずつ息子にもやってもらわないと成り立っていかないのも事実
将来重い時もうるさい時もあったけどいつも親の愛だけは信じられたと言ってもらえるように母業を精進しなくちゃいけないな



息子のびのび行ってくれ
あなたらしく元気にね





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ようやく終着点か? 息子の... | トップ | 子どもが嬉しそうって最高だ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。