パエ-リャ

木製カトラリ-

バンダ諸島からアンボン、その先へ-(2)

2016-09-15 04:02:36 | Weblog

バリ島から、隣の島であるロンボク島へはどう移動するかは、その更に先の移動のことを考えると Perama という路線バスの運行会社を選ぶのが妥当だろう。バスと言っても島伝いなので途中にフェリ-が混じっているが。

この運航会社は日本語のホ-ムペ-ジもあるので助かる。多くの日本人が利用するのだろう。以下になる。

http://goo.gl/yh2JlN

バスなので、乗り場は何か所もあるが、バリ島側では以下の数箇所位かも知れない。 ロンボク島側では比較的有名な Senggigi に移動するのが妥当だと思われる。矢張り、テロの危険があるので、前日の宿をクタでなく、サヌ-ルに取るだろう。この地図の付加記事に、バスの出発がペラ-マの事務所からだとあるので、準チャ-タ-バスみたいなものかも知れない。

問題はどの位時間がかかるかがわからないことだが、恐らく4、5時間ではないだろうか?サヌ-ルを10:30に出て、高速ボ-トで50万IDR (2016年9月のレ-トで3900円)と出ている。いずれにせよ、その日のうちに再移動とは絶対に考えにくい。また、そうする積極的な理由もない。

高速ボ-トでなく、普通のフェリ-だと15万IDRと出ているので、ゆっくりと海を見ながら行くなら、こちらのほうが安いし、どうせ高速ボ-トでは狭い船室に閉じ込められてしまうだろうし、然も窓が固定なら最悪だ。

なので、ここ時点で、バリ島内に1泊、ロンボク島内に1泊となっている。

で、この後、ロンボク島から、次の島をバスで横切って、サぺまで行って、そこで再びフェリ-にとか、漠然と考える訳だが、この先の一連の記事にテ-マを与える必要があるだろう。なので、焦点をバンダ諸島を通って、どうやってアンボンまで行くかをシミュレ-トすることにしたい。

それも、1ル-トでなく、幾つかのバリアントも含めて、最終的にはテルナテとパプアニュギニ-の北半球側に回り込む方法も含むことになるだろう。したがって、記事のタイトルもよりふさわしいものに変更されている。

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テ-ブルマットのデザインと... | TOP | バンダ諸島からアンボン、そ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL