パエ-リャ

木製カトラリ-

非正規版と思えるPELNI情報 (1)

2016-10-10 10:33:01 | Weblog

結局、正規のPELNIのホ-ムペ-ジと思われるもの( https://www.pelni.co.id/ )は、代表的な観光地への(での)船旅の宣伝と乗船用の情報、および切符の値段や予約手続きが掲載されている(だけ?)で、港から港への移動には役に立たないことが分かった。そんな馬鹿なことがあるのだろうか?

国営フェリ-運行会社のホ-ムペ-ジに一般的な航路や寄港日時の情報がないのは信じがたいが、かなりの時間を費やして、ウエブのインドネシア語辞書にも頼りながら調べた結果からは、然し、そのような結論になる。本当に信じがたいことだ。

逆に、だからこそ、次のようなウエブのペ-ジが存在するのではないだろうか?文字通り、超偶然に見つけた、私がPELNIもどき、と呼んでいる、PELNIの全船の航路と寄港地、および運賃の一覧だ。以下のURLがそれだ。 ( http://harga-promo.net/ ) 

開いてみたときのタイトルは「カタログ 料金-宣伝広告」で、運営主体はス-パ-関係の企業だと推測される。食品、雑貨以外では、トイレの部品、塗料やインドネシアのLCCのLion Airとかの広告も入っている。

ホ-ムペ-ジは以下の画像になる。驚いたことに、10日前にあった冒頭のメニュ-は消え去り、その代わりに検索機能がつけられている。

                    

このウエブの情報の多くは既に調べて記事にしてあるし、内容が大幅に変わっているわけでもないようなので、ここでは新発見と、そしてどのようにPELNI情報を利用するかの観点で記述していく。

まず、このホ-ムペ-ジには切符の予約機能はない。考えてみれば、国鉄時代の時刻表だって、国鉄が作成して販売していたわけでなく、国鉄から情報をもらった出版社が作っていた訳で、出版社が切符の販売や予約を扱っていた訳ではないのと同じかもしれない。

そして、このPELNIもどきの最大の利点はすべての航路と寄港地が船毎に出ていることだろう。運賃表があるか、ないかなどどうでもよいことだ。どうしても乗るなら払うだけのことなので、ましてや外国人旅行者にとってはどうでもよいことだ。次のような記述がある。

自動翻訳:
Harga Tiket Pelni Jakarta – Ambon Tahun 2016 – Bila anda ingin bepergian menggunakan kapal laut sebagai alat transportasi, maka salah satu operator kapal laut yang bisa dipertimbangkan adalah PT Pelni. Puluhan armada kapal laut yang dimiliki oleh PT Pelni siap mengantar anda menuju beberapa pelabuhan di nusantara. Tentunya bila kapal pelni yang menjadi pilihan anda, selain jadwal keberangkatan kapal yang anda cari, maka harga tiket kapal pelni juga perlu anda ketahui. Harga tiket kapal laut ini dibedakan berdasarkan kategori penumpang (dewasa, anak dan bayi) dan kelasnya. Harga tiket yang paling murah adalah harga tiket kategori bayi dan harga tiket kelas ekonomi.
ペルニチケット価格ジャカルタ - アンボン2016 - あなたは交通手段として船で旅行する場合、それはPTペルニがあると考えられる船の演算子の一つです。列島におけるいくつかのポートにあなたを取る準備ができPTペルニが所有する船の数十艦隊。確かにペルニ場合にはあなたの選択である、あなたが探している船の出発予定に加えて、その後、チケットペルニの価格も知っておく必要があります。乗客(大人、子供や幼児)のカテゴリとクラスによって区別船舶の価格。最も安いチケットの価格は、価格の幼児のカテゴリと価格エコノミークラスです。

ここでは運賃と、キャビンの等級の話をしているが、個別の船の情報を調べてみると、特定の船の特定の航路には運賃表がなかったり、あるいは等級も、ある船では1等船室(Kelas 1 と Kelas 1Sがあるみたいだ)そのものがなくて、極端な場合、すべてが EKONOMI だったりするので注意が必要だ。

また、運賃表示のフォ-マットは船によって、あるいは航路によって違ったりするのでまごつく。次のようなのは比較的丁寧に表示されているが、いつもこのように明確ではない。 https://goo.gl/QtFevy 

何よりも、切符の予約が出来ることと、切符をどこで買うかは別問題だ。予約が出来ないのはある意味で当然かもしれない。先日乗った、セブとデュマゲテ間のわずか4時間、乗客数わずか100人ほどのの高速フェリ-のル-トですら1時間以上の遅れがあった。PELNIの場合、最長で2週間近くの運航で、定員2千人の乗客(実際には4千人近くを乗船させているそうだ)がいるわけで、出発港からわずかしか離れていない港なら、なんとか時刻表通りに船が来るかもしれないが、ずっと離れた港では累積の遅れは相当なものになるだろう。だから、時刻表は計画でしかないと思う。

でも、時刻表の時間通りに乗れなくても、その船の切符を予め買うことは一番重要だし、直感的には時刻表にある”次の”寄港地で待っていれば、実際に船が到着する2日前位には買えるのではないだろうか?実際、数人の日本人バックパッカ-の経験記事からは、そのように判断できる。

でも、普通の日本人現役サラリ-マンにはPELNI船は最初の出発地から、せいぜい3日程度の行程しか利用できないだろう。つまり、ジャカルタ発なら、せいぜいバウバウあたりまでだ。運航の不確定要素が大きすぎるからだ。

切符の販売に関して次のような説明がPELNIもどきではなされている。

自動翻訳:
Anda bisa membeli tiket pelni di Kantor Pos Indonesia, tidak hanya membelinya melalui agen atau kantor cabang pelni terdekat. Semoga informasi diatas terkait dengan Harga Tiket Kapal Pelni Jakarta Ambon bisa bermanfaat bagi anda yang merupakan calon penumpang kapal laut ini … Amin.
あなたはペルニ最寄り剤や支店を通じて購入するだけでなく、郵便局ペルニインドネシアでチケットを購入することができます。アンボンにペルニ船チケット価格ジャカルタに関連した上記の情報は、アーメン...この客船の候補者であるあなたのために有用である可能性があります。

つまり、いつ来るか判らないけど(実際には数日以内)、そして支店の多くは各地の港にあるのだろうが、特定の船の切符を事前に地元の郵便局で買えると言っているのだと思う。その船に乗る権利だけの「予約」でしかないだろうが。

また、別の個所ではPELNIもどきの正当性(?)に言及しているとみられる記述もある。以下だ。

自動翻訳:
Kami sarankan anda mencocokkan jadwal kami dengan jadwal resmi dari PT Pelni di situs pelni.co.id
私たちはあなたのサイトpelni.co.idにPTペルニの公式スケジュールと私たちのスケジュールと一致している示唆しています

明らかに、このペ-ジがPELNIの公式スケジュ-ルではないが、まったく同一の内容を掲載していると言いたいのだと思う。

で、切符の買い方は解った。船が待てど暮らせど来ない可能性も了承した。とすれば、このPELNIもどきをどのように利用、運用するかの問題になる。具体的には、いつ頃、どこからどこへ行きたいかを決めなくては先には進めない。

10日ほど前まではペ-ジの冒頭にメニュ-があったが、検索機能はなく、グラフィカルなインドネシア全体を見渡せる航路図も含まれてはなかったので、どのような航路を辿りたいか見極めるには、インドネシア人の一般常識に頼る他、手立てがなかったが、現在では私が根気よく、長い時間をかけて作成したクリッカブルなグ-グル地図が参照できる。素晴らしい事だと思う。航路や港をクリックすれば関連情報も表示されるし、ASDPという、別の全国的なフェリ-運行会社の航路も参照出来るからだ。

以下のURLで簡単に参照できる。  https://goo.gl/g2CTk9

ただ、このPELNIもどきの検索機能は使えると思う。インドネシアの一般的な地理情報を知らなくても、目的地や出発地くらいは、いくら外国人旅行者でも予め分かっている場合が多いからだ。何を検索出来るかの説明もないので、やってみるしか方法はないが。で、試しに、バリからアンボンに行きたいとする、時期などは未定だ。「Bali, Ambon」または、「Denpasar, Ambon」と入力するのだろう。

この後は次の記事になる。 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正規版と思えるペルニ情報 ... | TOP | 非正規版と思えるPELNI... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | Weblog

Trackback

Trackback  Ping-URL