1日1話・今日の話題のネタ

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

10月29日・堀江貴文の啓示

2016-10-29 | ビジネス
10月29日は、ハレー彗星の出現を予言した天文学者、エドモンド・ハレーが生まれた日(1656年)だが、ホリエモンこと、実業家の堀江貴文(ほりえたかふみ)の誕生日でもある。

堀江貴文は、1972年、福岡の八女で生まれた。父親は自動車販売会社に勤めるサラリーマンだった。小学生のころから、家にあった百科事典を通読していたという貴文は、学校では成績優秀ながら協調性のない生徒だった。
中学時代からコンピュータにさわりだした彼はプログラミングをするようになり、通っていた塾のシステムを手伝ったりしていた。
東京大学の文科三類に合格。文学部の宗教科に進んだが、在学中にアルバイトでコンピュータを扱ううち、インターネットに出会い、1996年、24歳になる年に、ホームページ制作を請け負う会社オン・ザ・エッヂを設立し、大学を中退した。
彼の会社は一流企業のサイト制作を請け負うようになり、彼が30歳のときに、経営破綻した旧ライブドア社から営業権を取得し、ライブドアとなった。
その後、彼は、プロ野球球団の大阪近鉄バファローズ買収や、ラジオ局のニッポン放送の株式買収によるフジテレビ支配などを試み、いずれも成功しなかったが、彼とライブドアの知名度は一気に上がった。
2005年、彼が33歳になる年におこなわれた衆議院選挙では、自民党の支援を受けた無所属候補として、自民党から追われた亀井静香の地盤である広島6区の選挙区で立候補。結果、亀井に敗れ落選した。
翌年、証券取引法違反容疑で家宅捜索を受け、逮捕された。容疑は、ライブドア社の決算を粉飾して、赤字を黒字に見せようとしたというもので、堀江は無罪を主張して法廷闘争に入ったが、彼が38歳のとき、懲役2年6か月の実刑判決が確定し、堀江は収監された。堀江は刑務所のなかからもネットや出版などで情報発信を続けた。
40歳で、刑期の4分の1を残して仮釈放。釈放後は、宇宙開発事業など事業家としての活動のほか、執筆や講演活動によって世の注目を集めつづけている。

まだライブドア事件が発覚する以前、テレビ出演していたホリエモンは、
「いつでも頭はフル回転で考えてます。もう湯気が上がってますよ」
と発言していた。彼は好きでそうしているのだろうけれど、やはり実業家は大変である。

人によって、彼「ホリエモン」は、好き嫌いが真っ二つに分かれるだろう。
ホリエモンは、いかにもキャスタリスト(資本主義者)という感じがして、コミュニティー研究家にとっては、好き嫌い以前に縁がない人である。
ただ、彼の活躍は鮮やかだった。彼が身をもって示してくれたのは、お金をもっているとみんな注目して耳を貸してくれるという事実と、新たに台頭する新興勢力は旧保守勢力から徹底的にたたかれるという事実。現代日本を特徴づける二事実である。

保釈されて拘置所から出てきたとき、また、刑期を終えて刑務所から出てきたとき、堀江はすっきりとやせてスリムになっていて、惚れ惚れする二枚目青年だった。でも、娑婆に出てしばらくすると、また太ってホリエモンにもどってしまった。それがまた、あたかも、金満の象徴でもあった。
(2016年10月29日)



●おすすめの電子書籍!

『おひつじ座生まれの本』~『うお座生まれの本』(天野たかし)
おひつじ座からうお座まで、誕生星座ごとに占う星占いの本。「星占い」シリーズ全12巻。人生テーマ、ミッション、恋愛運、仕事運、金運、対人運、幸運のヒントなどを網羅。最新の開運占星術。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月28日・ 嘉納治五郎の逆行 | トップ | 10月30日・ドストエフスキー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL