1日1話・今日の話題の燃料

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

10月10日・野坂昭如の肝

2017-10-10 | 文学
10月10日は、針金細工のように細長い彫刻で知られるスイスの彫刻家、ジャコメッティが生まれた日(1901年)だが、作家、野坂昭如(のさかあきゆき)の誕生日でもある。

野坂昭如は、1930年、東京で生まれた。父親は土木技師で、後に新潟県の副知事になった。昭如が生まれる直前に、両親が別居し、母親は彼を産むと間もなく没した。生まれたばかりの昭如は、神戸へ養子に出された。
戦争中には、疎開した先の福井で、妹を栄養失調で亡くした。このときの体験が後に『火垂るの墓』となった。
終戦後の17歳のとき、盗みをはたらいて捕まり、少年院送りとなったが、新潟にいた実の父親が保証人になって、身請けされた。
旧制新潟高校に入ると、彼が在学中に学制改革で学校は新制新潟大学となった。野坂は大学を退学。上京して、早稲田大学の仏文科に入学した。
在学中から放送用の台本や、コマーシャルソングの歌詞を書くようになり、26歳の年に大学を中退。テレビ番組用のコントや、雑誌に文章を書くようになり、33歳のときに小説『エロ事師たち』発表して小説家となった。
37歳の年に『火垂るの墓』『アメリカひじき』で直木賞を受賞。「焼跡闇市派」を標榜し、遅れてデビューした「大陸引き揚げ組み」の五木寛之と並び、若者たちに広く読まれるベストセラー作家として一時代を築いた。
52歳のとき、参議院選に出馬して当選。しかし、その半年後に、衆議院選に出るために参議院を辞職。当時、ロッキード事件で係争中だった田中角栄元首相の選挙区である新潟三区から出馬した。そして、田中は当選し、野坂は落選した。
野坂は、歌手としてレコードも出し、コマーシャルにも出演する人気者だったが、73歳のころ、脳梗塞で倒れ、リハビリ生活のかたわら、執筆活動を続けていたが、2015年12月、自宅で倒れているところを見つかり、緊急搬送された先の病院で死亡。死因は心不全。85歳だった。

丸谷才一は、野坂昭如の出た旧制新潟高校の四、五年先輩にあたり、そのつてをたどって、野坂は出版業界へ紹介してもらった経緯があった。出版社の文芸編集者と会うのに、下駄をはいていけと、丸谷はアドバイスしたという。

野坂のデビュー作『エロ事師たち』を褒めてくれた先輩作家たちのなかに三島由紀夫がいて、三島は野坂の才能を絶賛し、しばらくは新聞や雑誌の連載は断り、じっくり腰を据えて書いたほうがいいと、野坂にアドバイスした。野坂は三島の激賞や忠告に感謝しながらも、節操なく、すぐに連載の話を引き受けてしまった。さすが「焼跡闇市派」で、流儀や作法などおかまいなしで、ぬけぬけとタフに生き抜く、肚のすわった作家だった。
(2017年10月10日)


●おすすめの電子書籍!

『小説家という生き方(村上春樹から夏目漱石へ)』(金原義明)
人はいかにして小説家になるか、をさぐる画期的な作家論。村上龍、村上春樹らの現代作家から、団鬼六、三島由紀夫、川上宗薫、川端康成、江戸川乱歩ら昭和をへて、泉鏡花、夏目漱石、森鴎外などの文豪まで。平成から明治へと時間をさかのぼりながら、新しい角度から日本の大作家たちの生き様を検討していきます。あわせて、これを読まずに死んだらせっかく生まれてきた甲斐が半減するという珠玉の小説作品を厳選し、実体験に基づき愛をもって解説。既成の文学評価を根底からくつがえし、あなたの読書体験を次の次元へと誘う禁断の文芸評論。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月9日・ジョン・レノンの言語 | トップ | 10月11日・川久保玲の前傾 »

コメントを投稿

文学」カテゴリの最新記事