1日1話・今日の話題の燃料

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

10月1日・ジュリー・アンドリュースの力

2016-10-01 | 映画
10月1日は、名ピアニスト、ウラディミール・ホロヴィッツが生まれた日(1903年)だが、映画女優ジュリー・アンドリュースの誕生日でもある。

ジュリー・アンドリュースは、1935年、英国イングランドのサリー州ウォルトン・オン・テムズで生まれた。誕生時の本名は、ジュリア・エリザベス・ウェルズ。父親のウェルズは金属加工や木工を教える教師だった。しかし、ジュリアの生物学的な父親は、べつの男性で、当時の母親の不倫相手だった。
両親は離婚し、ジュリアが4歳になるころには、双方ともべつの相手と再婚していた。母親ジュリアが結婚した相手がテッド・アンドリュースで、ここに彼女の名前はジュリア・アンドリュースとなった。
折しも、第二次世界大戦がはじまっていて、ジュリアとテッドのアンドリュース夫妻は軍隊を慰問してまわる国営の興行団に入った。
義父のテッドは、暴力をふるう酔っぱらいで、アルコールが入ると義娘のジュリアのベッドにもぐりこもうとするような男だったが、しらふのときには、ジュリアの才能を認め、彼女が声楽の学校に通うお金を出してくれた。
絶対音感があり、正確で、澄みきった音質の声で、4オクターブの声域をもち、数キロメートル離れた場所にいる犬を呼べたというジュリアの才能は一目瞭然だった。
ジュリアは両親の出ている舞台に立っていっしょに歌い、12歳のときには、オペラの舞台にプロの歌い手として出演していた。
彼女の歌声はつねに観客を魅了し、彼女は舞台のほか、ラジオやテレビに出るようになり、19歳で大西洋を渡り、米国ブロードウェイのミュージカルに出演した。
21歳でブロードウェイ・ミュージカルの「マイ・フェア・レディ」のヒロイン役を演じ、テレビではビング・クロスビーと共演し、「エド・サリヴァン・ショー」に出演した。
そして、29歳のとき、ハリウッドに進出。ウォルト・ディズニーの最大の野心作と言われる映画「メリー・ポピンズ」に主演。アカデミー主演女優賞を受賞した。
30歳のとき、映画「サウンド・オブ・ミュージック」に出演。タイトルテーマ曲のほか、「ドレミの歌」「マイ・フェイヴァリト・シグス」「エーデルワイス」など名曲が目白押しのこの作品は、20世紀フォックス史上最大のヒット作になった。
その後も、ジュリー・アンドリュースは映画やレコードでその美声を披露し、活躍しつづけたが、62歳のとき、喉の手術を受け、高い声が出なくなり、訴訟沙汰になったりしたの後、何度も喉の手術を受けた。往年の歌声はもはやないものの、舞台や映画出演に忙しく、66歳で久々にディズニー映画「プリティ・プリンセス」に出演し、手術後はじめて歌った。そのほか、アニメ映画の声優も務め、本を書き、現在も活躍を続けている。

元「ザ・タイガース」のボーカル、沢田研二の愛称「ジュリー」の由来、ジュリー・アンドリュース。
彼女が主演した「メリー・ポピンズ」「サウンド・オブ・ミュージック」は名作で、彼女の歌唱力には、聴衆をうならせ、批判をねじ伏せてしまう圧倒的な力がある。
(2016年10月1日)


●おすすめの電子書籍!

『映画の英語名ゼリフ』(金原義明)
英語映画の名作から、元気になる名ゼリフ、癒される名文句の数々をピックアップして原語(英語)を解説。「アナと雪の女王」「ハリー・ポッター」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ブレードランナー」「燃えよドラゴン」「ローマの休日」「シェーン」「風と共に去りぬ」などなど。これだけは聞き取りたいという輝く英語フレーズが満載。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月30日・カポーティの挑戦 | トップ | 10月2日・スティングの忠告 »

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事