1日1話・今日の話題のネタ

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

6月15日・小篠綾子の自立

2017-06-15 | ビジネス
6月15日は、組曲「ペール・ギュント」の作曲家グリーグが生まれた日(1843年)だが、服飾デザイナー小篠綾子の誕生日でもある。

自伝によると、小篠綾子は1913年、大阪の岸和田で生まれた。父親は呉服商で、「一生糸へんで食べていけるように」との願いから「綾子」と名付けられた。彼女は、9人きょうだいの2番目だったが、上の長女が生まれてすぐ亡くなり、ほかに男の兄弟4人がみなそろって3歳で死んで、女ばかりの4人姉妹となった。綾子は占い師に、
「あんたみたいな強い星の女の子がこの家にいるから、男が育たんのや」
と言われたことがあるという。(『コシノ洋装店ものがたり』)
彼女は15歳のとき、ミシンの魅力にとりつかれ、女学校を中退し、洋装店へ丁稚奉公に行った。和服を扱う商家の娘にあるまじき裏切り行為だったが、父親はそんな彼女を突き放すようなふりをして、ひそかに応援しつづけた。父親は、ある日、当時とても高価だったミシンを手に入れてきて、家のまん中においておき、知らぬふりをして、こう言うような人物だった。
「家の中にあるんや、誰のでもええがな、要るようになったら誰か取りに来るやろ。それまでは使わしてもらえ」(同前)
何軒かの店で丁稚奉公した後、小篠綾子は独立。自分で洋装店を開業した。みずから注文とりに駆けずりまわり、まだ着物で接客をしていたデパートや病院に、洋服の店員用ユニホームや看護婦の制服を提案するなど、すぐれた才覚と行動力、そして労を惜しまぬ重労働で、洋装店の経営を軌道に載せた。
太平洋戦争で夫が戦死すると、残された3人の娘を女手ひとつで育て上げた。育ったヒロコ、ジュンコ、ミチコの「コシノ」姉妹3人は、それぞれが独力でファッション・デザイナーとなり、成功を収めた。
娘たちの活躍をよそに、岸和田で洋装店を続けていた綾子は、74歳のときに「アヤココシノ」ブランドを発表。たがいにライバル意識をむきだしにして競い合っている娘たち3姉妹の戦いに、母親もいざ参戦せんとする気概を見せた。
2006年3月、没。92歳だった。

以前、NHKの朝の連続テレビ小説枠で、小篠綾子の生涯をドラマ化した「カーネーション」という番組をやっていたので、彼女の生涯は全国的に周知かもしれない。

小篠綾子の娘たち、ヒロコ、ジュンコ、ミチコのコシノ3姉妹は、みな離婚経験者だという。これは、女手ひとつで3人の娘を育て上げた母親を見て育った影響だと分析する人もいるが、というより、彼女ら姉妹がみんな自分の職業をもち、経済的に自立していたから、結婚にしばられることなく離婚できた、そういう見方をするのが妥当だろう。
まわりを見渡しても、給料のいい会社に勤めている女性は、かなりの率で離婚している。経済力があれば、がまんして結婚生活を続ける必要性を感じない。

バイタリティーによって獲得した経済力と、社会の慣習に流されない正邪の判断力。これが彼女をして、小篠綾子たらしめている核心である。
(2017年6月15日)


●おすすめの電子書籍!

『女性解放史人物事典 ──フェミニズムからヒューマニズムへ』(金原義明)
平易で楽しい「読むフェミニズム事典」。女性の選挙権の由来をさぐり、自由の未来を示す知的冒険。アン・ハッチンソン、メアリ・ウルストンクラフトからマドンナ、アンジェリーナ・ジョリーまで全五〇章。人物事項索引付き。フェミニズム研究の基礎図書。また女性史研究の可能性を見通す航海図。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日・チェ・ゲバラの一貫 | トップ | 6月16日・荻原井泉水の詩情 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL