1日1話・今日の話題のネタ

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

6月18日・ポール・マッカートニーの明

2017-06-18 | 音楽
6月18日は、『肉体の悪魔』の作家レイモン・ラディゲが生まれた日(1903年)だが、元ビートルズのポール・マッカートニーの誕生日でもある。

ジェームズ・ポール・マッカートニーは、1942年、英国イングランドの港町リヴァプールで生まれた。ファーストネームが父親と同じで、息子はミドルネームで呼ばれる。
ポールより2歳年上のジョン・レノンは、同じリヴァプールで、ナチス・ドイツによる空爆の真っ最中に誕生したが、ポールが生まれたころには、いまだ戦時下ではあったが、すでに町への空襲はなくなっていた。
ポールの父親はセールスマンで、アマチュアのジャズ・ミュージシャンだった。父親は息子が科学者になることを望み、看護士だった母親は、ポールが医者になることを期待していた。その母親は、ポールが14歳のときに没した。彼はその悲しみを乗り越えるため、音楽に熱中した。
15歳のとき、彼は夏祭りの音楽コンサートに出演していたジョン・レノンと出会った。二人は意気投合し、友情を誓い、どちらが曲を作っても、二人の共同名義で曲を発表する約束をかわした。「レノン=マッカートニー」の誕生だった。彼らのバンド「ザ・ビートルズ」は、史上最大の人気音楽グループとなり、世界の音楽業界、ショービジネスの構造そのものを変えていく怪物的存在となっていった。
「20世紀最大の音楽事件」ビートルズの中心が、ジョン・レノンとポール・マッカートニーで、この作曲コンビは「シー・ラヴズ・ユー」「抱きしめたい」「イエスタデイ」「ミッシェル」「ヘイ・ジュード」「レット・イット・ビー」など、数々の歴史的名曲を世に送りだした。1970年のビートルズ解散、レノンとのコンビ解消後は、ポールはソロ、またいは自分と妻リンダが中心のバンド「ウイングス」として音楽活動を展開。「マイ・ラヴ」「バンド・オン・ザ・ラン」「ジェット」「あの娘におせっかい」「心のラヴ・ソング」「夢の旅人」などの名曲を発表し、ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家となった。世界音楽界最大の巨人である。

左利きのポールは、センス、テクニックともにロック史上最高のベーシストであり、世界中のミュージシャンに多大な影響を与えたが、ほかにドラム、ギター、ピアノ、キーボードなど、多くの楽器をこなすマルチプレイヤーである。ビートルズではベースギターを担当した彼は、どの楽器を演奏しても、メンバー中もっとも上手だったと言われる。

ポール・マッカートニーは、いちばん長く聴いているアーティストで、彼に関する書籍はたいてい読んでいる。彼の回想録は、拙著『名作英語の名文句2』でも取り上げた。ポールの考えについては、自分について以上にわかっている気さえする。つねに明朗で、ユーモアを絶やさないポジティブな天才、それが彼である。

ポールは、みずからの成功について言っている。
「11歳から通った学校で、こんな風に教わった。『チャンスは用意されている、じゅうぶんに賢い人間には』と。それでやってきてみたら、ロンドンがこう言うんだ、『きみはじゅうぶんに賢い。さあ、チャンスをどうぞ』と。それでお金が入ってきて、いろいろな人々と会えるドアが開かれたというわけさ(At school from age eleven they said,'There are opportunities if you're smart enough.' Then London said,'You're smart enough, here are the opportunities,' and you're getting money and open doors to all these people.)」(Barry Miles, Paul McCartney: Many Years from Now, Henry Holt and Company)
(2017年6月18日)



●おすすめの電子書籍!

『ここだけは原文で読みたい! 名作英語の名文句2』(金原義明)
「ポール・マッカートニー/メニー・イヤーズ・フロム・ナウ」「ガリヴァ旅行記」から「ダ・ヴィンチ・コード」まで、英語の名著の名フレーズを原文(英語)を解説、英語ワンポイン・レッスンを添えた新読書ガイド。好評シリーズ!


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月17日・明川哲也の考 | トップ | 6月19日・太宰治の文才 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL