1日1話・今日の話題のネタ

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

9月24日・ジェロラモ・カルダーノの流儀

2017-09-24 | 科学
9月24日は、『グレート・ギャツビー』の作家フィッツジェラルドが生まれた日(1896年)だが、万能の天才ジェロラモ・カルダーノの誕生日でもある。レオナルド・ダ・ヴィンチと同時代のイタリア人である。

ジェロラモ・カルダーノは、1501年、イタリアのパヴィアで生まれた。彼は私生児で、ミラノの住人だった母親は、ペストの流行を避けてパヴィアへ行き、彼を生んだ。父親は弁護士で、ダ・ヴィンチの友人だったという。
19歳のとき、ジェロラモはパヴィア大学に入学し、医学を学んだ。彼は大学卒業後、けんか腰の変わり者だという評判と、非嫡出の事実がついてまわり、なかなか定職に就けなかった。ミラノの医科大学に勤めたが、正式採用はされなかった。
44歳のとき代数学の論文『偉大なる術(Ars Magna)』を出版。このなかで彼は、3次方程式と、4次方程式の解き方を示した。この解法は、それぞれべつの数学者が発見したのを教わったもので、そのことはまえがきや本文にも記されているが、この本が画期的だったのは、当時は数学の解き方というのは、数学の師匠から弟子へ秘伝として伝えられるのが常識であったのを、こうやって学術論文として広く公表してしまった点だった。この旧習打破によって、どれだけ西洋科学の進歩が速まったか計り知れない。もちろんすくならかぬ非難や衝突があった。
また、この本のなかで、カルダーノは人類ではじめて、掛け合わせてマイナスになる数「虚数」の概念を示した。これも数学史の上で革命的なことだった。
52歳のとき、スコットランドのジョン・ハミルトン大司教を治療した。病に臥した大司教が治療不可能と思われていたのを治癒したことから、彼の名声は一気に高まった。
生涯にわたり生活が安定しなかったため、ギャンブルやチェスの試合を収入源にしていたカルダーノは、63歳のとき『チャンスのゲームの本(Liber de ludo aleae)』を執筆した。彼の死後に出版されたこの本は、はじめて書かれた体系的な確率論とされる。
カルダーノの業績は多岐に及び、流体力学の研究で功績があったほか、何桁かの数字を組み合わせで開くカギ「コンビネーション・ロック」の発明、ジャイロスコープのもととなるジンバルの発明、方向を変えて回転動力を伝えられるユニバーサル・ジョイント付きのドライブ・シャフトの発明など、現代でも用いられている発明が数々ある。
占星術家でもあった彼は、53歳のころにイエス・キリストのホロスコープを作図して出版していたが、その過去を69歳のときになってとがめられ、カルダーノは異端審問にかけられ、数カ月間投獄された。これは、3次方程式の解法を彼に教え、それを公表されて恨んでいた数学者タルターリアの陰謀だともいわれているが、カルダーノは教授職から身をひくことを余儀なくされ、釈放後はローマへ移り、法王から年金をもらって暮らした。医師としての治療行為は亡くなるまで続け、1576年9月、ローマで没した。74歳だった。没年については異説も存在する。

英国の劇作家、バーナード・ショーのことばにこういうものがある。
「訳のわかった人は、自分を世の中に適合させる。分らず屋は自分に世の中を適合させようと頑張る。だからすべての進歩は分らず屋のお蔭である。」
カルダーノの生涯を見ると、まったその通りだと納得させられる。
(2017年9月24日)



●おすすめの電子書籍!

『科学者たちの生涯 第一巻』(原鏡介)
人類の歴史を変えた大科学者たちの生涯、達成をみる人物評伝。ダ・ヴィンチ、コペルニクスから、ガロア、マックスウェル、オットーまで。知的探求と感動の人間ドラマ。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月23日・ブルース・スプリングスティーンの火薬

2017-09-23 | 音楽
9月23日は、音楽ユニット「B'z」のボーカル稲葉浩志が生まれた日(1964年)だが、米国のシンガーソングライター、ブルース・スプリングスティーンの誕生日でもある。

ブルース・フレデリック・ジョゼフ・スプリングスティーンは、1949年、米国ニュージャージー州のロングブランチで生まれた。おとなしくて内向的な子どもだった彼は、7歳でエルヴィス・プレスリーを聴き、ロック・ミュージックに目覚め、13歳のとき、ギターを弾きだし、16歳のころからバンドを組み、ライブ活動をはじめた。
レコード会社のオーディションを受け、23歳のときにファースト・アルバム「アズベリーパークからの挨拶」でデビュー。25歳の終わりに発表したサード・アルバム「明日なき暴走(Born to Run)」が大ヒットし、彼の人気は決定的なものとなった。
34歳のときに発表した7枚目のアルバム「ボーン・イン・ザ・U.S.A.(Born in the U.S.A.)」は世界中で大ヒットを記録し、スプリングスティーンは米国のみならず、世界を代表するロック・スターとなった。以後、活発に音楽活動を続け、アフリカの飢餓救済を目的とした「USA for AFRICA」の楽曲「ウィ・アー・ザ・ワールド」や、「アパルトヘイトに反対するアーティストたち」の楽曲「サン・シティ」に参加した。

スプリングスティーンは、こうコメントしている。
「俺は元来、孤独を好む傾向がある。金とか住む場所とか暮らし方とは関係なく、心理的な問題だ。親父もそうだった。(中略)ビールの6本入りパックとテレビさえあれば、他人と孤立できる人間はいくらでもいるさ。俺は、もともとその手の人間だったんだ。
 そんなとき音楽と出合い、自分のそういう性格を克服するために音楽にしがみついた。」(ヤン・S・ウェナー他編『「ローリング・ストーン」インタビュー選集』TOブックス)
本来陰にあるべき孤独な人間性を、無理やり前面に押しだしたアーティスト、それがスプリングスティーンである。

スプリングスティーンの歌詞は、米国の労働者階級の若者の心を刺激する、ことばの道具だてがみごとにそろっている。たとえば「明日なき暴走」では、「アメリカン・ドリーム」「豪邸」「ハイウェイ」「孤独なライダー」「自殺マシーン」「きみの夢を守りたい」「愛」「ワイルド」「おれたちは走るために生まれた」。
いわば火薬のようなことばで、スプリングスティーンはこれを集め、上手に調合する。さらに、スプリングスティーンのすごいところは、そうしたことばを力をふりしぼり、心の底から誠実に歌いあげるところで、それによって歌に魂が吹き込まれる。歌の火薬は伝わり、人々の胸のなかで爆発する。
スプリングスティーンが37歳の年に出した「ザ・ライブ」(レコード5枚組、CDで3枚組)などを聴くと、心が彼の手にわしづかみにされ、はげしく揺さぶられるのを感じる。彼のひたむきな姿勢に打たれる。
(2017年9月23日)


●おすすめの電子書籍!

『ロック人物論』(金原義明)
ロックスターたちの人生と音楽性に迫る人物評論集。スプリングスティーン、エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ジミー・ペイジ、デヴィッド・ボウイ、スティング、マドンナ、マイケル・ジャクソン、ビョークなど31人を取り上げ、分析。意外な事実、裏話、秘話、そしてロック・ミュージックの本質がいま解き明かされる。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月22日・アンナ・カリーナの運命線

2017-09-22 | 映画
9月22日は、映画運監督の牧野省三が生まれた日(1878年)だが、フランスの映画女優アンナ・カリーナの誕生日でもある。

アンナ・カリーナは、1940年、デンマークのコペンハーゲンで生まれた。本名は、ハンネ・カリン・バイヤー。父親は船の船長で、母親は洋服店を3軒経営していた。
ハンネが1歳のとき、父親は妻子を捨てて出ていき、それからハンネは母方の祖父に預けられたり、一時的に里子に出されたりした後、再婚した母親のもとへ引き取られ、落ち着かない幼年期をすごした。中学を中退したハンネは、エレベーターガール、イラストレーターの助手、映画のエキストラなどを務め、18歳のとき、短編映画「靴を履いた少女」に出演した。主人公の彼女のひとり芝居のようなこの作品はカンヌ国際映画祭に出品された。(四方田犬彦『ゴダールと女たち』講談社現代新書)
この作品を撮り終えると、すぐにハンネは母親と大げんかをして家を飛びだした。ヒッチハイクをして仏国パリへ渡った彼女は、ほとんど一文なしだったが、デンマーク人の牧師と知り合い、彼の世話でなんとか泊まる部屋を確保した。フランス語がまったくできなかった彼女は、映画館に入りびたり、同じ映画をわかるまで何べんも繰り返し観てフランス語を覚えた。
街角のカフェにすわっているところを、スカウトされ、彼女はモデルの仕事を得た。ファッション雑誌の撮影のとき、出会ったデザイナーのココ・シャネルが、これからは「アンナ・カリーナ」と名乗るといい、とアドバイスをくれた。
アンナ・カリーナになった彼女は、あるとき石けんのテレビCMに出演した。これが映画監督のジャン・リュック・ゴダールの目にとまった。ゴダールは映画「小さな兵隊」で彼女を女スパイ役に起用し、これが彼女の長編映画デビュー作となった。
カリーナはその後、「女は女である」「女と男のいる舗道」「アルファヴィル」と、立て続けにゴダール作品に出演し、25歳のとき、ゴダール監督のカラー作品「気狂いピエロ」に主演した。ベルモンドとカリーナが恋と犯罪の逃避行を続ける映画「気狂いピエロ」は、ヌーヴェルバーグの最高傑作とも言われ、映画史に残る歴史的名作となった。
21歳の年にカリーナはゴダールと結婚。27歳のときに離婚した。
その後も彼女は、ジャック・リヴェット監督の「修道女」、ルキノ・ヴィスコンティ監督の「異邦人」、トニー・リチャードソン監督の「悪魔のような恋人」など多くの映画に出演し、映画監督として「ともに生きる」「ヴィクトリア」などを撮っている。

アンナ・カリーナの出演作では「女と男のいる舗道」と「気狂いピエロ」が印象に強く残っている。とくに「気狂いピエロ」は、アンナ・カリーナのために作られたような映画で、20回以上は見ている。ゴダールの彼女への愛がスクリーンいっぱいに乱反射した映画である。

中学中退、十代でお金も持たずに家出し、ヒッチハイクして行った異国で世界的な映画女優になったという人生はすごい。人生、一寸先は光なのである。
2000年の夏、59歳の彼女は来日して、リサイタルを開いた。ステージの終わりに、「気狂いピエロ」のなかで歌った「私の運命線」を歌った。
(2017年9月22日)



●おすすめの電子書籍!

『映画監督論』(金原義明)
古今東西の映画監督30人の生涯とその作品を論じた映画人物評論集。人と作品による映画史。チャップリン、エイゼンシュテイン、溝口健二、ウォルト・ディズニー、ハワード・ヒューズ、ヴィスコンティ、黒澤明、パゾリーニ、アラン・レネ、ゴダール、トリュフォー、宮崎駿、ベルトリッチ、北野武、黒沢清……などなど監督論30本を収録。映画人たちの人生を通して「映画を観ることの意味」に迫り、百年間の映画史を総括する知的追求。映画ファン必読の「シネマの参考書」。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月21日・H・G・ウェルズの斬新

2017-09-21 | 文学
9月21日は、ロックバンド「オアシス」のリアム・ギャラガーが生まれた日(1972年)だが、SF作家H・G・ウェルズの誕生日でもある。『タイム・マシン』『透明人間』を書いた「SFの父」である。

ハーバート・ジョージ・ウェルズは、1866年、英国イングランドのブロムリーで生まれた。父親は庭師をした後に、陶器やスポーツ用品を売る店を経営しだし、地元のクリケットチームでプレイもしていた。ハーバートは、4人きょうだいの末っ子だった。
8歳のとき、足の骨を骨折して寝たきりになったとき、ハーバートは本を読むようになり、それが彼を空想好きの少年にし、書くことへ興味を向けさせた。
奨学金を得て、ロンドンの学校で生物学を修め、ロンドン大学で動物学の学位を取得した後、23歳のころ、私立学校の教師となった。
結核になり、英国南東部の保養地フォークストンで療養した後、ロンドンへもどったウェルズは、「サタデー・レビュー」誌の編集長と知り合い、それが縁で科学ライターとして原稿を書くようになった。雑誌に寄稿しながら、SF小説を書いた。
29歳のとき出版した『タイム・マシン』がベストセラーとなり、ウェルズは一躍売れっ子作家となった。以後、『モロー博士の島』『透明人間』『宇宙戦争』『月世界最初の人間』など、だいたい1年に1作ペースでSF小説を発表していき、仏国のジュール・ヴェルヌと並び称されるSF小説のパイオニアとなった。
36歳のとき、社会主義団体のフェビアン協会に入会。そのころから『アン・ヴェロニカの冒険』『トーノ・バンゲイ』『ポーリー氏の生涯』といった社会問題を扱った風俗小説を書くようになった。
1946年8月、ロンドンで没した。79歳だった。

小学生のころ、SF小説をよく読み、ウェルズにも親しんだ。近年では『宇宙戦争』をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化している。

ウェルズの名作『タイム・マシン』は拙著『名作英語の名文句』で取り上げた。『タイム・マシン』の冒頭の、科学について紳士たちが議論する風景もいいが、『透明人間』の書きだしもすてきだ。寒い日、吹雪のなかを、宿屋にひとりの男性客がやってくる。帽子を深くかぶり、サングラスをかけ、顔をマフラーでおおった男は金貨を出して、部屋に案内される。部屋の暖炉に火がともり、暖かくなっても、その男はなかなか帽子も外套も脱ごうとしない。あるとき宿の女将が盗み見ると、帽子をとった男は、頭のてっぺんまで包帯を巻いていた。
透明人間と聞けば、誰もが思い描く、このイメージは、ウェルズが創造したものだ。斬新、かつ、後世に長く読み継がれる古典の強烈な視覚イメージ。偉大なクリエイターだった。
(2017年9月21日)



●おすすめの電子書籍!

『ここだけは原文で読みたい! 名作英語の名文句』(越智道雄選、金原義明著)
「タイム・マシン」「風と共に去りぬ」から「ハリー・ポッター」まで、英語の名作の名文句(英文)をピックアップして解説。英語ワンポイン・レッスンを添えた新読書ガイド。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月20日・アプトン・シンクレアの挑戦

2017-09-20 | 文学
9月20日は、音楽バンド「オフコース」の小田和正が生まれた日(1947年)だが、「アメリカのゾラ」こと作家アプトン・シンクレアの誕生日でもある。

アプトン・ビール・シンクレア・ジュニアは、1878年、米国メリーランド州のボルチモアで生まれた。父親はお酒のセールスマンで、アルコール中毒だった。
父親であるアプトン・シニアは、商売がうまく行かず、家は貧しかったが、母親の一族はみな富裕層の人たちで、ジュニアは母方の祖父の家に滞在したりして、お金持ちの暮らしと貧乏家庭の暮らしの両方を見ながら育った。
ジュニアが10歳のとき、一家はニューヨークへ引っ越した。
14歳になるすこし前に彼はニューヨーク私立大学に入学し、19歳の年に卒業した後、コロンビア大学でも学んだ。彼は大学で法律を専攻したが、作家志望で、学生時代から子ども向けの冒険物語やジョークの小咄を書いて生活費を稼いでいた。
アプトン・シンクレアは、しだいに社会主義思想に目覚めるようになり、26歳のとき、社会主義新聞の「理性の訴え」紙の依頼を受け、シカゴへ取材調査に行った。シンクレアは、食肉加工工場に潜入調査をし、小説『ジャングル』を書き上げ、出版されると、それはたちまち大ベストセラーとなった。小説に描かれた労働者たちの苛酷な境遇もさることながら、返品されてきたカビの生えたソーセージを再加工して国内市場へまた送りだすといった食品工場のずさんな衛生管理を描いた部分が問題となり、連邦調査官がシカゴに派遣され、食肉検査法案が成立した。
28歳のとき、シンクレアは『ジャングル』で得た資金を注ぎ込んで、ニュージャージー州のエングルウッドに土地を購入し、「ヘリコン・ホーム・コロニー」というコミュニティーを創設した。これは、シンクレアなりの理想とする共同生活を実現しようとしたもので、100戸の家を建て、そこで野菜や肉やミルクなどを自給しようという計画だった。ヘリコンは創設して住人と従業員合わせて70人が暮らすようになったが、創立の翌年、火災で焼け落ちてしまった。
シンクレアは、その後、映画化された『石油!』や、『世界の終わり』シリーズなどを書き、1968年11月、ニュージャージー州のバウンドブルックで没した。90歳だった。

「ヘリコン・ホーム・コロニー」というコミュニティー(共同生活体)を作ったからみで、シンクレアを知った。『ジャングル』はすこし読んだことがある。平易で、とても真摯な態度で書かれた作品だった。

世界の資本主義の総本山である合衆国では、社会主義は一般的にはとても嫌われる。
そんな社会のなかでも、やはりシンクレアのような人が出る。だからこそ、社会は改善されていくので、彼がいなかったら、経済効率を信奉する資本家の思惑通りに事態が進み、食中毒で死ぬ米国人はまだまだ増えつづけていたにちがいない。
コミュニティーは焼け落ち、政治家としても成功できなかったけれど、彼の人生は、いいトライ(挑戦)だった。シンクレアのことばにこういうものがある。
「全体主義とは、資本主義に殺人を足したものだ。(Fascism is capitalism plus murder.)」
(2017年9月20日)



●おすすめの電子書籍!

『コミュニティー 世界の共同生活体』(金原義明)
ドキュメント。ツイン・オークス、ガナス、ヨーガヴィル、ロス・オルコネスなど、世界各国にある共同生活体「コミュニティー」を実際に訪ねた経験をもとに、その仕組みと生活ぶりを具体的に紹介する海外コミュニティー探訪記。人と人が暮らすとは、どういうことか?


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com


コメント
この記事をはてなブックマークに追加