パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

白ゆき姫殺人事件 ★★★

2014年03月31日 | アクション映画ーサ行
『告白』などの原作者・湊かなえの小説を基に、美人OLの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。報道によって浮かび上がる容疑者像をきっかけに、インターネット上での匿名の中傷やマスコミの暴走など現代社会の闇が描かれる。監督は、『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。容疑者である地味なOLを井上真央が熱演。テレビディレクター役の綾野剛のほか、菜々緒、貫地谷しほりらが共演する。容疑者がいかなる結末をたどるのか最後まで目が離せない。
あらすじ:人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。テレビディレクターの赤星雄治(綾野剛)は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。典子が美姫の同期入社で、美人で評判だった一方、美姫は地味で目立たない存在だったことが報道され……。

<感想>美人OL殺害事件の真相をワイドショーのディレクターがデジカメで追っていくというPOVスタイルで、臨場感たっぷりに、また最後まで真犯人が断定できないユニークな構成になっている。関係者の噂話、ツイッターでのつぶやき、ワイドショー出演者の発言などが重なって事件を煽り、冤罪事件を生み出していく展開が恐ろしいですよね。
容疑者となる冴えないOLを井上真央、ツイッター中毒の軽薄なディレクターを綾野剛、噂好きな後輩に蓮佛美沙子、引きこもりの幼馴染を貫地谷しほりと、普段とは異なるキャラクターを演技派キャストが演じている点でも楽しいです。
二面性のある美人OLを演じた菜々緒の熱演も効果的でした。

TVドラマや、「シャニダールの花」に於ける綾野剛の魅力を感じ、それから注目を置くようになった。彼の覇気のないような静かな演技、どう見てもアクション俳優には向かない。本作でもしがない映像ディレクター役だが、社会人としての甘さがある男。自分のことを過大評価し、いかに注目されるかを考え、雇われではなく正社員になりたい。でも回りが見えず視野の狭い空回りキャラをイメージしているように見えた。
彼は鼻の下にちょび髭はやし、インチキ臭い顔になって、仕事に対する姿勢だってとにかく薄っぺらい奴、浅はかでみんなが発信していることを鵜呑みにして、そのまま世に出してしまう。スクープを得た時の知り合いの記者のことや、その対象になり得る自分自身のことを客観的に分析していて面白かったです。赤星が初めて殺害現場の“しぐれ谷”に行ったシーンでの、剛くんの芝居が特に印象に残っています。カメラを持ったままそこへやってくる感じが、本当にビビッている、あのヘタウマ感も良かった。

それに、映画の冒頭で彼が見せるツイッターを打ちながら電話で話をするシーンも、化粧品会社に勤める大学時代の後輩から最新情報をもらい、そのままネットに垂れ流す。いつもの習慣って恐ろしいです。「犯人わかちゃいました。行方不明の城野美姫で間違いないでしょう」って、実名で流すのはどうかしている。赤星は特ダネ狙いで関係者を取材、これでテレビ局との契約更新は確実でしょう、と勘違いしている。
ところが、赤星の推理はワイドショーでオンエアされ、城野美姫は、ほぼ犯人と世間では断定される。真実を追求しないで、勝手に憶測で犯人をマスコミが実名でオンエアするなんて、これは冤罪です。

マスコミやネットによるミスリードの怖さが描かれている。視聴率やPV数を意識して事実を面白おかしく脚色していくメディアの情報を鵜呑みにすると、とんでもないことになってしまう。
酷いのが、城野美姫の職場の人や、大学時代の友人、小中学時代の友人など、美姫を知る人たちが、みんな自分の都合のいい美姫像しか語らない。だから、犯人でもない彼女は、追い詰められてホテルに隠れて閉じこもる。

実際は、美姫が犯人ではなく、化粧品会社の同僚で○○さん、美人で男性社員からもちやほやされ殺された典子が憎らしかったのだ。その人間が嘘の情報を流して、自分が殺人を犯したことを他人になすりつけようとしたわけ。

犯人と実名で報道されてしまった、美姫のこれからの人生は、暗い闇の中での生涯となる。子供時代に「赤毛のアン」の小説が好きで、自分をアンに仕立て、仲のいい貫地谷しほりをダイアナと呼び、家も対岸にあるためローソクの火でモールス信号のように、自分の気持ちを伝えるシーンも好きです。
真実はなんだろう!・・・って言うことを判断する能力が非常に低下してると思います。それこそ、SNSの嘘の情報が本当になってしまったりとか。非常に一方通行で、とても危険な時代になりましたね。
殆どのひとたちは、たぶんそう思わない。これが当然だと思っている。知らない人が、知らない人に文句言ったり、炎上したりだとか、実にめちゃくちゃだと思います。私はツイッターはしてませんが、怖いですよね、勝手に好きなことをつぶやいて、それが相手を傷つけることもあるのですから。
2014年劇場鑑賞作品・・・73  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さよなら、アドルフ ★★★ | トップ | コンプライアンス 服従の心理... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『白ゆき姫殺人事件』 2014年3月30日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『白ゆき姫殺人事件』 を鑑賞しました。 原作も読んで万全の状態で臨むも、結果虚しい 【ストーリー】  人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。テレビディレ...
白ゆき姫殺人事件 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 視聴率アップのための過熱報道とネットの書き込みに
劇場鑑賞「白ゆき姫殺人事件」 (日々“是”精進! ver.F)
“城野美姫”という人物について… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403290000/ 【送料無料】白ゆき姫殺人事件 [ 湊かなえ ]価格:630円(税5%込、送料込) 【送料無料】All alone in the world(CD+DVD) [ 芹沢...
『白ゆき姫殺人事件』 雪がひらがなの理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  美人OLの死の謎を追う『白ゆき姫殺人事件』の特徴は、スクリーンに現れるツイートの数々だ。  原作小説ではマンマローという架空のサービスが登場するが、映画ではツイッター社の協力を得て現実のTwitterを模した画面がスクリーンに映し出され...
白ゆき姫殺人事件 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 美人さんが殺された事件の犯人風に井上真
「白ゆき姫殺人事件」当時の印象しか知らない証言を公表した先にみた捻じ曲げられた真実を信じ込んでしまったメディア一般人による冤... (オールマイティにコメンテート)
「白ゆき姫殺人事件」は湊かなえ原作の「白ゆき姫殺人事件」を映画化した作品で長野の公園で遺体となって発見された美人OLの殺人事件を巡り、Twitterとワイドショーで様々な展開と ...
白ゆき姫殺人事件 (心のままに映画の風景)
  国定公園・しぐれ谷で、10か所以上刺された女性の焼死体が発見される。 被害者は、地元企業“日の出化粧品”の美人社員、三木典子(菜々緒)だったが、ほどなく、被害者とは対照的な地味で目立たない同僚女性、城野美姫(井上真央)に疑いの目が向けられるた。 ...
白ゆき姫殺人事件 (悠雅的生活)
つぶやき。空想。わたしはここにいる。
【 白ゆき姫殺人事件 】真犯人はあなた自身 (映画@見取り八段)
白ゆき姫殺人事件     監督: 中村義洋    キャスト: 井上真央、綾野剛、菜々緒、金子ノブアキ、蓮佛美沙子、貫地谷しほり、小野恵令奈、谷村美月、染谷将太、生瀬勝久、秋野暢子、ダンカン、山下容莉枝、TSUKEMEN、宮地真緒、朝倉あき、大東駿介 公開: 2014年...
【 白ゆき姫殺人事件 】真犯人はあなた自身 (映画@見取り八段)
白ゆき姫殺人事件     監督: 中村義洋    キャスト: 井上真央、綾野剛、菜々緒、金子ノブアキ、蓮佛美沙子、貫地谷しほり、小野恵令奈、谷村美月、染谷将太、生瀬勝久、秋野暢子、ダンカン、山下容莉枝、TSUKEMEN、宮地真緒、朝倉あき、大東駿介 公開: 2014年...
中村義洋監督、井上真央、綾野剛主演『白ゆき姫殺人事件(THE SNOW WHITE MURDER CASE)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。湊かなえの同名小説を映画化『白ゆき姫殺人事件(THE SNOW WHITE MURDER CASE)』監督は『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。出演は井上真央、綾野剛、菜々
保身に必死。『白ゆき姫殺人事件』 (水曜日のシネマ日記)
湊かなえの小説を基に描かれた作品。美人OLの殺害容疑を掛けられた女性と彼女を取り巻く様々な環境にいる人たちの物語です。
白ゆき姫殺人事件 (映画好きパパの鑑賞日記)
 映画としての重みはそれほどでもないのですが、エンタメと社会批判を見事に両立させ、2014年の日本社会を切り取ったという意味では、非常に意義のある作品。今年の邦画ベスト候補に早くも名乗りを上げました。  作品情報 2014年日本映画 監督:中村義洋 出演:...
白ゆき姫殺人事件/井上真央 (カノンな日々)
湊かなえさんの同名小説を原作にして中村義洋監督が井上真央さんを主演にとある美人OL殺人事件を巡って容疑者とされた女性に対して巻き起こっていく周囲の悪意の暴走を鮮烈に描く ...
白ゆき姫殺人事件/井上真央 (カノンな日々)
湊かなえさんの同名小説を原作にして中村義洋監督が井上真央さんを主演にとある美人OL殺人事件を巡って容疑者とされた女性に対して巻き起こっていく周囲の悪意の暴走を鮮烈に描く ...
[映画『白ゆき姫殺人事件』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので、ホント、短くてごめん!  面白かった!  原作は、東野圭吾とともに、私にとってはストレスの溜まる作家・湊かなえ原作だが、中村義洋監督がスマートに撮りあげている。  主人公であり、冴えなくも、殺人事件の被疑者に、ネット上やマスコミで祭り上げ...
映画『白ゆき姫殺人事件』観てきたよ~ (よくばりアンテナ)
評判が良いようなので観てきました。 原作は読んでません。 同僚が原作の雰囲気を話してくれてたんですよ。 ストーリーの進み具合と同時進行してるツイッターのタイムラインがあって、 あっちこっち読みながら、忙しいんだと。 なるほど、湊かなえ作品らしい新...
2014年の017「白ゆき姫殺人事件」 (Doing-on-the-fly)
 中村義洋監督は侮れない監督だ。劇場に足を運んだすべてがあたりの映画監督ってそう
「白ゆき姫殺人事件」:意外とウェルメイド (大江戸時夫の東京温度)
映画『白ゆき姫殺人事件』は、タイトルといい予告編といいほとんどそそられなかったの
映画「白ゆき姫殺人事件」 (FREE TIME)
映画「白ゆき姫殺人事件」を鑑賞しました。
『白ゆき姫殺人事件』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「白ゆき姫殺人事件」□監督 中村義洋□脚本 林 民夫□原作 湊かなえ□キャスト 井上真央、綾野 剛、菜々緒、金子ノブアキ、小野恵令奈、蓮佛美沙子■鑑賞日 3月30日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(...
『白ゆき姫殺人事件』('14初鑑賞31・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 3月29日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 15:10の回を鑑賞。
白ゆき姫殺人事件 (映画的・絵画的・音楽的)
 『白ゆき姫殺人事件』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)大変面白かった『みなさん、さようなら』の中村義洋監督が制作した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、車のヘッドライトの中に、地面に倒れている女の体が浮かび上がり、まだどく....
白ゆき姫殺人事件  監督/中村 義洋 (西京極 紫の館)
【出演】  井上 真央  綾野 剛  菜々緒 【ストーリー】 人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。殺害されたのは典子で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫。テレビディレクターの赤星雄治は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。典子が美....
『白ゆき姫殺人事件』をトーホーシネマズ六本木1で観てポロリはないけど美人が多くて眼福眼福ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★今は噂が早くてこえーね】   原作未読。 面食らうのはネット描写の誤りだが、壊滅的な間違いではない。 元は2チャンネルの事件版辺りをお手本にしてる ...
「白ゆき姫殺人事件」 ここにいるよ (はらやんの映画徒然草)
記憶は、必ずしも事実とは違います。 人は思い出したいように思い出し、そこには自分
白ゆき姫殺人事件 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
白ゆき姫殺人事件 '14:日本 ◆監督:中村義洋「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」 ◆主演:井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、金子ノブアキ、小野恵令奈、谷村美月、染谷将太、生瀬勝、秋野暢子、ダンカン、山下容莉枝、TA...
白ゆき姫殺人事件 (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ~、クズばっかだな。
No.376 白ゆき姫殺人事件 (気ままな映画生活)
「告白」「贖罪」の湊かなえが2012年に発表したサスペンス小説を、井上真央主演で映画化。日の出化粧品の美人社員・三木典子が何者かに惨殺される事件が起こり、典子と同期入社で地 ...
「白ゆき姫殺人事件」 (Con Gas, Sin Hielo)
真央といえば、断然井上。 明るく元気な印象が強い井上真央が、ひたすら地味なOL役に扮しているという本作。 別にオスカー俳優のように物理的なアプローチをしているわけではない。それでいて、同僚役の奈々緒と並ぶだけでその立ち位置に説得力を持たせているのは、や....
白ゆき姫殺人事件 (銀幕大帝α)
2014年 日本 126分 ミステリー/サスペンス 劇場公開(2014/03/29) 監督: 中村義洋 『みなさん、さようなら』 原作: 湊かなえ『白ゆき姫殺人事件』 出演: 井上真央:城野美姫 綾野剛:赤星雄治 菜々緒:三木典子 金子ノブアキ:篠山聡史 小野恵令奈:満島栄...
白ゆき姫殺人事件 (いやいやえん)
【概略】 美人OL惨殺事件をめぐり、地味なOL・城野美姫に疑惑の目が向けられる。TV番組のディレクター・赤星雄治は彼女の足取りを追い掛けるのだが…。 サスペンス 原作が湊かなえさんでネット炎上をテーマにした作品なんですが、この原作者の作品という事で、あ...
映画「白ゆき姫殺人事件」レビュー(貫地谷しおり、世界中の人間が敵になっても俺はお前の味方だ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「白ゆき姫殺人事件」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います
白ゆき姫殺人事件 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年 日本 上映時間:126分 監督:中村義洋  湊かなえの原作本を読み始めたばかりだったが、レンタル屋の棚でこのDVDを見つけてしまい、原作を読む前のほうが面白かろうと、早速レンタルすることになってしまった。 やはりミステリーものは
白ゆき姫殺人事件 (のほほん便り)
現代のネット社会を皮肉っぽくあぶりだした、湊かなえらしいサスペンス。 井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子と、好きな俳優さんが次々、出てきて嬉しかったです。 「サイレーン」も菜々緒の正しい使い方(?)、と感じましたが、この作品も、しかり。キャスティングが心...
映画評「白ゆき姫殺人事件」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり