パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ホットロード ★★★.5

2014年08月21日 | アクション映画ーハ行
1980年代に若者の圧倒的な支持を集めた紡木たくによる少女コミックを、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈主演で実写映画化した青春ドラマ。原作者の紡木たくが脚本を監修し、母から愛されず行き場のない不安を抱える孤独な14歳の少女と、刹那的に生きる不良少年との切なくも激しい純愛を描く。ヒロイン能年の相手役には、三代目J Soul Brothersの登坂広臣が抜てきされ、『僕等がいた』シリーズなどの三木孝浩がメガホンを取る。
あらすじ:母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の宮市和希(能年玲奈)は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。そんなある日、不良の春山洋志(登坂広臣)と出会い、彼らの世界に自らのよりどころを見いだすようになる。少しずつ洋志に惹(ひ)かれていく和希だったが、Nightsのリーダーとなった洋志は反目し合うチームとの激しい争いにしのぎを削ることとなり……。

<感想>10代特有の純粋さや未熟さ、危ういさを綴った紡木たくの青春マンガを実写化。居場所を求めて不良の道へ足を踏み入れた主人公和希と、その恋人春山洋志の激しくも切ない純愛物語。
不器用な生き方は若者の共感を呼び、コミックス全4巻累計発行部数700万部を記録する大ヒットとなった。そして、連載終了から27年の時を経て、その名作が初の実写版映画としてよみがえったのである。主人公和希役には「あまちゃん」で一躍スターの仲間入りをした能年玲奈が、春山には本作が役者デビュー作となる、三代目J Soul Brothersの登坂広臣が自然な演技で好感がもてました。

湘南海岸にバイクに、反発しながら惹かれあう少年と少女、とくれば往年の暴走族青春映画そのままなのだが、違いは、かつてのそれが、既存の社会への反抗としてあったのに対して、こちらは家庭の問題へと縮小しているのは、ご時勢ゆえなのか。
まぁ、大人になった主人公の現在時からの回想ふうに始まるのだが、これが全く意味をもたないのだ。

話はドロドロで、特に主人公の母親は、はっきり言ってキチガイですから。夫は概に亡くなっているのだが、望まない結婚だったからというので、彼の写真は一切なしなんてことがあるのでしょうか。
それで、初恋の男とちゃっかり寄りを戻してホテル三昧って、そりゃないでしょに。娘は辛いよね、彼女を救い出すバイクの騎士のキャラが弱いのが難点ですかね。それでも、二人は一緒に住むことになり、朝から蟹を喰って当たるとは、この食中毒事件にはびっくりして、和希が薬を持ってきて晴山に口移しで飲ませるお初のキスシーンは良かった。

だが、そんな物語以前に気になったのは、能年玲奈と登坂広臣のアップの次は、決まって海や空のロングショットになるというワンパターン化した編集ぶりには呆れてしまった。
主軸である和希と春山のラブストーリーと並行して、丁寧に描かれるのが和希と母親である木村佳乃との衝突。本当は誰よりも互いのことを思い合っているのに、分かり合うことができない二人。そのギクシャク感と雪解けへの道もまた、胸を打つ要素となっています。

最後が、風邪で熱出しているのに、暴走族との抗争にヘッドとしていかなければならない。フラフラでバイクに乗り向かうも、警察の手入れで誰もいないのだ。途中で検問に引かかって慌ててバイクを回すと、目の前にトラックが追突した。5メートルも吹っ飛んだそうで大怪我を負い意識がない晴山。それでも、「あいつには俺しかいない」と、生きようとする若い力が死の世界から甦るのだ。

元ヘッドの[HK/変態仮面]に出ていた鈴木亮平演じるトオルが素敵でした。バスで妊婦さんに席を譲って、自分ももうすぐ父親になるという。暴走族とは、若い青春の1ページみたいな、粋がってカッコつけて、命を無駄にするなよな。しかし、最近はすっかり暴走族の姿が見えなくなったね。
2014年劇場鑑賞作品・・・272  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« めぐり逢わせのお弁当 ★★★★ | トップ | キアヌ・リーブス ファイテ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ホットロード」:相米さんが生きてたらなあ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ホットロード』の初日。能年ちゃんファンの大江戸としては丸の内ピカデリーの舞
「ホットロード」居場所を無くした2人が出逢った先にみた命の大切さを知り共に生きるという存在意義を見つけた希望の道 (オールマイティにコメンテート)
「ホットロード」は紡木たく原作の漫画を実写化した作品で、14歳の少女が小さい時に父親を亡くしてから母親と上手くいかず心の闇を抱えていたが、青年で出逢った事で生きる希望の ...
ホットロード (Akira's VOICE)
生きろ!青少年!  
ホットロード (映画好きパパの鑑賞日記)
 あまちゃんの能年玲奈の熱演や、三木孝浩監督と山田康介カメラマンの湘南を捉えた美しい映像など、個別のパーツは面白かったのに、いま一つ乗り切れませんでした。少女マンガ原作なので、ヤンキーこそ正義というステレオタイプな設定が腑に落ちなかったのかも。  作品...
『ホットロード』 2014年8月17日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ホットロード』 を鑑賞しました。 三木孝浩監督は嫌いじゃないけど、この作品はどうした 【ストーリー】  母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の宮市和希(能年玲奈)は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。そんなある日...
ホットロード/能年玲奈、登坂広臣 (カノンな日々)
80年代に別冊マーガレットで連載され10代の若者たちから多くの支持を集めた紡木たくさんの伝説的コミックがついに、ようやく、いまさら(笑)実写映画化されました。何を隠そう私も支 ...
「ホットロード」 (或る日の出来事)
う~ん。能年ちゃんだと『あまちゃん』のイメージがどうしても。
『ホットロード』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ホットロード」□監督 三木孝浩□脚本 吉田智子□原作 紡木たく □キャスト 能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平■鑑賞日 8月17日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5...
「ホットロード」 (Con Gas, Sin Hielo)
藤沢も茅ヶ崎もみんな相模ナンバーだった時代。 それは携帯電話がない時代でもあった。つながりたい時につながれない。誰もが等しくコミュニケーションに不器用だった。 あのとき、なんでいてくれなかったの?どこにでも生じ得る小さなズレの積み重ねが母と娘の亀裂を....
ホットロード (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2014年 日本 上映時間:119分 監督:三木孝浩  原作は30年近く昔の少女マンガらしい。そのためだろうか、小学生を連れた女性たちが多かった。多分彼女たちが青春時代に読んで感動したマンガなのだろう。 しかし子供が観て楽しい映画ではない。そ
ホットロード  (単館系)
ホットロード MOVIXさいたま 8/16公開 母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の 宮市和希(能年玲奈)は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。 そんなある日、不良の春山洋志(登坂広臣)と出会い、彼らの世界に自らのよりど...
映画「ホットロード」 (FREE TIME)
9月1日のファーストデーに、映画「ホットロード」を鑑賞しました。
ホットロード (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ホットロード '14:日本 ◆監督:三木孝浩「陽だまりの彼女」「僕等がいた 前篇後篇」 ◆出演:能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平、太田莉菜、竹富聖花、落合モトキ、山田裕貴、鷲尾真知子、野間口徹、利重剛、松田美由紀、野替愁平、遠藤雄弥 ...
ホットロード (いやいやえん)
【概略】 孤独な14歳の少女・宮市和希は、夜の湘南で出会った「Nights(ナイツ)」という不良チームの少年・春山洋志に惹かれていくが…。 ラブストーリー 紡木たく原作漫画の実写版です。なんとなーく、一時期流行していた「らしい」いわゆる暴走族・不良系の作品...
ホットロード (のほほん便り)
たしかに、能年玲奈、複雑な環境にある、思春期の難しいところを熱演してましたが、14歳には、ちょっと無理があったかな? 彼女自身は可愛かったのですが、どんよりした役で、持ち味が活かせず、ちょっと、お気の毒な気がしたのでした。 それにしても、なぜ、この時...
映画評「ホットロード」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・三木孝浩 ネタバレあり