パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ローン・サバイバー ★★★★

2014年03月23日 | アクション映画ーラ行
アメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズ史上最悪の惨事と呼ばれるレッドウィング作戦の全貌を映画化した戦場アクション。実際に作戦に参加し唯一生還した兵士の回顧録を原作に、極限状況下の戦場の真実をリアルに描く。監督は、『ハンコック』などのピーター・バーグ。『ディパーテッド』などのマーク・ウォールバーグを主演に、『バトルシップ』などのテイラー・キッチュ、『メッセンジャー』などのベン・フォスター、『イントゥ・ザ・ワイルド』などのエミール・ハーシュら実力派が共演する。

<感想>戦争映画です。それも観客が受け入れやすいように加工された戦争ではなく、目をそむけたくなる現実から目を背けずに、血の滴る肉の塊をそのままぶつけたような戦争映画である。舞台はアフガニスタン。数多くの米兵を殺害したタリバンのリーダーを倒すべく、海軍特殊部隊が派遣される。最初は過酷な特殊部隊の訓練シーン。あまりにも肉体に辛いと感じたら鐘を鳴らして除隊できるという。そして、訓練に耐え忍んだ者だけが選ばれ、現地に送られる。
最初は順調に、リーダーとそのグループの黙視に成功するが、作戦を開始する矢先にタリバンの一団に襲われ激戦に突入する。これはもうお馴染みの筋書き。
熟練の戦士たちが悪者を倒すわけだから、ハリウッド映画の定石どおりに見えるところだけれど、それが違うんです。

この部隊がタリバンに襲われたきっかけは、通りがかった村人たちに見つかったからで。村人たちは米兵を攻撃したわけではないし、武装もしていないので、ルールに従うなら敵とみなして殺すわけにはいかない。
だが、村人を逃がしてしまえば、当然のように米兵のことがタリバンに伝えられて戦闘になることは確実。殺しも逃がしもせずに、ただ動けないように拘束して米兵が移動するという方法もあるけれど、この寒さのなかで拘束すればやはり死んでしまう。さぁ、どうする、というシチュエーションなのだ。
上官に助言を求めようとしたものの無線は通じず、4人は激しい激論の末に前者を選ぶ。つまり解放したのだ。ところが、この人道的には正しい選択と通信不調の問題が、のちに取り返しのつかない厄介なことに発展していく。映画はこうした想定外の事態が起こりうる戦場での決断の困難さと、その結果、もたらされる皮肉な運命を生々しく描き、じわじわと不吉なサスペンスを高めていく。
通信を確保するために山頂をめざす途中、迫りくるタリバン兵を察知した4人が、もはや戦闘はさけられないと覚悟を決め、ラトレルが最初の銃弾を放つまでのただならぬ緊迫感にハラハラ、ドキドキです。

実際の戦場における4人は、自分たちが何十人、何百人を相手に戦っているのか皆目見当がつかなかったはず。いくら迎え撃っても無限に湧いてくる黒ずくめの敵兵を前にした彼らは、想像を絶する恐怖を味わったに違いありません。
むろん本作はドキュメンタリーではなく劇映画ではあるが、このリアルな戦場のシーンでは、体験しえない極限状況の映像に度肝を抜くことでしょう。
平地ではない山岳地帯。無数の岩が転がっている急斜面の荒野は、走ることもままならず、なおかつ敵の自動小銃やロケットランチャーの猛攻を絶え間なくあびる状況下では、どの方向に退避すべきかも判断しがたい。

高地なれしたタリバン兵にとっては自分の庭状態。まさに完全アウェーです。エミール・ハーシュ演じるディーツが、「何故彼らはあんなに速く動けるのだ」と切羽詰った台詞が緊迫感ありあり。
背後は断崖、人間が転落するというアクションを、かつてこれほどまでに凄まじく、恐ろしく映像化した映画はないでしょう。まさに、転げ落ちるという、その下には尖った岩があるというのに。

それでも戦闘は終わらず、満身創痍のシールズ4人の抵抗は、3人が息絶え、一人が戦闘不能に陥るまで続いていく残酷さである。ハリウッドの映画ならこんな時には、騎兵隊が来るに違いない。この映画でも実際にヘリが2機やって来るのですが、なんと1機は乗組員が脱出するまもなく攻撃されて爆発炎上し、残りの1機は断念して引き返すというシーンもありました。
その圧倒的なリアリティと迫真性を画面にみなぎらせたスタッフの仕事ぶりは、兵士それぞれの人間性を力強く体現したキャストの、熱演とともに高く評価されるべきでしょう。
そして、悪夢のような戦闘映画は、精根尽き果てたラトレルに手を差し伸べる、意外な救世主の出現によって急展開を見せる。だが、このフィクションではあり得ない驚きを呼び起こすのである。先にラトレルが山羊飼いを殺すか生かすかの選択を迫られたように、村人の救世主がまた見知らぬ米兵を救うべきか否か、自らの生死に関わる決断を迫られる。

そこへ、タリバン兵がかぎつけて村人を責め立てる。ラトレルも助かったのはいいが、自分で銃弾をナイフで取り出し、足の飛び出た骨は手で押し込むという荒治療。よく生き残ったと思う。
たった一人の米兵の生還の裏側にあった、幾つかの究極の決断のドラマは、このうえなく劇的であり心揺さぶられずにいられない。
観終わって見れば、気軽に楽しめるレベルのスリルや爽快感とはかけ離れて、どうしようもない痛みと苦しみが入り交じった複雑な余韻が残る戦場実話である。
2014年劇場鑑賞作品・・・65  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある愛へと続く旅 ★★★ | トップ | ワン チャンス ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ピーター・バーグ監督『ローン・サバイバー(LONE SURVIVOR)』マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、ベン・フォスター、エミー... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。アメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズ(Navy SEALs)史上最悪の惨事と呼ばれるレッド・ウィング作戦。唯一生還した兵士マーカス・ラトレルの回顧手記『アフガン、たっ
映画「ローン・サバイバー」@TOHOシネマズ日本橋 (新・辛口映画館)
 日テレさん主催の試写会だ。試写会場はオープン前の「TOHOシネマズ日本橋 スクリーン6」だ。試写会の客入りは若干空席のある9割くらいだ。
『ローン・サバイバー』 2014年3月18日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ローン・サバイバー』 を試写会で鑑賞しました。 オープン前のTOHOシネマズ日本橋で鑑賞できました。 劇場は綺麗で(←あたりまえ)、TCXではないスクリーンでしたが 壁一面をうまく使って大きめなスクリーンで、段差がしっかりあって あの段差なら前は全然気になりま...
『ローン・サバイバー』 (時間の無駄と言わないで)
実際の出来事を基にした戦争映画。 上映時間中ほぼずっとドンパチやってます。 タリバンを倒しに行く米軍の話。 予告編でも言ってるし、そもそもタイトル通りだし、「主人公以 ...
ローン・サバイバー / Lone Survivor (勝手に映画評)
米海軍特殊部隊ネイビーシールズ創設以来最大の惨事と言われた「レッド・ウィング作戦」を描いた作品。 121分と、2時間の作品ですが、それ程長いとは感じませんでした。2時間の殆どは、戦闘シーンでは無いですかね。それほど真に迫り、リアルな作品だったと言うことだっ....
ローン・サバイバー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 今週3本目の実話ベースの映画はどれも秀作ぞろいであった。
ローン・サバイバー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LONE SURVIVOR】 2014/03/21公開(03/11試写) アメリカ PG12 121分監督:ピーター・バーグ出演:マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスター [Story]2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯である特殊任務に就いていた4人のネイ...
劇場鑑賞「ローン・サバイバー」 (日々“是”精進! ver.F)
仲間を、生きて還す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403240001/ ★枚数限定ポスター★■マーク・ウォルバーグVer■ [映画ポスター] ローン・サバイバー (LONE S...価格:6,800円(税5%込、送料別) 【送料無...
ローン・サバイバー (心のままに映画の風景)
2005年6月。 アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズは、極秘任務“レッド・ウィング作戦”を決行する。 タリバン幹部アフマド・シャーを見つけ出し、殺害する任務についた、マーカス・ラトレル (マーク・ウォールバーグ)、マイケル・マーフィ(テイラー・キッチュ...
『ローン・サバイバー』 (ラムの大通り)
(原題:Lone Survivior) ----『ローン・サバイバー』って、 タイトルがネタバレ。 ひとりだけ生き残るってこと、 最初から分っちゃうじゃニャい。 「う~ん。 でもこれって2005年6月に アフガニスタンの山岳地帯で展開されたレッドウィング作戦を基にした実話だし、 ....
誇り高き男たち。『ローン・サバイバー』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズ史上最悪の惨事と呼ばれるレッドウィング作戦の全貌について実話を基に描かれた作品です。
ローン・サバイバー/マーク・ウォールバーグ (カノンな日々)
アメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズ史上最悪の惨事と呼ばれているレッドウィング作戦の真相を活写した戦争アクション・ムービーです。主演は『テッド』のマーク・ウォールバ ...
ローン・サバイバー (風に吹かれて)
差し伸べられた手 公式サイト http://lonesurvivor.jp 実話の映画化 原作: アフガン、たった一人の生還 (マーカス・ラトレル著/亜紀書房)監督: ピーター・バーグ  「キングダム
『ローン・サバイバー』 (こねたみっくす)
決して戦いから逃げない。 これはアメリカ賛歌の映画でもなければ、ネイビーシールズ賛歌の映画でもない。さらにレッド・ウィング作戦に失敗したアメリカ批判の映画でもなければ ...
映画「ローン・サバイバー」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ローン・サバイバー』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 リアルな銃撃戦を楽しむ戦争アクションと観るも良し! アメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズ史上最悪の惨事...
ローン・サバイバー (はるみのひとり言)
レディースデーに観ました。4月になってから行ったので鑑賞料100円アップ。悔しいぃ~。アメリカの特殊部隊ネイビーシールズ創設以来、最大の犠牲者を出したアフガニスタンでのレッド・ウィング作戦を描いた作品です。2005年、任務遂行のためアフガニスタンの山岳地帯...
『ローン・サバイバー』を絶賛せよ! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この映画のことを考えただけで胸が熱くなる。  米軍の精鋭部隊ネイビーシールズの隊員たちがタリバンの軍勢と戦う本作は、多勢に無勢の戦闘に終始しており、『アラモ』や『300 <スリーハンドレッド>』に通じるものがある。『アラモ』も『300 ...
ローンサバイバー (映画好きパパの鑑賞日記)
 世界最強の米軍シールズの最大の悲劇となった、アフガンで実際に起きた事件を映画化。アクションシーンはものすごい迫力だったのですが、ラストが原作を変え、いかにもアメリカ万歳にしてしまったのがすごい残念。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:ピーター...
ローン・サバイバー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ローン・サバイバー '13:米 ◆原題:Lone Survivor ◆監督:ピーター・バーグ「キングダム 見えざる敵」 ◆主演:マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスター、エリック・バナ ◆STORY◆2005年6月、国際テロ組織アル・カイ...
「ローン・サバイバー」:こんな目に遭うのは嫌だ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ローン・サバイバー』は、恐ろしくリアルな戦場もの。少なくとも「リアルに死と
映画『ローン・サバイバー』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-28.ローン・サバイバー■原題:Lone Survivor■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:121分■料金:1,800円■観賞日:3月22日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本・製作:ピーター・バーグ◆マーク・ウォールバーグ◆テイラー・キ...
ローン・サバイバー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ローン・サバイバー」監督:ピーター・バーグ(『バトルシップ』)出演:マーク・ウォールバーグ(『2ガンズ』『テッド』)テイラー・キッチュ(『ジョン・カーター』『バトルシ ...
ローン・サバイバー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
4月も観た映画が少なすぎ・・・、ゲームにはまって いる中どうしてもこれだけは外せないなという映画が 近場のシネコンで上映していましたので、何とか コントローラーを振り切って観に行ってきました。 観たのはマーク・ウォールバーグ主演の戦争映画 「ローン・サバイ...
「ローン・サバイバー」 (ここなつ映画レビュー)
マーク・ウォルバーグ好きにはこたえられない作品。でも、マーク・ウォルバーグは主役であって主役ではない。何を言っているのか判らない、というのであれば、こういう風に言えばいいのかな。つまり、主役は全てのソルジャーであり、全ての市井のレジスタンスである。信念...
落下映画ともいえる痛み (笑う社会人の生活)
14日のことですが、映画「ローン・サバイバー」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯である特殊任務に就いていた4人のネイビーシールズ隊員 200人を超えるタリバン兵の待ち伏せに遭い、猛攻撃を浴びてしまい・・・ これは実話で...
ローン・サバイバー (Lone Survivor) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・バーグ 主演 マーク・ウォールバーグ 2013年 アメリカ映画 121分 戦争 採点★★★ 小学校中学年の頃、学校の裏手にあった高さ15メートル位の崖をひたすら上り下りするだけの遊びにはまっていた私。崖の表面を突き破って生えてる木の根や蔦を伝って...
映画評「ローン・サバイバー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ピーター・バーグ ネタバレあり
ローン・サバイバー (いやいやえん)
【概略】 レッド・ウィング作戦に参加した4人のネイビーシールズは、アフガンでの偵察任務中に下した“ある決断”により、200人を超えるタリバン兵と戦うことになる。 戦争アクション マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・...