パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

海よりもまだ深く ★★★.5

2016年05月24日 | アクション映画ーア行
「そして父になる」「海街diary」の是枝裕和監督が、夢ばかり追い続けて妻子にも愛想を尽かされた甲斐性なしのダメ男を主人公に贈るコメディ・ドラマ。冴えない人生を送る男が、ひょんなことから年老いた母の家で、別れた妻子と一晩を過ごす中で織りなすほろ苦くも心沁み入る人間模様をユーモラスなタッチで綴る。主演は「歩いても 歩いても」「奇跡」「ゴーイング マイ ホーム」に続いて4度目の是枝作品出演となる阿部寛。共演に真木よう子、小林聡美、樹木希林。

あらすじ:自称作家の中年男、篠田良多。15年前に新人賞を受賞したものの、その後は鳴かず飛ばず。ギャンブル好きで、今は“小説のための取材”と称して探偵事務所で働く日々。当然のように妻の響子には愛想を尽かされ、一人息子の真悟を連れて家を出て行かれてしまった。その真悟との月に1度の面会が何よりの楽しみでありながら、肝心の養育費はまともに払えず、おまけに響子にも未練タラタラで、彼女に恋人ができたと知り、本気で落ち込んでしまう始末。そんな甲斐性なしの良多にとって頼みの綱といえるのが母の淑子。夫に先立たれ、団地で気楽なひとり暮らしをしている彼女の懐を秘かに当てにしていた。そんなある日、真悟との面会の日を淑子の家で過ごす良多。やがて真悟を迎えに響子もやって来るが、折からの台風で3人とも足止めを食らう。こうして図らずも一つ屋根の下で、一晩を過ごすハメになる“元家族”だったが…。

<感想>ある団地に一人住まいをする母親と、和菓子屋に嫁いだ姉、文学賞を取ったけれど鳴かず飛ばずの売れない作家の良多と、彼の別れた妻と息子が織りなす家族ドラマ。家族のことを思い浮かべるのは、だいたい食卓の光景ではないだろうか。

この映画の中でも、団地に住む母親が筑前煮を作っているシーンで始まる。息子の良多は母親を訪ねるために駅前で立ち食いソバを食べる。ケーキをみやげに買ってゆき、団地につくと仏壇の大福を食べ、亡き父親の形見の品物とか、金目の物を物色し、挙句には母親のヘソクリ探しをする。そこへ母親が帰って来て、息子がいるのを嬉しそうに喜ぶ母親が映し出されるのだ。

母親はカルピスを冷凍庫で凍らせてアイスクリームの替わりにする節約家だ。そんな年金暮らしの母親の家を訪ねて、お金の無心をする息子に阿部寛が扮している。主人公の良多は、15年前に賞を獲ったきり鳴かず飛ばずの小説家。小説の題材のためにという言い訳で、興信所で探偵として働いているが、妻子にも見捨てられそれでも元妻に未練タラタラであり、良多が生活に困窮してもがく姿が、見ていて情けなくなるくらいこれでもかというくらいに、容赦なく現実的に描かれている。真面目に働いていればこういうことにはならなかっただろうに。一攫千金を狙って、有り金はたいてギャンブルをする男っているんだよね、世間には。

生活費と養育費と息子へのプレゼント代の工面をしようと必死な良多が、興信所に内緒で危ない取引をしたり、それで得た金を迷わずに競輪につぎ込むというクズっぷりは、コミカルなタッチながらもかなり悲惨なのだが、あらゆる細かなディテールの積み重ねが、不思議に共感のような心配のような妙な感情を揺さぶってくるのだから。

月一度の息子との面会に、元妻に渡す養育費とプレゼントの野球のグローブとスパイクを買うための金の工面に四苦八苦するのが辛い。それでも、何とか若い同僚に金を借りて息子にプレゼントを買ってやる。

嬉しそうな顔の息子を見て、元妻に男ができて再婚の話が持ち上がっているのを耳にして、そっと探偵事務所の仕事のついでに後を付けて、その男の品定めをするのだ。

それに、母親には樹木希林が扮しており、この2人を見ていると「歩いても歩いても」の親子を思い出すが、蝶々の話もここでも亡き夫が迷い出て来ると言う設定で、「いなくなってからいくら思ってもダメよ、目の前に居る時にね大切にしないと」、離婚というテーマも盛り込んでおり、「幸せってのはね、何かをあきらめないと手にできないもんなのよ」という、「私は海より深く好きになった人なんていないけどさ」樹木希林の母親と阿部寛の息子とのやりとりが絶妙であり、「こんなはずじゃなかった」と、人生は思い通りにならないものだが、人や物への執着を捨てれば少しは楽に生きられることを、喩えて語るのが良かった。その他の配役もベテラン揃いでさすがに上手いと思いました。
家族と人生というテーマを掘り下げているのだが、監督自身が19年間住んでいた団地がメインの舞台ゆえか、作品のタッチが軽やかであり、カレーうどんを作って、昔のように家族揃って食べる風景に、そこへ台風という嵐が登場して、帰れなくなった元妻との間を取り持つ母親の健気なところが自然でさすがに大御所と拍手。そして、そんなクズな男の良多に愛着さえ湧いてくるなんてね。それは、彼が本当に欲しいものは金ではなく、叶えられなかった“夢”だからだろう。

2016年劇場鑑賞作品・・・101映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« COP CAR/コップ・カー ★★★★ | トップ | ビューテフル・デイズ ★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
海よりもまだ深く (Akira's VOICE)
大人しんどい。 でも希望はあるんだ。 ある。 うん、あるよね。  
劇場鑑賞「海よりもまだ深く」 (日々“是”精進! ver.F)
前へ進むために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605210000/ 海よりもまだ深く [ 是枝裕和 ]価格:583円(税込、送料無料)
「海よりもまだ深く」 こんなはずじゃなかったよな~。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[是枝裕和] ブログ村キーワード  「そして父になる」、「海街diary」の是枝裕和 監督 最新作。「海よりもまだ深く」(GAGA★)。絵に描いたようなダメ男と、その“元家族”が過ごす一夜の物語。『みんながなりたかった大人になれるわけじゃない』わかってるんですよ、わ...
『海よりもまだ深く』 (こねたみっくす)
家族の愛は海よりもまだ深く。 過去にしがみついてしまう男は決してダメ男なんかじゃない。大器晩成型なだけ。 ただいつも9回2アウト一発逆転のチャンスにネクストサークルで打 ...
『海よりもまだ深く』 2016年5月21日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『海よりもまだ深く』 を初日舞台挨拶の回で鑑賞した。 本日の登壇者は、阿部寛、真木よう子、樹木希林である。 是枝裕和監督はカンヌ出張で残念ながら登壇されず、等身大のポスターを 樹木希林さんが持ってきた(笑) 3人ともカンヌに行ったので話題はカンヌ映画祭の...
海よりもまだ深く (映画的・絵画的・音楽的)
 『海よりもまだ深く』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)『海街diary』の是枝裕和監督の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の初めの方では、団地で一人暮らしをする母親・淑子(樹木希林)の元にやってきた長女・千奈津(小林聡美)が、母親に....
「海よりもまだ深く」離婚した夫婦が子供と向き合った先にみたどこかで区切りをつけて次の人生に進まなければならないという現実 (オールマイティにコメンテート)
「海よりもまだ深く」は離婚した夫婦が月に1度子供とも面会で対面するが、そこでどうしてこうなってしまったのかを振り返りながらも子供の親であることに変わりない事を知っていく ...
海よりもまだ深く (そーれりぽーと)
是枝裕和監督最新作、『海よりもまだ深く』を観てきました。 ★★★★ 昨年の『海街diary』がこれまでの映画以上に快進撃だった印象の是枝裕和監督ですが、今回は今考えられる最強のキャスティングを布陣に、絶対外さない映画を作ってきた印象。 何も起きない、何も変わ...
海よりもまだ深く (映画好きパパの鑑賞日記)
 淡々とした日常から、現代の家族や生きる人々の心理を浮かび上がらせる 是枝裕和監督の新作。人生でうまくいかないことが多い人の琴線に触れさせる秀作です。  作品情報 2016年日本映画 監督:是枝裕和 出演:阿部寛、真木よう子、樹木希林 上映時間:117分 評価...
ショートレビュー「海よりもまだ深く・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
夢見た未来じゃないけれど。 是枝裕和監督には、幾つ「家族」を語る視点があるのだろう。 デビュー作の「幻の光」以来、ほぼ一貫して描かれてきた、ミニマムな社会としての幾つもの家族の形と彼らが抱える様々な葛藤。 監督自身は嘗て「(独身だったのが)結婚して子...
『海よりもまだ深く』是枝裕和監督、阿部寛、樹木希林、真木よう子、吉澤太陽、小林聡美、池松壮亮、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『海よりもまだ深く』 監督 : 是枝裕和出演 : 阿部寛、樹木希林真木よう子、吉澤太陽小林聡美、池松壮亮リリー・フランキー、他物語・15年前に1度だけ文学賞を受賞したこと
夢破れた、普通の人々 (笑う社会人の生活)
21日のことですが、映画「海よりもまだ深く」を鑑賞しました。 15年前に文学賞を一度受賞したが その後は売れず、作家としての夢を追い続けている中年の良多。 現在は「小説のための取材」と探偵事務所で働き、別れた妻 響子に新しい恋人がいることを知りショックを受け....
「海よりもまだ深く」 (2016 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
直前まで、違う映画を見るつもりでした。正直に言うと「スノーホワイト」の続篇(笑)。確かにシャーリーズ・セロンは魅力だけれど、しかし待て。くたびれた中年男が休日の朝に独...
「海よりもまだ深く」:円熟の人間喜劇 (大江戸時夫の東京温度)
映画『海よりもまだ深く』は、『海街diary』に続いて、素晴らしい出来。『そして
『海よりもまだ深く』 恥ずかしさと共感と (Days of Books, Films )
After the Storm(viewing film) 自分はなんでこんなに
海よりもまだ深く (まてぃの徒然映画+雑記)
大好きな邦画監督のひとり、是枝裕和監督の最新作。 一度文学賞を獲り単行本を一冊出したものの、その後はほとんど作品ができない(一応)作家の良多(阿部寛)。取材と称して探偵...
映画評「海よりもまだ深く」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり
海よりもまだ深く (2016) (のほほん便り)
『テルマエ・ロマエ』で、大きなお風呂に入ってた、阿部ちゃんが、団地の小さなお風呂に、窮屈そうに入り、ほとんどコント。その落差に、樹木希林がわびてたのは、この作品だった......
独断的映画感想文:海よりもまだ深く (なんか飲みたい)
日記:2017年5月某日 映画「海よりもまだ深く」を見る. 2016年.監督:是枝裕和. 出演:阿部寛(篠田良多),真木よう子(白石響子),小林聡美(中島千奈津),リリー・フランキー(山辺康一......