パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

トータル・リコール  ★★★

2012年08月19日 | アクション映画ータ行
SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化した『トータル・リコール』。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督版は、当時人気絶頂だったアーノルド・シュワルツェネッガーが主演し、大ヒットを記録した。そんな『トータル・リコール』が、更なる進化を遂げて甦った。記憶を操作され、自分自身をも信じることができない主人公ダグラス・クエイドを『マイアミ・バイス』『ヒットマンズ・レクイエム』のコリン・ファレルが、主人公の妻をケイト・ベッキンセール、主人公の記憶の鍵を握る女性をジェシカ・ビールが演じる。監督は、『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン。(作品資料より)

あらすじ:“記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な日常の中で、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買いに行き、不満を解消していた。
コロニーに住む工場労働者のクエイドもその一人。工場で働く毎日にふと嫌気が差し人工記憶センター、リコール社を訪れる。だが、彼の記憶が書き換えられようとしたその時、なぜか突然、ブリテン連邦の連邦警察官の襲撃を受ける。そこで自分の知らぬ戦闘能力を知り、困惑する。
混乱の中、帰宅したクエイドは、今度は彼の妻ローリーに襲われる。「記憶を消され、新しい記憶を植えつけられただけ。ダグラス・クエイドなんて人間は、この世に存在しない」と話すローリーを振り切り逃げるクエイドは、その先に数々の謎メッセージと共にメリーナと出会う……。(作品資料より)

<感想>アーノルド・シュワルツェネッガー主演の90年度版の舞台は火星だったが、今回の舞台はブリテン連邦とコロニーという2大国家が支配する未来の地球。世界は表側と裏側に分断され、労働者の通勤には地球のコア(核)を貫く“ザ・フォール”と呼ばれる巨大エレベーターが使用されている。
90年版のダグの夢は、火星旅行。悪と戦うスパイとして火星に乗り込む記憶をリコール社で買ったのだが、シュワちゃんから本作では彼と似ても似つかないコリン・ファレルがダグ役に挑戦。普通の男がスーパーヒーローになっていく、そのファンタジーを満たしてくれるのが、この物語の魅力の一つ。普通の男が違うものに変化するその過程が興味深い。
もちろんシュワちゃんの主演作をリメイクしているので、当然のごとくオリジナル版へのオマージュがたっぷり。あの有名な顔が割れる“おばさん”もヒネった演出で再現され、思わずニヤリとした。しかし、オリジナル以上にオマージュを捧げられているのが「ブレードランナー」なのだ。

主人公が暮らす労働者地域のコロニーの、ダークで湿気が漂う街全体と、けばいネオンがきらめく歓楽街は、「ブレードランナー」をそのまま再現したかのよう。漢字が多用されたアジアンな雰囲気もそっくりだ。
監督が和洋折衷の近未来を創造。原作のコンセプトが気に入り監督を引き受けたワイズマンが、斬新な近未来を創造。コロニーは番傘や大仏さん、ブリテン連邦にはビッグベンといった旧世界の物が近未来的な物と混在する世界は独特ですね。
そんなダグの夢はスパイになること。記憶操作装置もスタイリッシュにモデルチェンジになっている。リコール社は労働者層の不満を解消するガス抜き的な役割で、彼らは好みの記憶を買って日頃の憂さを晴らしているのだ。

監督の妻、ケイト・ベッキンセールがローリー役で鬼嫁を演じている。もう一人のメリーナ役のジェシカ・ビールとの派手なキャットファイトやガン・アクションが凄い。ボクシングやマーシャル・アーツ、カポエイラなんてアクションも取り入れて、鬼嫁とのバトルが凄まじい。
もち、主人公のコリン・ファレルもトレーニングを重ね、スタントマンの下でバルクールの特訓も。だいぶマッチョな身体を見せてます。ダグは武器の扱いや戦い方には精通しているという設定だから、リコール社で武装警官たちを一人で叩きのめすシーンはスタントなし。
ここでの富裕地域「ブリテン連邦」の治安を守るのは、人間ではないロボット警官隊だが、こいつらの機能や動き方、隊列は絶対に「アイ・ロボット」を参考にしているなぁと確信。氾乱まで起こしたらパクリになったけど、そこはギリギリセーフだった。
過去の記憶を消されていた労働者階級の男が辿り着く衝撃の事実とは?・・・貧富の差が拡大した現実味のある未来の設定や、2億ドル近い制作費を投入して生み出された近未来世界のビジュアルなど、
そして、ディックの原作小説に描かれていたホバーカーがついに登場。90年度版では、車は地上の道路を走るだけだったが、新作では未来都市の空を自由に駆け回る。窮地のダグをメリーナが救った時に乗っていたのもこの車で、追っ手のホバーカーとのダイナミックなカーチェイスが展開される。
放射能汚染によってミュータント化した者たちを、人類が差別する火星社会が描かれた90年版に対して、少数の富を持つ者が多数の貧しい者を支配する構図で、格差社会のあつれきが描かれている。
そんな主人公の真実探しのミステリーが、宙を浮かんで猛然と疾走する車のチェイスや激烈なガン・バトルなど、圧倒的な迫力みなぎる見せ場と共にノンストップに展開する。やがて危機、また危機に見舞われる主人公の逃亡劇は、地球の命運を左右する壮大なる死闘へと発展していく。
ある日突然“自分を失う”恐怖と、すべてを懸けて“自分を取り戻す”極限のスリルを体感しよう。
とにかくコリンが、妻のケイトから追われる逃亡劇のスリルと、自分が最後は富裕層が貧しいコロニーを奪ってしまうという戦いに、果敢にも挑む姿がいい。シュワちゃんのとは比べものにはならないが、それなりに現代のCGを駆使した映像に満足。
2012年劇場鑑賞作品・・・81 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マダガスカル3 (3D吹替え)... | トップ | ワン・デイ 23年のラブストーリ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙 (はらやんの映画徒然草)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「
トータル・リコール(2012) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TOTAL RECALL】 2012/08/10公開 アメリカ 118分監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイ なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか? 容易に記憶を金...
トータル・リコール/TOTAL RECALL (いい加減社長の映画日記)
シュワちゃんのは、観てないんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にユーロメリカとニューアジアの二つの地域で生活していた。 ある日、工場で働くダグラス(コリン...
『トータル・リコール』(コリン・ファレル版) (ラムの大通り)
(原題:Total Recall) ----これって、あのシュワちゃん主演のSFのリメイクだよね。 観る前まで、あまり期待していなかったようだけど…。 「うん。 予告編を見ても、前作と似たようなシーンがたくさんあるし、 おまけにナレーションの雰囲気までそっくり(な気がする)...
劇場鑑賞「トータル・リコール」 (日々“是”精進! ver.F)
陰謀を、阻止せよ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208100001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
『トータル・リコール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「トータル・リコール」□監督 レン・ワイズマン □脚本 カート・ウィマー□原作 フィリップ・K・ディック □キャスト コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、       ブライアン・クランストン、ボキー...
トータル・リコール (そーれりぽーと)
ポール・バーホーベン監督作のリメイクって事で、いろんな意味で期待していなかった『トータル・リコール』を観てきました。 ★★★ シュワちゃん版『トータル・リコール』の地球→火星のシチュエーションが地球上での出来事になったくらいで、ほぼ同じプロットをなぞっ...
トータル・リコール(2012) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10)(10) 息つく暇も与えない怒涛のアクションに瞳孔が開きっぱなし!
トータル・リコール (Memoirs_of_dai)
ミスリードはいいから顔を割って!! 【Story】 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工...
トータル・リコール (風に吹かれて)
あなたの記憶は本物?CGの進歩はすごい公式サイト http://www.totalrecall.jp1990年の同名映画(ポール・バーホーベン監督;アーノルド・シュワルツェネッガー主演)のリメイク原作
トータル・リコール (ケントのたそがれ劇場)
★★★  1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作されたSF大作のリメイク版である。このオリジナルを観たのは、もう22年も昔の事なので、その内容については余り詳細には覚えていない。覚えているのは、当時まだ絶頂を極めていた赤絨毯の大劇場『新宿プ
トータル・リコール (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かったな。
トータル・リコール (心のままに映画の風景)
大きな戦争によって荒廃した近未来。 人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。 毎夜、悪夢にうなされるダグラス(コリン・ファレル)は、希望...
★トータル・リコール(2012)★ (Cinema Collection 2)
TOTAL RECALL なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 映時間 118分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/08/10 【解説】 ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー...
「トータル・リコール」シュワ(太)⇒コリン(細)へ(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[トータル・リコール] ブログ村キーワード  あのシュワちゃん主演のSF超大作をリメイク!「トータル・リコール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。いやリメイクったって、ついこの間の映画じゃなかったっけ?シュワちゃん版って…、なんて思って調べてみ...
トータル・リコール (ダイターンクラッシュ!!)
2012年8月11日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『トータル・リコール』公式サイト シュワルツェネッガー主演バーホーベン先生監督の傑作のリメイク。 日本公開前にビデオを入手したほど、大好きなオリジナルは、...
[映画『トータル・リコール(2012)』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆最初は、リメイクなのに、オリジナル映画への言及が全くない予告や宣伝に、「なんだかなぁ。俺の愛する<顔の割れるおばさん>が蔑ろにされるのかよぉ」の思いがあったのだが、  いざ見てみると、かなり、オリジナルへの愛が詰まった作品作りをしていて、なおかつ、新...
トータル・リコール (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「トータル・リコール」監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレルケイト・ベッキンセイルジェシカ・ビールビル・ナイブライアン・クランストンイーサン・ホーク配給:ソニー ...
トータルリコール <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  8月20日(月)に観に行って来ました~  面白かったー こうゆうの好き、好きー   将来 こんな世界になったら おっとろしーわ  金持ちと労働者に分れた世界やで~   どっちみちなら 金持ちの方に入ってたいわ(笑)  &nbs...
トータル・リコール・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
本当の自分は何者か? ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で、1990年に大ヒットしたSFアクション「トータル・リコール」のリメイク。 元々はフィリップ・K・ディックの...
『トータルリコール』(2012年) 2012年64本目 チネ・ラヴィータ (映画とJ-POPの日々)
『トータルリコール』(2012年) シュワルツェネッガー主演の『トータルリコール』(1990年)をコリン・ファレル主演でリメイク。 なので、 復讐 復習として1990年版の『トータルリ ...
映画『トータル・リコール』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-69.トータル・リコール■原題:Total Recall■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:林完治■観賞日:8月25日、新宿ピカデリー(新宿) TOTAL RECALL TRAILER 1990年版 □監督:レン・ワイズマン□原作:フィリップ・K・ディック◆コリン...
トータル・リコール (いやいやえん)
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。 シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。 SFとしての世界観...
トータル・リコール (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】  近未来、“記憶”は簡単に売買されるようになっていた。大きな戦争を経て正常な環境を失った世界で、人々はわずかな土地を、裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという2つの地域に分けて暮らしている。退屈な日常に飽き、刺激を欲した人々は、人工記憶セン...
トータル・リコール (銀幕大帝α)
TOTAL RECALL 2012年 アメリカ 118分 SF/アクション PG12 劇場公開(2012/08/10) 監督:レン・ワイズマン 製作総指揮:レン・ワイズマン 原作:フィリップ・K・ディック『追憶売ります』 出演: コリン・ファレル ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール...
それは~ まぎれもなく~ ヤツさ~♪ (RISING STEEL)
何度聞いてもお洒落でカッコイイテーマソングです というわけで常々、漫画「コブラ」と出だしがそっくりだといわれるこの作品をレビュー。 トータル・リコール / TOTAL RECALL 2012年 アメリカ映画 コロンビア製作 監督:レン・ワイズマン 製作:ニー...
【映画】トータル・リコール…の記事&2014年あけましておめでとうございます! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
皆様、新年あけましておめでとうございます 当ブログ、今年(もなんとか)始動できました 本年も宜しくお願いいたします さて、まずは近況から… 2013年12月31日(火曜日・大晦日)は、帰省した友人がお土産(東京バナナの花柄のヤツ)も持って遊びに来てくれました。で...