パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

たたら侍 ★★・5

2017年05月20日 | アクション映画ータ行
「劇団EXILE」の青柳翔が「渾身 KON-SHIN」の錦織良成監督と再タッグを組んだ本格時代劇。EXILE HIROが映画初プロデュースを手がけ、戦国時代の奥出雲の村で伝統の継承を背負った青年が、様々な葛藤を経て真の武士へと成長していく姿を描き出す。共演は「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の小林直己、EXILE AKIRA、津川雅彦、早乙女太一ら。
あらすじ:出雲の山奥にあるたたら村では、1000年錆びないといわれる幻の鋼の製造が受け継がれてきた。少年・伍介は村で唯一たたら技術を継承する村下(むらげ)の長男として、秘伝の製鉄技術「たたら吹き」を守る宿命を背負わされていた。しかしある時、村が鋼を狙う山賊たちに襲撃されてしまう。数年後、立派な青年へと成長した伍介は、強くなって村を守るため、幼なじみの新平と共に武術の鍛錬に明け暮れていた。そこへ、秘伝の技術に目をつけた商人がやって来て、村を強くしたいという伍介たちの思いを利用して製鉄技術を我が物にしようとする。そして伍介は、村を出て侍になることを決意するが……。

<感想>EXILEの名前に釣られて観てきました。物語としては、出雲の山奥にある秘伝の製鉄技術「たたら吹き」を守るために、村人たちが戦うという。
“たたら吹き”を取り仕切る村下(むらげ)の息子、伍介に扮している青柳翔くん、そんなにイケメンでもなく、ただ錦織良成監督が「渾身 KON-SHIN」に出演してお気に入りになったのが、またもや主人公を演じることになる。

年寄りたちは、村の伝統の「たたら吹き」守るのに必死であり、そこへ都から来た、村に鋼を求めて訪れた商人の惣兵衛(笹野)と津川さんから、諸国の大名が鉄砲の数を競う中、農民でも侍になれる時代がきたことを知らされた伍介は、「村を出て侍になりたい」と村の掟に背いて旅に出る。

しかし、そこには厳しい現実だけが待っていた。本当は、農民として権力に屈せず技術を伝承する事なのに、伍介が都へと出向いて、笹野さんの口利きで、持っていた「たたら吹き」の鋼で刀(刀鍛冶に中村嘉葎雄)を作って貰ったのに、斬り合いのシーンではヘタレ具合が目立ち、刀と刀がぶつかったときに、さすがの「たたら吹き」の鋼で作っただけはある刀なので、折れることもなく伍介の命が助かるということに。

戦場での戦いのシーンや、盗賊や悪人たちとの斬り合いの殺陣のシーンはありますが、血がドバ~と出るわけでもなく、静かな斬り合いシーンで迫力がありません。
故郷で帰りを待つ伍介の許嫁に、石井杏奈さんが扮していて、伍介の母親に宮崎美子が、神社の予知能力があるお婆に、奈良岡朋子さんが、それに、村人の中には、高橋長英、甲本雅裕、でんでん、佐野史郎、豊原功補、山本圭、他豪華な俳優陣でありました。

時代背景は戦国時代。織田信長が本能寺の変で殺される頃らしく、織田信長の命令で、「たたら吹き」の鋼で鉄砲を作るように指図されたらしい。

津川さんが、村人たちに襲って来る織田軍勢に対して、砦を作るように指図をして、村を守るといって、「たたら吹き」の鋼で鉄砲をたくさん作らせて、村人たちの心を掴んでしまう。

そこへ命からがら帰って来た伍介が、AKIRA扮する尼子真之介に頼み、織田軍勢の襲来に手を貸してもらうことになる。
全般的にテンポが遅くて、騙された村人たちの先がどうなるのか、読めるだけに面白味が欠けて残念です。

それでも、冬の雪降る厳寒のころに、鋼を作る工程での「たたら吹き」のシーンや、出雲の神楽踊りシーンなど、石井杏奈の舞いが美しかった。
そんな日本の古い伝統みたいなものが評価されて、モントリオール国際映画祭で、「最優秀芸術賞」を受賞したのでしょう。

エンドロールの出雲の景色が壮観でしたね。それにATSUSHI君が歌う「天音」が、心に優しく響いて癒してくれます。
2017年劇場鑑賞作品・・・113映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング/
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メッセージ ★★★★ | トップ | サクラダリセット 後篇★★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
たたら侍 (あーうぃ だにぇっと)
たたら侍@ニッショーホール
映画 「 たたら侍 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
劇団EXILEの青柳翔が主演の本格的時代劇という触れ込みで、EXILE HIROが映画のプロヂュースしたもので、三代目の小林直巳と他EXILEフアミリー作品。 「たたら」とは・・・日本古来の砂......